teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


銀(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月18日(水)06時02分23秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「銀」に対する3回目の投稿です。

前回は'60年代に導入されたステンレスカーの量産車種の中から関西の雄として "南海6000系"
を選んだので、今回はやはり関東の代表とて「東急7000系」を紹介せざるを得ないでしょう。
'62年に登場して東横線の急行や日比谷線直通車等に活躍し後、VVVFインバータ制御化されて
7700系に生まれ変わった車両の他、弘南、北陸、水間等多くの地方私鉄に譲渡され、今でも
元気な姿が見れるのが嬉しいですね。
東横線で活躍していた頃のカットを、以下3枚貼っておきます。
・7018 他8連:'73/4/2 中目黒
・7047 他8連:'74/3/11 新丸子~多摩川園前
・7004 他8連:'78/8/20 渋谷

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 
 

先週金曜の"撮れ撮れ"画像-東海道線・さくら夙川~芦屋!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月17日(火)05時54分13秒
返信・引用 編集済
  先週7/13金曜日は、猛暑の中、飽きもせずにお馴染みの東海道線・さくら夙川~芦屋間の線路端
まで "ご近所鉄" へ ♪
岡山からのEF65のスジは動いていましたが、その他のカモレは大半が運休でした。空のコキばかり
繋がっているのがもの淋しいですね。
鳥取行きの「スーパーはくと」が運休なのは知っていましたが、これも同じく運休と思っていた
播但線経由キハ189系特急「はまかぜ」が上下共にやって来たのには驚きであり、また頼もしく
感じました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

暑い中の撮影はドリンク付き

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 7月16日(月)19時37分44秒
返信・引用
  昨日は京阪石坂線を撮影する前に貴兄もお馴染の浜大津の中華屋さんに入り喉を潤し、坂本比叡山口に向かい折り返し石山まではお休みタイムとしました。酔いも覚めて石山からの戻り路中ノ庄で撮った新京阪色です。お店の中からも撮影が出来ました。  
    (RRE) この店は、撮影の合間に便利ですね ♪
それにしても、二人揃って同じメニュー?
 

先先々週土曜のお昼ごはん-岡本・餃子の王将!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月16日(月)19時30分54秒
返信・引用 編集済
  先先々週6/30土曜日のお昼ごはんは、地元のさくら夙川付近で撮ったり、六甲の模型屋を覗いたり
して過ごした後、お昼ごはんは岡本辺りをブラつき、お馴染みの「餃子の王将」に入りました。
まずは、定番の「餃子」で生ジョッキを傾けます。お次は、猛暑に負けてもう疲労困憊でそれ程の
食欲も無かったので、"ジャストメニュー" の中から「エビチリ」と「天津飯」を頂きました。
共に一口サイズですが、300¥前後という格安の値段で色々と味わえるので何時も贔屓にしています。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/3の東海道線-島本~高槻間のマンボウ(前編)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月15日(日)06時50分49秒
返信・引用 編集済
  先月6/3日曜日に東海道線の島本~高槻間を撮り歩いた際に、マンボウも記録しました。
"マンボウ" とは、国鉄線路の下を潜る用水路の上に簡易的な蓋を設けて、人も歩いて通れる様に
した狭い通路の事を指します。以前にも此処で紹介しましたが、我が西宮市内には "マンボウ" が
計三ヶ所も存在し、谷崎潤一郎の小説「細雪」にも登場したトンネルとして名物になっています。
今回は島本~高槻間で少なくとも7ヶ所以上のマンボウを確認しましたので、"前編" として島本
寄りの3ヶ所を紹介します。何れもほぼ同じ大きさで特徴ある煉瓦造りとなっており、同時期に
同じ手法で製作されたのでしょうね。
これまでも盛夏時の撮影時に於いては、列車待ちの際に日陰を求めて暫しこの中で涼んだものです。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週水曜のお昼ごはん-有馬「全寿庵 ごんそば」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月14日(土)20時14分57秒
返信・引用 編集済
  先々週6/27水曜日は、神戸電鉄を撮ったり "めんたいパーク" に行ったりして北神戸・三田方面を
ドライブした後、有馬に立ち寄って「全寿庵 ごんそば」に入りました。
以前にも一度入った人気ある蕎麦屋で、この店のお勧めの「たたら蕎麦(韃靼そば)」は超高級の
十割蕎麦で恐ろしく値段が高くて敬遠し、普通の信濃蕎麦メニューから「冷山菜そば」を頂きます。
まずは「おでん」を適当に自分の好みで取りに行きます。何個食べたか自己申告するために、画像
の右端に見える将棋の駒みたいなカケラをテーブルに並べておきます。
蕎麦はボリュームがあって確かに美味いのですが、最初は何も付けずにそのまま食べろとか、次は
塩で食べろとか、最後は出汁に漬けて食べろとか、いちいち指図されるのがちょっとウザいです。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の"撮れ撮れ"画像-阪急京都線・祇園祭HM!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月14日(土)06時11分34秒
返信・引用
  昨日7/13金曜日は、この季節恒例の "祇園祭ヘッドマーク" を撮りに阪急京都線沿線へ ♪
過去3年間はマルーンに白字のちょっとシックな図柄でしたが、今年からはデザインを一新して
少しポップな白地の明るいHMとなっていました。
相川、摂津市と南茨木でのカットを貼っておきます。昨日はまるでサウナに入っているかの
様な湿度の高い酷暑みたいな日で、ちょっと日向を歩くだけで汗ドップリでバテバテでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

銀(そのⅡ)

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 7月13日(金)12時41分31秒
返信・引用 編集済
  南海の6000系も当初は銀色一色でしたね。新車に置き換えられるニュースもやっと聞こえてきました。50数年間よく走ったものですね。今回はEF30の現役時代とEF30-1の保存機です。
保存機は門司港和刈公園(トロッコの終点)で2009.6.14撮影しましたがかなりくたびれた状態でした。現役時代は1984.8門司港です。
 
    (RRE) 下関や門司での機関車付け替えは、九州入りする時の大イベントでしたが、
何時も夜行急行だったので寝ている間に通過したり、暗くて撮れなかったりして、
EF30は殆ど記録していないのが残念です。
 

銀(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月13日(金)06時13分46秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「銀」に対する2回目の投稿です。

1960年代になると続々とステンレスやアルミの軽量金属車体が各社で採用されましたが、
本格的に量産された関東の雄が"東急"であったのに対し、関西では"南海"が双璧でした。
その中で最初に導入された「南海電鉄・高野線用6000系」を紹介します。
ステンレスが腐食に強い事を考慮すると海沿いを走る南海線に投入すべきと思うのです
が、何故か南海では高野線にステンレス車を、南海線には7000系を始めとする鋼製車を
投入したのが興味深い所です。
無塗装のギラギラした車体が眩しく、特徴あるパイオニア台車を履いていた非冷房時代
のカットから、以下3枚を貼っておきます。車齢50年を超える現在に至っても全車健在
なのも特筆ものですね。
・'70/11/23:三国ヶ丘
・'75/3/26:岸ノ里
・'75/7/11:天下茶屋

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先先々週金曜の夜ごはん-福井駅「八兆屋 駅の蔵」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月12日(木)20時14分19秒
返信・引用 編集済
  先先々週6/22金曜日の夜ごはんは、終日に亘って福井鉄道とえちぜん鉄道を撮り歩いた後、福井駅まで
辿り着いて、この "地酒と手造り料理"「八兆屋 駅の蔵」を見つけたからには入るしかありません。
まずは、「福井珍味三種盛り」を頼んでビールで喉を潤します。へしこ炙りに、永平寺胡麻豆腐に、
クリームチーズという地方色豊かな変わり種を満喫しました。
お次は、福井の銘酒 "黒龍" に切り替えて「ソースカツ」を頂きます。最近、地元の新潟県名産の
店で賞味した "タレカツ" と基本的には同じ味でした。
もっともっと福井の名産を味わいたかったのですが、もう疲労困憊で予約した "サンダーバード"
の発車時間も迫っていたので、後ろ髪を引かれる思いでこれにて店を後にしました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先先々週金曜のえちぜん鉄道-鷲塚針原!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月12日(木)06時00分23秒
返信・引用 編集済
  先先々週6/22金曜日のえちぜん鉄道訪問では、福鉄からの "直通乗入れ急行" の姿を撮りたくて、
折り返し駅である鷲塚針原で下車してみました。
以前にもこの辺りで撮った事がありましたが、従来の高床式ホームの脇に直通車専用の低床式
折り返しホームが新設されていました。辺りは何も無い深閑とした農村地帯ですが、どの様な
経緯でこの駅が折り返し駅に選ばれたのか知りたい所です。
駅の少し福井寄りの線路脇で撮りましたが、夏草が高く生い茂っており場所選定には苦労し、
福鉄のF1000形とえち鉄のMC7000形を撮っただけて引き上げました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先週日曜のお出掛け-道の駅 神戸フルーツフラワーパーク大沢!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月11日(水)20時04分23秒
返信・引用 編集済
  先週7/1日曜日は三田・北神戸方面へ家族ドライブ ♪
「道の駅 神戸フルーツフラワーパーク大沢」というのが昨年開園したらしいので、初めて車を
飛ばして行って来ました。以前は果樹園やホテルがあるテーマパークでよく行った場所なのですが、
何時の間にか運営が変わって "道の駅" に生まれ変わり、何と駐車場も無料になっていたのには
ビックラでした。
道の駅の売店は地元の野菜などが安かったものの、他は神戸の土産物が並んでいるだけで大した事
はありませんでしたが、周辺は昔通りの緑の溢れる光景でした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/1の東海道線・岸辺!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月11日(水)06時47分2秒
返信・引用 編集済
  もう一ヵ月以上前の事になってしまいましたが、先月6/1金曜日は東海道線・東淀川でEF66 27号機を
撮った後、岸辺まで移動して再びホーム端にて "駅撮り"♪
此処には2年振りに来ましたが、何時もカメラを下げた御同業者さんで賑わっています。
銀色のEF510 509号機に遭遇するし、国鉄色に塗り替えられたEF65 2066号機が構内入換をしているし、
未だ未だ健在なEF200 17号機がやって来たりして、やはり "カモレの聖地" は楽しいですね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

銀の矢!

 投稿者:モボ101  投稿日:2018年 7月10日(火)23時14分43秒
返信・引用 編集済
  イタリア鉄道の高速列車フレッチャ・アルジェント(銀の矢)。
フレッチャ・ロッサ(赤い矢)に次ぐ2番手の列車で、高速新線からカーブの多い在来線に直通する振り子式の車両に、この名をつけているようです。

弊サイト3週間ぶりの更新です。

極東ロシア5回目は、ハバロフスクのトラムです。
掃き溜めに鶴。ソ連時代のボロボロの電車の中に、部分低床の新車が導入されていました。

お時間のある時にお立ち寄りいただければと思います。

2018/5/3 フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェラ駅
2017/7/17 ハバロフスク駅前

下の小倉工場のD51のカットモデルはすごいですね。こんな輪切りは初めて見ました。
後ろの緑の旧型客車も気になります。

http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/

 
    (RRE) ご案内戴いた新作のハバロフスク、拝見しました。
ウラジオストクと同様、現在では結構開放された街になっているのですね。
海外で忘れ物したらまず諦めるのですが出て来る所が凄いし、タブレットを使って
筆談されるのが旅慣れてる証拠ですね。旧型のトラムも走っており、楽しめそうです。
 

銀!

 投稿者:新さん  投稿日:2018年 7月10日(火)16時29分35秒
返信・引用 編集済
  銀ならば何でもよいのですよね!?  色もそうですし列車名などにもありますね!!
ひねくれた物含めて並べてみます。京急には昔釣り客に利便性良かった"銀鱗"号というのが
ありました。関西ですが播但線に"銀の馬車道"とラッピングした電車・DCがありましたね。
そして最後は正統派の銀釜で常磐線の安中貨物にも使用されていた一枚です。
1969.6.15   井土ヶ谷-弘明寺  1207 銀鱗(ちょっと見ずらいかな!!)
2010.11.2   寺前       クモハ102-3503
2012.4.9    羽鳥-岩間     EF510-509

お知らせも一つ、弊HPを更新しました、デジカメコーナーは今日定期運転最終となった小田急LSE車
フィルムコーナーは一畑電鉄の古い車両のリメイク版、お時間あるときにご覧ください。

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) ”銀"が付けば「急行 銀河」でも何でも良いのですが、"銀鱗"とは粋なネーミングで
この列車の存在は知りませんでした。
また、新作を拝見しました。小田急LSEは流石地元だけに、素晴らしい沿線各地で記録を
残しておられる事に感嘆です。小生は残念ながら"出張ついで鉄"での都内駅撮りばかりです。
一畑も'85年の旧型車全盛期に美しいカラーで残しておられますね。小生は'80~'90年代と
20年以上ブランクがあって、この頃のカラー記録を殆ど残していないのを悔やみます。
 

銀!

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 7月10日(火)08時44分28秒
返信・引用
  銀色で思いつくのはまず阪神ジェットシルバーでした。今回はあまり目立たなかった銀色電車で
岳南から大井川に来たモハ1105、セミステンレスの試作電車だったようで。撮影はこの時(H5.8.23)だけで走行は見たことありません。同じ大井川に北陸からやってきた『しらさぎ』です。地方鉄道では名車に入る車両と思います(S56.1.3千頭)
 
    (RRE) 共に軽量金属車体の試作車両で、雨後の筍みたいに各社に登場しましたが、
本格的に導入されたのは東急と南海でしょうか?
小生も構内で撮った程度で、あまり走っているのは見ていない様な気がします。
 

銀!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月10日(火)07時07分20秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「銀」に対する初投稿です。

銀色の車体と言えばステンレスカーやアルミカーを色々と思い浮かべてしまいますが、まずは
銀色塗装の「EF510型EL 509号機/510号機」を紹介します。
寝台特急の "北斗星" や "カシオペア" 牽引用にJR東日本が製作した500番台の内、この2両は
シルバーメタリックなカシオペア色に塗られ活躍しましたが、その後、寝台列車の廃止に伴い
JR貨物に売却されました。
地元阪神間を走るEF510のスジは毎日1往復あり、赤い車体に青い機体、偶には銀色と楽しめる
のですが、2両しかいないのでなかなか "銀" には当たりません。偶に見掛けても車側面に何も
模様が無くて、少々物足りない感じですね。
カシオペア時代も含めて、以下3枚貼っておきます。
・'16/9/9:東海道線・元町(貨物運用)
・'16/10/27:東海道線・岸辺(構内入換)
・'11/3/8:東北線・蕨(カシオペア牽引)

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先先々週金曜のお昼ごはん-三国港「越前 蟹の坊」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 9日(月)19時57分58秒
返信・引用 編集済
  先先々週6/22金曜日の福井鉄道/えちぜんえちぜん鉄道訪問時のお昼ごはんは、三国港駅の傍ら
に有った大きな蟹の看板に惹かれて「越前 蟹の坊」に入ってしまいました。
有名な料理旅館の直営店らしく地元食材をふんだんに使った海鮮メニューに溢れていましたが、
越前蟹のフルコース等、蟹料理は恐ろしくて手が出せなかったので、手頃なのを注文しました。
まずは「甘エビの焼売」でビールグラスを傾けます。歯応えタップリで、これだけでも越前の
味覚を十二分に賞味出来たと唸らせます。
お次は、名物の「甘海老てんこ盛り丼とおろし蕎麦の膳」を頂きます。これでもか!と大盛りの
甘海老のあまぁ~い味わいが口の中でとろけそうだったのと、薬味がふんだんに付いた越前蕎麦
が最高で、此処までやって来た甲斐がありました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

最近の"スキャン鉄"-'87年9月・JR九州 小倉工場!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 9日(月)06時40分26秒
返信・引用 編集済
  最近の"スキャン鉄"から、'87年9月に撮ったJR九州・小倉工場での画像を貼っておきます。
前後のコマの関係から撮影は'87年9月頃と思われるのですが、その前後の記録が無く、このポジを
昨年年末大掃除で発掘するまではこんなのを撮った事も全く記憶にありませんでした。この頃は
頻繁にJR九州に出張していた時期ですが、どの案件で行ったのかも覚えていません。
バックに写っている時計の時刻を見ると朝の9時過ぎであり、朝一番の新幹線では到底無理なので、
小倉辺りに前泊したか、大阪から寝台特急で行ったかのどちらかでしょう。
このカットの前では小倉モノレールとか西鉄北九州線も撮っているし、この後、昼の1時過ぎには
小倉駅在来線ホームでのカットもあるので、相当に余裕のある日程だったのかも知れません。
C59 1号機の保存機と、D51 542号機のカットモデルを貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週水曜の神戸電鉄・神鉄道場~横山!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 8日(日)07時07分31秒
返信・引用 編集済
  先々週6/27水曜日は、北神戸・三田方面をドライブしたついでに神戸電鉄にも寄って行きました。
毎度お馴染みの神鉄道場~横山間の踏切脇も飽きたので、少し横山寄りでもカメラを構えました
が、狭い農道で車を停めるスペースが殆ど無いので苦労しました。
1100系+デ1070形4連や1300系4連が連続してやって来たので楽しめましたが、やはり赤い1000
系列はこの緑の季節に映えて良いですね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週金曜のえちぜん鉄道-L型「キーボ」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 7日(土)06時25分23秒
返信・引用
  先々週6/22金曜のえちぜん鉄道では、その訪問目的の一つがL型「キーボ」を撮る事でした。
福鉄乗り入れ用の超低床式車両で2本投入されているはずですが、この日はL01編成の1本のみしか
運用に就いていなかったのか、なかなか出会えません。
越前武生~鷲塚針原間の「直通急行」として走っているので、一度見逃すとなかなか戻って来ず
苦労したし、記録出来た場所も悪くてもう一つの成果でした。
福井城址大名町~足羽山公園口間と浅水、福井城址大名町を貼っておきます。あの"市役所前"の
電停名は何時の間にか"福井城址大名町"に変わったのですね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先先々週木曜のお出掛け-朝日新聞阪神支局・情景作品展「鈍色の物語Ⅳ」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 6日(金)19時48分3秒
返信・引用
  先先々週6/14木曜日は、地元阪神西宮駅近くの朝日新聞阪神支局で開催されている「情景作品展・
鈍色の物語Ⅳ」を観に行って来ました。
朝日新聞阪神支局と言えば、三十数年前に赤報隊を名乗る暴漢に襲撃を受けた悲惨な事件があり、
今でも定期的にそれに関連した記事が掲載されますが、その場所を訪問するのは初めてでした。
8年前からジオラマ作りをライフワークとしている情景作家・小原雅司さんが地元西宮で個展を
開くのはこれが初めてだそうで、フィギュアを中心とした色々なジャンルのジオラマが並んで
おり、その物語と生活が描かれた世界にドップリと引き込まれる想いでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週金曜の福井鉄道-サンドーム西!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 6日(金)06時12分40秒
返信・引用 編集済
  先々週6/22金曜日に行った福井鉄道巡りは、まずは新さんに問い合せて教示頂いた撮影地の
家久で撮った後、次はもう一つの推奨地であるサンドーム西で下車しました。
少し福井寄りのサンドーム西~西鯖江間にて撮り易かった線路沿いの道から狙ったら、770形
がやって来ました。もっと撮りたかったのですが、運悪く急行が走っていない時間帯で本数も
少なかったので、残念ながらこれ1本で切り上げました。
サンドーム西駅で下車直後と乗車直前に撮ったF1000形 "FUKURAM" も貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週水曜のお昼ごはん-芦屋・市立美術博物館「カフェ・ド・ルポ」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 5日(木)19時56分12秒
返信・引用 編集済
  先々週6/20水曜日のお昼ごはんは、芦屋図書館へ行ったついでに、傍らにある市立美術博物館の
隣の「カフェ・ド・ルポ」に入りました。
以前に此処でデザートで寛いだ事はありましたが、ランチタイムに訪れるのは初めてでした。
「本日のランチ」が "サーモンフライ" か "スパゲティ・ナポリタン" だったので、迷わず
サーモンフライを注文! 盛り付けも美しく、花の溢れる庭園を眺めながら美味しく頂きました。
但し、サーモンフライのタルタルソースが何と "らっきょソース" で風変わりな味だったのと、
青梗菜の胡麻油サラダにミョウガが載っていたり、ワカメスープに硬い人参がゴロゴロ入って
いたり、野菜嫌いの小生には少々辛いものがありました。
まあ、ドリンクも付いて900¥だから許せますが・・・。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

一般形客車(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 5日(木)06時05分20秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「一般形客車」に対する3回目の投稿です。

前々回はSL牽引客レ、前回はDL牽引客レを投稿したので、今回はEL牽引客車列車の中から
選んでみました。
この頃はもう既に旧型客車の終焉期に入っていましたが、未だ未だ東北地方は客車列車の
宝庫で、全面的に電車に置き換わったのは'90年代以降の701系導入に至ってからでした。
以下、3枚貼っておきます。
・'78/8/26:東北線・盛岡
・'82/5/4:奥羽線・真室川
・'82/5/5:東北線・福島

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月の東海道線・高槻ストレート!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 4日(水)06時46分51秒
返信・引用
  もぅ一ヵ月も前の事になってしまいましたが、先月6/3日曜日は東海道線の島本から高槻まで
線路端を"撮り鉄" しながら歩き通し、やっと元高槻電車区の電留線脇まで辿り着きました。
ここは通称「高槻ストレート」と呼ばれ、特急"雷鳥"が健在な頃はよく撮りに来たものです。
構内では頻繁に電車が移動していますが、此処にある踏切には「こちらは手動の遮断棒です。
左右をよく確認して、遮断棒を上げてお渡り下さい。」と書いた標識があるのが珍しいです。
慣れた地元の方は何気なくヒョイと片手で遮断棒を持ち上げて通って行きますが、初めて来た
人でしょうか? 通り方が判らず茫然と立ち尽くす人も偶に見掛けますね。
221系と321系も貼っておきます。こちら本線を横切る踏切は、勿論自動化されていますが・・・。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先先々週木曜のお昼ごはん-西宮・クアドリフォーリオ!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 3日(火)20時23分58秒
返信・引用 編集済
  先先々週6/14木曜日のお昼ごはんは、市内をブラついた後、阪神西宮駅近くのイタリアン
「クアドリフォーリオ」に入ってみました。
これまで前を通る毎に気になっていた店で、こじんまりした隠れ家的イタリアンてな感じで、
店内の装飾もとても洒落ており、常連客みたいな女性グループで結構溢れ返っていました。
ランチは2種類ある中から、高い方の「Bpranzo」を注文しました。見るからに美しい
「おまかせ前菜盛合せ」と「自家製フォカッチャ」が運ばれて来て、暫し見惚れます。
メインの "本日のパスタ" は3種類選べる内から「ベーコンと揚げズッキーニと卵のオイル
ソース」をチョイスしましたが、そのまろやかな食感とボリュームを満喫しました。
これに本日のドルチェとして「ココナッツのパンナコッタ マンゴソース」と飲物も付いて
1300¥とは驚きの大満足で、また是非再訪したい店の一つになりました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の"撮れ撮れ"画像-西明石・ハローキティ新幹線!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 3日(火)06時20分49秒
返信・引用 編集済
  昨日7/2月曜日は、天気もすこぶる良かったので、"ミーハー鉄" として先月末から走り始めた
「ハローキティ新幹線」を撮りに西明石駅まで行って来ました ♪
この日は平日にも関わらず、ホーム上にはカメラを下げた同業者さんが20~30名ぐらいおられました。
"エヴァンゲリオン" の次が "ハローキティ" とは、そのギャップに驚かされますが、それにしても
JRWさんも良くやりますね。"栄光の500系新幹線" がこだま運用になって以降も、この様に人気を
保ち続けるのは嬉しい限りです。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先週水曜のお出掛け-神戸・北区「めんたいパーク 神戸三田」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 2日(月)20時12分26秒
返信・引用
  先週6/27水曜日は、神戸・三田方面にドライブしたついでに神戸市北区にある「めんたいパーク
神戸三田」に行って来ました。3年前に出来た時にチラシを頼りに車を走らせましたが、場所が
よく判らず断念したので、今回が初訪問でした。
まあ行ってみたら大した事は無く、いわゆる観光バスがトイレ休憩のついでに寄る様なフードコート
に売店と工場が併設された様な場所でした。
入口にはタラの生態や明太子の豆知識を示したパネルが並んでいますが、果たしてじっくりと
読む人が居るか疑問です。入場無料の工場見学エリアでは、下ごしらえや包装ラインが眺められます。
子供騙しみたいな遊具が並んだ有料の「めんたいランド」は、勿論入らず、売店エリアに移動
しましたが、贈り物用の3000¥とか5000¥の明太子ばかり並んでいるし、"できたて" の明太子
も結構高価で、気軽に買える1000¥以下の商品は殆どありません。
仕方なく、一番安い「からし明太子」と「数の子めんたい」を買って帰り、毎晩のアテにしています。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

一昨日の"撮れ撮れ"画像-東海道線・さくら夙川!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 2日(月)06時07分16秒
返信・引用 編集済
  一昨日6/30土曜日は、雨の予報なるも午前中は好天が期待出来そうだったので、またまたご近所
の東海道線・さくら夙川~芦屋間まで "暇潰し鉄" へ ♪ この所、あまり出歩いておらず身体
が鈍っていたので、今回は意を決して "お散歩鉄" も兼ね家から線路端まで歩いてみました。
外気温は35℃ぐらいはあったでしょうか? もううだる様な暑さに頭はクラクラして来るし、頭
から滝に打たれたかの如く全身が汗でグッショリ濡れて、疲労困憊の極致の様相でした。
同じ構図しか撮れないし、いきなりカーブを曲がって列車が現れるので一時も気が抜けない場所
ですが、さくら夙川駅の直ぐ西方でのカットを貼っておきます。
EF210 137号機、221系とEF210 310号機です。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先先々週火曜のお昼ごはん-梅田「酒肴 木ばやし」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 7月 1日(日)20時02分29秒
返信・引用 編集済
  先先々週6/12火曜日は、西宮北口のアクタ西宮で開催されている関学鉄研OB会主催の写真展を
観た後、梅田まで出てブラつき、お昼ごはんは阪急高架下の「酒肴 木ばやし」に入りました。
酒や肴が充実した、こじんまりしたカウンターのみの店で、以前も入ったお気に入りの店です。
まずは、タイムサービス250¥の生中を頼み、お昼の定食メニューの中から「木ばやし弁当」を
注文しました。
鮮度良いお造りに天麩羅や赤出汁も付いて950¥という抜群のコスパ振りには、何時も癒されます。
飲んだ後、直ぐに阪急で帰宅できるという立地条件の良さが嬉しいです。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

一般形客車をもう一つ

 投稿者:新さん  投稿日:2018年 6月30日(土)14時23分59秒
返信・引用
  駅でのついで撮りの客車の写真は少しありますが、よくわからないし面白みも少ないので
こんなのは如何でしょうか?  蒸機牽引でなければこんな写真は撮らなかったと思います!
1969.8.5  端野-緋牛内 C58139牽引の大雪6号517レから北見で普通網走行になった1527レです。

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) 今では短編成の列車ばかりになってしまったし、窓もデッキも開かないし、
こんなシーンに憧れますね。
 

"新"レイアウト-三線式終端駅整備!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月30日(土)05時59分55秒
返信・引用
  3月から新たに建設着手した"新"9mmレイアウトですが、線路配置とホーム設置は前回に決定したので、
今回は三線式終端駅の構内を整備しました。

まずは、レールの錆表現を行うためTOMIXの「ペイントマーカー3本セット」を購入して、レール側面に塗って
みました。金属塗装用のペンで赤と茶色と黒の3本がセットになっています。以前に製作したレイアウト
ではレールがギラギラ光ってオモチャっぽい感じだったので今回初トライしましたが、レイアウトにレールを固定
した後は非常に作業がし辛く塗りムラも生じ、固定前に1本ずつ手に持って作業すべきでした。

ホーム配置は前回通りですが、トミーテックの「ミニホームセット」の色がブラウン系でちょっと似合わない色だと
思われたので、他のジオコレシリーズのホームの色に合わせてグレイ系に塗り直しました。また、ホーム先端
のカーブ部分では20m車の床下機器が支障して入線不可だったので、ホームをやすりでゴシゴシ削って
何とか走れる様にしました。ホーム固定後だったので作業が厄介で、入念な事前確認が必要ですね。

駅舎は、前回は簡易的な物を仮設置していたのを、三線式中間駅の立派な駅舎と入れ替えました。
構内の外れにはGREEN MAX製の「木造詰所」を設けましたが、トロッコが2台並んでいたりりドラム缶が
転がっていたりして、懐かしい雰囲気が出せたと思います。
柵や生垣を設けて駅周囲を覆うと、やっと駅構内らしい雰囲気が出て来ました。生垣は独メーカ
NOCHの「Modellhecken (dark green)」を使ってみましたが、なかなか実感的で良いですね。

最後は楽しい楽しいバラスト撒きで、以前に作った際の作業と同様、ポイント周辺部を除いてTOMIX
の「シーナリーバラスト (ライトグレー)」を遠慮なくジャンジャン撒いて、ボンド水で固めます。詰めとして周辺
に土を撒いたり、草を生やしたり、花を植えてほぼ完成です。

今後は駅前広場とそれにつながる商店街を開発予定ですが、構想は未だ未だこれからであり、
もっと民家や商店を増やしていきたいです。

詳細は、弊サイトの「9mmレイアウト製作記」に追記アップしたので、参照願います。
  http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/layout/180630/layoutN051.htm

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

一般型客車

 投稿者:南澱  投稿日:2018年 6月30日(土)00時10分22秒
返信・引用 編集済
  RREさん,こんばんは.
一般型客車と言われて,黙っているわけにはいきません.
と言って,普通に32,35,43,44,61等では当たり前すぎるかも.
議論が分かれるところでしょうが,10系客車を貼らせてもらいます.
10系客車は,20系以降と異なり,上記の系列と混結可能で,扱いは一般型でした.
1枚目:ナハフ10 (臨時急行天草) 1970/8/13@筑前内野-筑前山家間
2枚目:オシ17 (急行きたぐに) 1972/3/14@大阪駅
3枚目:オロネ10 (急行銀河) 1972/3/14@大阪駅

P.S.
ナハフとD60の後部補機は,筑前内野駅近くだと思います.
少し後のコマで,定番ともいえる場所が写っています.
おそらく,峠に到着する前にこの臨時急行が来ると判断して,ここで撮ったものと思います.
何しろ半世紀近く前のことなので,はっきりした記憶がありません.(^_^;)
 
    (RRE) 満を持して大御所の登場ですね。
学生時代は寝台車なんて滅多に乗った事はありませんでしたが、10系寝台は高校の修学旅行
など九州往復等で3、4回利用したと思いますが、何れも写真に残しておらず残念です。
冷水峠のこの場所は、初めて見た様な気がします。
 

一般形客車

 投稿者:モボ101  投稿日:2018年 6月29日(金)18時13分12秒
返信・引用
  一般形客車列車の写真、懐かしく拝見しました。開け放たれたデッキ、スチームが漏れて立ち上がる湯気が冬の風物詩。

エンジンやモータ、コンプレッサもないので静かな車内。扇風機でも回っていなければ、停車中は音がしませんでした。

今は三セクに分離された東北本線の北部など、遅くまでED75牽引の旧型客車列車が残り、普通列車でも駅間隔が長いと高速走行で、ブレーキがかかると“シャー”という音が懐かしい。

旧型客車(一般形客車)は、鉄道旅行の原点です。均一周遊券で乗る夜行列車では、貧乏人には寝台車やグリーン車など論外で、少しでも楽な座席を確保するために、客車の型式は重要でした。

最高はナハ10/11系の軽量客車。次いで、スハ42を近代化改造時にこれと同じ座席に交換したオハ36。でも、これらに出会う確率は低かったです。次いで急行用の標準型、オハ46や47を含むスハ43系。ここまでは、153系電車やキハ58系気動車の座席並みに背ずりが2段になっていて窓側にもひじ掛けがあり、座り心地は良好でした。

次いで、オハ35系やスハ42系、狭窓のスハ32系。背ずりは2段に分かれていないもののモケット張りで、窓側にひじ掛けはなし。ボックス席の広さは許容範囲。

避けたかったのは木造車の鋼体化のオハ60/61系。縦方向に1ボックス多いため、その分窮屈で背ずりも板張りのまま。後に、モケットを張った改造座席も現れたものの、その厚みの分だけさらに窮屈に。

グリーン車格下げのオハ41、ロングシートにつり革ずらりの通勤型には乗りたくない。

以上の型式だけを覚えておけば、急行から普通まで各地の客車列車に対応できました。

そんな旧型客車にいつでも乗れるのは、今では大井川鉄道だけでしょうか。でも、ここも14系が入ったそうで。

タイ国鉄では、まだまだ日本から輸出した旧型客車が3等座席車や一部の2等座席車の主力として活躍しています。3等車は、側窓が下降式以外は日本の国鉄の旧型客車と同じ雰囲気が楽しめます。なかには、オハ41のようなロングシート改造車もいますが、これはパス。

台湾では、南廻線の枋寮-臺東間に1往復だけ残った普快車で、スハ44を近代化したような日本製の旧型客車に乗れます。もうなくなるだろうと思って乗りに行ったのが2013年。それから5年を経ても健在ですが、長くても電化工事の完成までのあと2年余りでしょう。

RREさんも数多く撮影されている中国本土の旧型客車の代表は、側面にリブの入った22系緑皮車。共産圏の雰囲気を残す客車も急激に数を減らしているようです。

上から2015年12月 カンチャナブリ、2013年3月 枋寮、2009年12月 旅順 です。

http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/

 
    (RRE) 今では客車列車に乗った事の無い人が殆どでしょうね。停車中の静寂な車内に、
窓を開け身を乗り出して買い求めた駅弁が懐かしいです。
韓国も中国も、出張時の僅かな時間を割いての活動だったので、実際に客レに揺られた
のは残念ながら共にホンの数回でした。
 

一般形客車 Ⅱ

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 6月29日(金)08時35分28秒
返信・引用
  雨のえち鉄ですが、我々豪雨衆は天気を理由に遠征を中止することはありません。∴こんな目に何回も遭うのです。昨年10月のしなの鉄道も台風の最中日曜日の朝長野から帰宅せざるを得ない羽目になりました。前置きはこれぐらいにして一般形客車の列車はレールの響きも長時間乗っていても飽きませんでした。大学へも大阪から宝塚まで定期区間外で客レを何回か利用しました。
一般形と言えるかどうかわかりませんが普通列車専用の寝台車のスハネ30(札幌)と元1等客車スロフ53改造のオハ41453(S52.3金沢?)です。
 
    (RRE) "∴" のマークに釘付け! こんなのは高校時代の数学の授業以来久し振りに
見ましたが、天気予報など全く省みない貴殿がこんな論理的な記号を使うなんて!

スハネ30とかスロフ53とかオハ41なんて言われてもサッパリ判らない小生ですが、
何時か何処かで出会っていたのでしょうね。フィルムが勿体なく、客車1両毎に記録
しなかったのを今頃になって悔いてしまいます。
 

一般形客車(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月29日(金)06時23分21秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「一般形客車」に対する2回目の投稿です。

前回はSL牽引列車を投稿したので、今回はDL牽引客レの中から選んでみました。この頃は全国
どの線区でも長距離鈍行や夜行急行は客車列車が主体で、硬い固定クロスシートに身をゆだね
ながら微睡んだり駅弁を喰ったり、ノンビリと旅情を味わえたものです。
'70年代のシーンから以下3枚貼っておきます。
・'70/12/25:山陰線 松江
・'72/7/25:筑豊線 中間~折尾
・'74/8/19:磐越西線 五泉

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月5/22の神戸電鉄・1000系列!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月28日(木)06時37分38秒
返信・引用 編集済
  もう一ヵ月も前の事になってしまいましたが、「神戸電鉄開業90周年記念メモリアルトレイン」を
木幡や丸山に撮りに行った5/22火曜日は、各所で1000系列にも出会いました。
かなり勢力は減らしているものの、特に3両運用の多い粟生線では撮れる機会が多くて楽しみです。
木幡、丸山と鈴蘭台を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先先々週木曜のお昼ごはん-大阪・新世界「なにわ 八圓」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月27日(水)19時33分20秒
返信・引用
  先先々週6/7木曜日のお昼ごはんは、大阪市立美術館や通天閣を廻った後、新世界で串カツを
食べる事にしました。新世界一帯は右を向いても左を向いても串カツ屋だらけでどの店に入る
か迷ってしまいますが、その中で串カツは何でも1本100¥で安そうだった「なにわ 八圓」に
しました。
勿論、まずは定番の「どて焼き」を頼んでビールで喉を潤します。1本100¥の気安さからか
どんどん「串カツ」も注文して、久し振りに"二度漬け禁止"の味を満喫してしまいました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

えち鉄訪問は雨ばかり!

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 6月27日(水)08時29分7秒
返信・引用
  2年前の9/18通称豪雨衆で北陸方面へ出掛けました。1日目はドン曇りながらも雨は降りませんでしたが、二日目はやみ間のない雨にたたられ三国港の眼鏡橋も傘さし鉄でした。以前は台風の最中に出かけ帰宅難民になりかけました。三国港へ向かう道中の雨の様子と鷲塚針原です。当地は相性の悪い地方かもしれません。  
    (RRE) アレアレ。でも、天気予報は把握した上での出撃ですよね。
先日の福鉄/えち鉄訪問は終日に亘り好天に恵まれ、17時でも18時でも充分撮れる明るさ
でしたが、もう暑さでバテバテで16時頃には切り上げ、17時半頃のサンダーバードに乗って
帰阪しました。
 

先週金曜のえちぜん鉄道-三国港駅!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月27日(水)06時46分42秒
返信・引用 編集済
  先週6/22金曜日のえちぜん鉄道訪問時は、以前から行きたかった三国港駅にも寄りました。
えちぜん鉄道に生まれ変わってからは"あわら湯のまち"までしか行った事がなく、ここまで
やって来たのは京福電鉄福井支社時代以来の何と三十ウン年振りでした。
駅舎は数年前に改修された模様ですが、国鉄時代の良い雰囲気を今も伝えていました。
駅東側に掛かる眼鏡橋も、煉瓦で出来た由緒ある造りが周りとマッチしており気に入りました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

一般形客車

 投稿者:新さん  投稿日:2018年 6月26日(火)09時32分40秒
返信・引用 編集済
  EF5861さんが言うようにどこまでが一般形なのかはよくわかりませんが、20系以降のブルトレや
比較的最近ではトワイライトやカシオペア等を外したものということでしょうか!?
とりあえず客車を主目的に撮りに行くことは皆無でしたが、機関区や駅で見かけると撮っていました。
蒸機に牽かれた客車が去っていく情景は旅情そそられますね!
1970.3.22  吉松  スハ32 43      1975.7.17  追分 オハフ33  です。

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) 2枚目のカットは素晴らしいシーンですね。
当時はフィルム代が勿体なくて、客車1両毎の記録や後追いで撮る事は
滅多にしなかったので、惜しい事をしました。
 

一般形客車 Ⅰ

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 6月26日(火)08時46分56秒
返信・引用
  一般形客車というのはどのあたりまでのことなのでしょうか?あまり深く考えないで取り敢えず旧型客車の列車を貼らせていただきます。小生も形式については覚えようとしたことはありません。S46.3吉野口(C58牽引)S47.8大沼公園(DD51牽引)S51.8大雨の黒磯駅・臨時急行ざおう(EF57牽引)です。  
    (RRE) 小生も「一般形客車」なんて言葉は聞いた事が無く、造語では?
あまり気にする事は無く、20系とか12系等の集中電源方式でない、所謂旧客を投稿しておけば
問題ないでしょう。
それにしても色々と撮ってますねぇ。黒磯は通過しただけで、下車した記憶が無いのが残念です。
 

一般形客車!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月26日(火)06時51分35秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「一般形客車」に対する初投稿です。

旧客を含めこの手の車両に疎い小生は、形式写真や編成写真を記録した経験も殆ど無く、
車両型式を判別する事も叶いません。
地元関西での撮影から、郷愁を感じさせる蒸気牽引列車のシーンを以下3枚貼っておきます。
・'70/11/23:和歌山線 王寺
・'71/7/19:播但線 寺前~長谷
・'72/4/2:関西線 郡山~大和小泉

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先先々週木曜のお出掛け-大阪市立美術館「特別展 江戸の戯画」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月25日(月)19時43分41秒
返信・引用
  先先々週6/7木曜日は、家族揃って大阪・天王寺にある大阪市立美術館まで「特別展 江戸の戯画」
を観に行って来ました。
江戸時代に大阪で流行した "鳥羽絵" を中心とする戯画を一堂に集めた展示で、現代に通じる
「北斎漫画」に、国芳の「金魚づくし」に、似顔絵や百面相の数々等、見所満載でした。
大阪の名所で繰り広げられるドタバタ劇を描いた一鶯斎芳梅の「滑稽浪花名所」シリーズは、
吉本新喜劇の名物として誰かのギャグに舞台の全員がドッとこけるシーンそのもので、吉本の
ルーツを垣間見た気がしました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

Re: 先週金曜の福井鉄道-家久!

 投稿者:月影  投稿日:2018年 6月25日(月)07時27分46秒
返信・引用 編集済
  > No.14495[元記事へ]

RREさんへのお返事だす。

  ここに行ったんだね。左端踏切の左に小さく写っているのが suzukiの黒

http://1632.amigasa.jp/index.html

 
    (RRE) こんな所にもsuzukiの黒が!
足元が悪そうだったので、踏切から福井方へは行かず、逆に少し家久寄りに戻った
辺りで撮りました。
 

先週金曜の福井鉄道-家久!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月25日(月)06時38分53秒
返信・引用
  先週6/22金曜日に行った福井鉄道巡りですが、何時も通りサンダーバードを武生で下車して
7年振りの訪問を開始です。
ダイヤ通りだと越前武生で乗車する電車は西鯖江で急行と交換するので、新さんに車内から
メールで「武生~西鯖江間で何処か撮れる場所知りませんか?」と問い合せたら即座に返信
が来て、家久やサンドーム西の撮影地の詳細情報の連絡を頂きました。
早速、家久で下車して少し福井寄りの踏切まで移動して撮影を始めました ♪
新さんが推奨するだけあって流石に良い撮影地で、F1000形 "FUKURAM" ばかりやって来て
急行だけでなく各停にも広く運用されている事にビックリしました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

一昨日の"撮れ撮れ"画像-えちぜん鉄道・福井駅(仮)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月24日(日)06時58分54秒
返信・引用
  一昨日6/22金曜日のえちぜん鉄道訪問の目的の一つとして、北陸新幹線の先行高架工事区間を暫定
的に使用している福井~福井口間の様子を見に行って来ました。3年前から仮線で運行していました
が、本日6/24から正規の高架区間に移行したので、何とか最後の最後に訪れる事が出来ました。
ホームは1面2線で、南側に少し線路が延長されており、そこに留置編成が置かれていました。
福井駅に発着するMC6001形とMC7000形を貼っておきます。
北陸新幹線の金沢~敦賀延伸の開業時期や、福井までの先行開業するのかどうかも未定のままです
が、何と新幹線の福井駅は在来線高架駅とえちぜん鉄道新高架駅とに挟まれた狭い1面2線であり、
通過線や待避線の無い構造だったのですね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週日曜のお昼ごはん-阪急高槻「天ぷら海鮮 友福」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月23日(土)19時11分43秒
返信・引用 編集済
  先々週6/3日曜日のお昼ごはんは、JR京都線の島本~高槻間を "撮り鉄" しながら歩き通した後、
腹をすかして阪急高槻駅近辺の商店街を彷徨い、この「天ぷら海鮮 友福」に入りました。
生ビールが290¥というのも嬉しく、勿論、看板メニューの「友福天丼」と共にを頼みました。
海老天が2匹に、南京としし唐と茄子の野菜天に加え、半熟玉子が丸々1個入っています。玉子
は単価が安いしボリュームがあるので、最近流行りのこの手の天麩羅屋のメニューは入って
いる事が多いですね。
更に天麩羅の裏に隠れて見えませんが、何と大きな鶏天が2切れも付いています。これも安くて
若い人には評判が良いのかも知れませんが、小生としては "海鮮天ぷら" が売りならやはりキス
とか烏賊等を望みたい所でした。
島本~高槻間で撮った221系も貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の"撮れ撮れ"画像-福井鉄道・田原町!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 6月23日(土)07時08分40秒
返信・引用
  昨日6/22金曜日は、終日に亘って好天が期待できそうだったので、何と7年振りに
"福井鉄道/えちぜん鉄道" まで日帰りでプチ遠征 ♪
暫く行かない間の変化は凄まじく、色々と撮りたい車両や行きたい場所があった
ので、整理の上、以下の目標を掲げました。
・大量に増備された福井鉄道"FUKURAM"を撮る。
・えちぜん鉄道に導入された低床式"キーボ"を撮る。
・福井鉄道とえちぜん鉄道の相互乗り入れの状況を確認する。
・相互乗り入れのため大改修された田原町駅を訪問する。
・福井駅前広場まで延長新設された福井鉄道・福井駅を訪問する。
・北陸新幹線の先行工事区間を使用したえちぜん鉄道・福井~福井口間を確認する。
まあ順調に目的はこなしましたが、一日で廻ったので流石に疲労困憊で、何とか足
を引きずる様にして帰宅したものの、未だ未だ画像整理が出来ていません。
とりあえず確認出来た田原町駅の様子を貼っておきます。
以前は朽ち果てる一歩手前みたいな哀れだったあの駅舎や構内が見事に再生されて、
ピカピカの新車と共に活気が戻ったのは喜ばしいですね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

レンタル掲示板
/214