teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今週日曜の能勢!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月26日(水)07時33分50秒
返信・引用 編集済
  今週9/23日曜日はウン十ウン回目の結婚記念日 ♪ 能勢周辺を家族ドライブして、至る箇所で
赤い彼岸花が咲き誇る里山の雰囲気を満喫しました。
何処か自然の恵みタップリの野菜レストランで美味しい料理を食べようと、事前にガイドブック
で調べてあちこち廻ったのですが、成果はサッパリでした。1軒目は当日は結婚式で貸し切り!
2軒目も3軒目も三連休のド真ん中だったので、駐車場に入り切れないぐらいの満杯振りで諦め、
4軒目の蕎麦屋は何と休みで、仕方なく川西市内まで戻って「餃子の王将」で済ます羽目に・・・。

途中、「野間の大けやき」に寄って、以前に一緒に撮りに行った事のある友人が館長をされて
いた "けやき資料館" を訪れたら、既に館長は退任されたと伺いガックリ。でもFBに表示される
「〇〇さんが近くにいます」というメッセージを見て、丁度やって来られたので目出度く久し振り
に対面出来ました。
勧められた「炭酸珈琲・玄武」を土産に買って帰り味わってみましたが、やはりコーヒー味の
サイダーそのもので、何だかコーラを飲んでいる様な感じでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 
 

シル・ヘッダー付き車両(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月25日(火)06時46分10秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「シル・ヘッダー付き車両」に対する3回目の投稿です。

これまで阪急と近鉄を紹介したので、今回も地元の関西私鉄から「阪神・併用軌道線」を紹介します。
南北に狭隘な阪神間では、国鉄(在来線及び新幹線)、阪急神戸線、阪神本線の他に5番目の鉄道路線と
して、国道2号線上をのんびり走る「阪神国道線」が存在しました。阪神間モダニズムを感じさせる優雅
な"金魚鉢"71/91/201形が人気ありましたが、1形と31形はシル・ヘッダー付きの質実剛健なスタイルで、
茶色の濃淡の渋い配色と共に好みでした。
上甲子園以西は末期には48分ヘッドなどという、とても運行しているとは言えない様なダイヤであまり
利用出来る機会も少なく、また車に邪魔されて走行中を狙うのも難しかったので、よく野田の車庫を
訪問して撮影したものです。
最終運行日の画像も含め、以下3枚を貼っておきます。
・31形 35:'75/5/5 甲子園三番町
・1形 6:'72/7/14 野田
・31形 37:'75/1/2 野田

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

更新のご案内

 投稿者:モボ101  投稿日:2018年 9月24日(月)21時44分38秒
返信・引用
  RREさん、こんばんは。

いつもながらの弊サイト更新のご案内で失礼します。

東欧の工業国、チェコの首都プラハに国立技術博物館があります。
鉄道車両は少ないものの、自動車を中心に乗り物の展示が充実しています。

お時間のある時にお立ち寄りいただければと思います。
 

http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/

 
    (RRE) 新作のプラハ国立技術博物館、早速拝見しました。
鉄道車両よりも、数々のヴィンテージ級の自動車類に目を奪われますね。
乗り物好きの人には一日中居ても飽きない場所でしょう。
 

先月の神戸新交通・ポートアイランド線(後編)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月24日(月)06時38分38秒
返信・引用 編集済
  先月8/26日曜日に久し振りに訪問した神戸新交通・ポートアイランド線への暇潰し鉄の続編として、3回目
最後の "後編" を紹介します。
医療センターを出発して更に南下すると、次世代スーパーコンピュータの稼働施設のある「京コンピュータ
前」を通り、ポートアイランド第二期工事で建設された神戸空港島にある終着駅「神戸空港」に到着します。
この区間は相当以前に家族旅行で神戸空港からのフライトに搭乗するために利用して以来だから、新鮮で
結構楽しめました。
帰路は市民広場で乗り換えて、往路に乗らなかった北埠頭経由で三宮に戻りました。此処は単線で反時計回り
の一方通行の区間なので面白みも無いのと暑さでバテていたので、中埠頭や北埠頭等で途中下車して撮影する
事はせずに通り過ぎました。
京コンピュータ前、神戸空港と市民広場を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の西宮・越木岩地区だんじり巡行!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月23日(日)18時42分54秒
返信・引用 編集済
  昨日9/22土曜日は地元苦楽園の越木岩神社を中心とする越木岩地区の「だんじり祭り」で、
地車が巡行する日でした。
昨年と同様、詳細な運行経路図(地図)と巡行表(時刻表)の案内が事前に連絡あるので、
家の前を通るのを心待ちにして、お囃子の音と元気に引っ張る掛け声が聞こえ出すと共に
カメラ片手に家を飛び出しました。
昨年はだんじりを牽くのはオッサンばかりだったのが、今年は地区の子供会のメンバーとか
女性陣も加わって華やかです。
交差点を曲がる時も大変そうで、阪急・苦楽園口駅前では勇壮な練り回しも見られました。
漸くこれで暑かった今年の夏も終わりを告げ、秋の到来を感じさせますね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週木曜の阪急京都線・総持寺!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月23日(日)06時54分24秒
返信・引用 編集済
  先々週9/13木曜日は、今春に新設された東海道線のJR総持寺駅で駅撮りした後、阪急京都線の
総持寺駅まで徒歩移動してみました。一本道で判り易く、10分以内で乗り換え出来ました。
この駅では滅多に撮った事がありませんが、京都方も大阪方も比較的撮り易い駅ですね。
例によってホーム端でのカットを貼っておきます。5300系、7300系に3300系です。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

シル・ヘッダー付き車両(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月22日(土)06時47分56秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「シル・ヘッダー付き車両」に対する2回目の投稿です。

前回は阪急を紹介したので、今回も地元の関西私鉄から「近鉄・大阪線の旧性能車」を紹介します。
'70年代当時には阪神は既に全車高性能化されスマートな車両ばかりだったし、京阪や南海は旧性能車
でも車体更新されたものが多く、本線系統でもシル・ヘッダー付きの古風で豪快な旧型車が健在だった
のは近鉄が阪急と並んで双璧でした。
以下、車種別に3枚貼っておきます。
・モ1400形:'71/7/31 布施
・モ2000形:'70/8/2 大和八木
・2227系:'72/1/15 上本町

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週金曜の夜ごはん-西宮北口「焼鳥と日本酒 おまっとう」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月21日(金)19時53分31秒
返信・引用 編集済
  先々週9/7金曜日の夜ごはんは、久々に会社時代の仲間と共に西宮北口に最近出来た焼鳥屋
「焼鳥と日本酒 おまっとう」に行きました。
まずは、「枝豆」と「蛸わさ」に、寿司屋で出て来るガリとトマトを和えた「ガリとまと」で
ビールを乾杯です。勿論、鶏料理の店なので、「親鳥むねたたき」や「鶏どて煮」も旨い!
すぐさま、芋焼酎の水割に移行して「おまかせ焼き鳥」を賞味します。更には、ハイボールで
「鶏唐揚げ」や「ねぎみ」等、数え切れない位に鶏、鶏、鶏の飽食の限りを尽くします。
やはり、勤務時代に一緒に苦楽を共にしたメンバーなので、当時の苦労話や今でも引きずって
いる懸案事項等、話題は尽きず心地良く酔えました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

(無題)

 投稿者:薩摩おごじよ  投稿日:2018年 9月21日(金)10時35分12秒
返信・引用
  最近は色とりどりの曼珠沙華(彼岸花)を見かけます。我が家もベージュ、淡いピンク、黄色、赤など満開です。普通、花は芽が出て茎が伸び、花を咲かせますが、これは花が咲いた後、暫く後、葉が繁茂し、その後、全く影も形もなくなり、初秋にいきなり開花・群生しますね。花の不思議をいつも感じます。RRE氏の庭の花々が紹介された平成11年6月1日発行の「園芸ガイド」を今引っ張り出し眺めております。「南フランスをイメージした庭作り・・・」4ページに亘りご家族の写真共々掲載されており、その花数は圧巻です。平成12年7月の読売夕刊の切り抜きが挟んであり、庭の花々に囲まれた夫人の優美な横顔がカラー映像にて収まっております。感性豊かなご一家のひとつひとつが心に染み入ります。  
    (RRE) 「園芸ガイド」に載ったのは覚えているけど、「読売夕刊」??
その新聞はとってないので、覚えてないな。
 

シル・ヘッダー付き車両!Ⅱ

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 9月21日(金)08時42分23秒
返信・引用
  お庭の手入れ大変でしょうね。我が家は路上で鉢並べを長年やっておりましたが寄る年波を感じまた終活の一端として店じまいを始めました。
さてシル・ヘッダーの車輛ですが旧型電車・客車の時代は当たり前のように取り付けられており車体強度の為らしいですがこんな薄っぺらい&細い帯板2枚で果たして強度が増したようには思いません。旧型好きの小生にはシル・ヘッダーは有るほうがいいですね。S47.5の天下茶屋で運用廃止後すぐの1200系と緑客車と富山のオハユニ61-12とシル・ヘッダーのない10系客車です。
 
    (RRE) ありゃ、もう終活ですか。小生は特に庭の手入れには何もタッチしていないので、
大変かどうか判りませんが、近々全般的なメンテを考えています。
この南海の南紀直通客車は、確か一度しか撮る機会が無かったのが残念でした。
 

先月の近鉄奈良線・東生駒!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月21日(金)06時46分47秒
返信・引用 編集済
  もう一ヵ月の前の事になってしまいましたが、先月8/18土曜日は近鉄奈良線を訪問し、学園前と
富雄で撮った後は更に東生駒へ移動して "駅撮り" しました。
此処も大阪寄りホーム端で手軽に撮れるし、バックの生駒山の緑が映えて好みの場所です。
同じ様なカットが続きますが、8810系、30000系と5820系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

我が家の庭!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月20日(木)19時26分45秒
返信・引用 編集済
  今年の猛暑で元気が無かった我が家の庭も、漸く秋らしい賑わいが戻って来ました。
現在は今年も白い「曼殊沙華」が咲き誇っているし、珍しい秋咲きの「ジャスミン」も咲いています。
白蝶草とも呼ばれる「ガウラ」も、その優しい花弁が心を和ませますね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先週木曜の東海道線・JR総持寺!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月20日(木)06時44分5秒
返信・引用 編集済
  先週9/13木曜日は、さくら夙川や甲子園口でEF65原色を撮った後、茨木~摂津富田間に今年3月に
新規開業した東海道線の新駅「JR総持寺駅」を初めて訪問して来ました。
内側線の間に広い島式ホームが1本設置されただけの各停専用の駅ですが、やはり新しい駅は新鮮
で気持ち良いものです。
北側の京都寄は開けておりホーム端から狙い易く、新しい撮影地がまた一つ出来たのは喜ばしい事です。
代わり映えしない列車ばかりですが、683系に281系、207系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

シル・ヘッダー付き車両!

 投稿者:モボ101  投稿日:2018年 9月19日(水)21時25分36秒
返信・引用
  シル・ヘッダー付き車両とは、なかなか渋いお題ですね。

ウインドウシル/ヘッダー付きが常識だったころに、シル/ヘッダーのない窓まわりのすっきりした車両が登場したときは、ノーシル/ノーヘッダーと呼ばれましたね。

国鉄の客車では、オハ35のごく一部に例外的にノーシル/ノーヘッダーがあったものの、本格的な採用は10系軽量客車から。軽量化で車体の設計方法が大きく変わったのでしょう。

電車では、ちょうど駆動方式が切り替わるころで、一般的にはウインドウシル/ヘッダー付き→吊りかけ式、ノーシル/ノーヘッダー→カルダン式ですが、過渡期には国鉄の70系や80系300番台のようにノーシル/ノーヘッダーで吊りかけ式や、京阪1800型や1900の旧型のようにシル付きでカルダン式もありました。

そんな中で、VVVFでウインドウシル/ヘッダー付きの新車が登場しています。東京メトロ銀座線の1039と1040編成。詳細は下記のURLで。ウインドウシル/ヘッダーに関する注釈もあります。

http://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20161117_106v2.pdf

ウインドウシル/ヘッダーは日本独自のものでしょうか。ヨーロッパでは、保存鉄道の古い車両でもシル/ヘッダー付きはあまり見かけません。

中国鉄道博物館にある戦前の日本製と思われる満鉄の客車は、シル付きでノーヘッダー。戦後の中国製21系や22系緑皮車はソ連の技術でしょうか、
窓下に半円形断面の太いリブがあり、これで強度を確保しているようでが、ヘッダーに相当するものはありません。

また、1950年代に日本から輸出したタイ国鉄の古い客車も、全てノーシル/ノーヘッダーです。日本の国鉄ではスハ42やスハ43系の時代なので、日本の車両メーカーも国内向けと輸出用では車体の仕様を変えていたようです。

シルやヘッダーは地味なお題かと思いましたが、調べてみると興味は尽きません。

2018/7 渋谷
2018/7 地下鉄博物館
2015/12 カンチャナブリ

http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/

 
    (RRE) 東京メトロの特別仕様車は、「ここまで凝るか!」と言わせる程の車両メーカ泣かせの
車両ですね。
当時の車両ではシルはあってもヘッダーの無い車両も多く、果たして厳密な強度解析や検証を
経た上で必要性があって設けていたものかどうか、怪しい所ですね。
 

先々週水曜のお昼ごはん-西宮「フォルクス 西宮店」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月19日(水)19時37分37秒
返信・引用
  先々週9/5水曜日は前日昼間から台風で停電となり淋しい一晩を過ごした後、漸く20時間振りに復電
したので、嬉しくなって家族でご近所西宮の171号線沿いの「フォルクス 西宮店」に行きました。
格安の日替わりランチはこの日は「ペッパーチキン アラビアータソース」だったので、すかさず
注文 ♪ ランチにはスープバーとブレッドバーも付いていますが、サラダバーも追加したので、
すこぶる豪華です! 更にはライスも付いているらしく「ライスはどうされますか?」と聞かれた
ので、流石にこれは遠慮しました。
スープバーとサラダバーをお代わりした頃にメインが運ばれて来て、温かい料理と共に家族団欒の
一時を過ごせました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

シル・ヘッダー付き車両!Ⅰ

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 9月19日(水)07時28分16秒
返信・引用
  シル・ヘッダーはまさに死語になりましたね。昔紙製鉄道模型を少し弄っていたころこれが上手く貼り付けられず苦労した思い出があります。路面電車にも付いたいました。古いケーブルカーの写真を見て段々に加工されたシル・ヘッダーが付いているのを見て驚きました。1975.3西鉄貝塚車庫・1983.9廃線直後の東信貴登山電車です。  
    (RRE) おっ、お得意の "就業時間前投稿" でしょうが、こんなに早くに出勤しているのですか!
恐らく当時の車体設計上、強度を確保するためにシルやヘッダーが必要だったと思いますが、
路面電車には付いてない車両もありましたね。
 

昨日の"撮れ撮れ"画像-山陽新幹線・西明石~姫路!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月19日(水)06時17分22秒
返信・引用 編集済
  昨日9/18火曜日は好天が期待出来そうだったので、山陽電鉄・江井ヶ島まで乗って傍を行く山陽新幹線
の西明石~姫路間でカメラを構えました。
在来線の約3倍の速度ですっ飛ばして来るし、突然目の前に現れるので、撮影難度大です。何時もなら
ズームレンズを駆使して望遠端、望遠、中望遠、標準辺りと画角を変えながら3~4回は狙えるのですが、
新幹線ともなるとせいぜい1、2回が限度です。それも慌てて画角を間違えて、編成が何とかカツカツ
入る程度の失敗作も多く反省しきりでした。
勿論、本命は500系「ハローキティ新幹線」であり、駄作も含めて3枚貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

シル・ヘッダー付き車両!

 投稿者:新さん  投稿日:2018年 9月18日(火)09時50分48秒
返信・引用
  おはようございます
趣味始めた遠~い昔はほとんどの車両がシル・ヘッダー付きでしたね! 新型車両が登場して
スマートな車体のものも多く出回り始めていましたが、まだまだ全車両の取り換えまでには
いたっていませんでしたので何処に行っても見ることが出来ました。選ぶのも大変ですので
小生の趣味原点の地元京急の230形と、湘南電車80系を貼らせていただきます。
1974.3.20  鈴木町     266
1975.1.21  庭瀬-中庄 クハ86003

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) シルとかヘッダーなんて、もう死語になりましたね。
旧型車なんて、電車のみならず、客車でもDCでも殆どシル付きでした。
リベットが並んだゴツゴツした姿も忘れられません。
 

シル・ヘッダー付き車両!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月18日(火)06時21分53秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「シル・ヘッダー付き車両」に対する初投稿です。

旧性能車に関して言えば当時の車両設計技術に起因するのか、シル・ヘッダー付きの車体が標準で
あり、ノーシル・ノーヘッダーの車両を探す方が難しかったと思います。
まずは無難な所から、地元で馴染み深かった車両として「阪急・今津線の旧性能車」を紹介します。
どの車両も均整のとれた阪急標準車体を纏い、その洗練されたスタイルとシンプルなマルーン一色の
塗装で魅了しました。
以下、3枚貼っておきます。
・920系 4連:'70/11/8 西宮北口
・610系(含600系)5連:'71/5/1 宝塚南口
・800系 4連:'73/5/23 仁川

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

一昨日のお出掛け-神戸・舞子ビラ「舞子の会」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月17日(月)20時11分44秒
返信・引用 編集済
  一昨日9/15土曜日は、故西尾克三郎さんゆかりの鉄道趣味界の集まり「舞子の会」が毎年この
時期に神戸・舞子の "舞子ビラ" で開催されるので、未だ未だ若輩者の小生も参加して来ました。
あいにくの天候でしたが、明石大橋を見渡せる庭園での記念撮影も何とか無事に済み、参加者の
近況報告を聞きながら会食が始まりました。でも、昨年まで元気に参加されていた方が健康を理由に
来られなくなったりお亡くなりになった方もおられ、誠に淋しい限りです。
終了後は亡くなられた方のお宅に伺い焼香をあげさせて戴くと共に、ご遺族の方とこれまでの膨大な
写真記録の保存や管理方法につき打合せさせて頂きました。どうも小生にとっても他人事では無く、
自身の今後の終活の方向性を考えさせられる思いでした。
最後は板宿にある模型酒場「「日乃電」に場所を移して、立飲みでしたがメンバーの持ち込んだ
模型を酒の肴に "鉄" の話題が弾みつつ夜も更けて行きました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

更新のご案内

 投稿者:モボ101  投稿日:2018年 9月17日(月)18時28分54秒
返信・引用
  RREさん、こんばんは。

いつの間にか70万アクセスを突破していますね。
遅ればせながらおめでとうございます。

弊サイト更新のご案内です。

前回の続きですが、プラハのトラム博物館のレトロトラムです。
ヨーロッパでは、博物館の動態保存車がそのまま営業路線で運行する例が多くみられます。
プラハもその一つで、春から秋までの週末に定期運行があり乗ってきました。
系統番号を掲げた一般営業のほかに、貸し切り運行らしきレトロトラムも複数見かけました。

動画もありますので、お時間のある時にお立ち寄りいただければと思います。

http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/

 
    (RRE) ご祝辞ありがとうございます。
新作のプラハのレトロトラムを早速拝見しました。
やはり動画ではゴツゴツした相当悪そうな乗り心地が伺えて、とても面白いです。
石畳やガントレットを行くシーンは雰囲気が最高だし、車道と歩道とを遮る様な
野暮な柵も無いし、電車の直前でも平然と人が渡っていますね。
 

先先々週金曜のお昼ごはん-宝塚南口「タイ料理 マイタイ」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月16日(日)19時42分11秒
返信・引用 編集済
  先先々週8/31金曜日のお昼ごはんは、阪急今津線を撮り歩いたり、手塚治虫記念館を見学した後、
宝塚南口駅付近「タイ料理 マイタイ」に入りました。
店構えも店内もそれらしい雰囲気に溢れ、期待が持てます。ランチライムは数種類のメニューしか
ありませんでしたが、その中から小生好みのタイ風焼きそば "バッタイ" を頼みました。
店主の方が「辛さは如何しますか?」と聞いて来たので、すかさず「思いっ切り辛くして下さい!」
とお願いした所、タイ現地並みの辛さにしてもらいました。
まずは、カチンコチンのビールグラスで生ビールを頂きながら、香り豊かなスープを味わいます。
「バッタイ」は流石にヒイヒイハアハアしながら、なかなかの本場の味わいに大満足です。
最後にタピオカがタップリ入った「ココナッツミルク」でゆったりと寛ぎました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の"撮れ撮れ"画像-元町/垂水/舞子!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月16日(日)06時24分3秒
返信・引用
  昨日9/15土曜日は、この時期に毎年恒例の "重鎮鉄の集まり"「舞子の会」が神戸・舞子で開催
されるので、その時間に合わせて東海道/山陽線を駅撮りしつつ下りました。
今にも泣き出しそうなババ曇りだったし、相変わらずのワンパターン画像ですが、まずは元町
で何時ものEF65のスジで2075号機を出迎え、垂水でEF210 101号機を撮り、舞子で国鉄色EF66
27号機をゲットして〆ました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

今日は久しぶりに撮りました

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 9月15日(土)15時05分45秒
返信・引用
  貴兄は相変わらず撮影意欲が旺盛ですね。『期間限定』という言葉に弱いのは人間誰しも同じかと思います。小生も同類であり南海と泉北が車両を交換させてサザンと泉北ライナーを走らせています。ダイヤもHPで発表されており今日は9時過ぎに効率よく撮影出来ました。(今宮戎)その後関西本線で王寺まで行き田原本線を狙いましたが今日は全く懐かし色は運用無く3本すべて普通の電車でした。田原本では急に客人が多くなり何かと思っていると団臨『楽』が来ました。泉北ライナー(新今宮)とサザンに就く泉北ライナー・田原本の楽です。
 
    (RRE) いやいや、酷暑に台風に停電等の影響で、撮影は2週間振りでした。
この泉北ライナーは未撮影のままで、一度は撮りたいとは思っているのですが、なかなか・・・。
 

一昨日の"撮れ撮れ"画像-東海道線・さくら夙川/甲子園口!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月15日(土)06時09分56秒
返信・引用 編集済
  一昨日9/13木曜日は天候は優れなかったものの、とりあえずカメラ片手に家を出て "お散歩鉄"♪
運良くEF65原色の2065号機が上って来る時間帯だったので、まずはさくら夙川のホーム端で激写!
このスジは西宮で「はまかぜ」を退避する事が判っているので、撮影後は直ぐに各停に乗って
甲子園口まで先行したら、数名の同業者さんが既に待機しておられました。
毎度お馴染みの構図ばかりですが、甲子園口でのキハ189系 "はまかぜ" も貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

新系列気動車(その4)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月14日(金)06時22分55秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「新系列気動車」に対する4回目の投稿です。

今回は "タンゴディスカバリー" の愛称で活躍した「北近畿タンゴ鉄道・KTR8000形」を紹介します。
北近畿タンゴ鉄道が "タンゴエクスプローラ-" KTR001形に次いで製作した特急用気動車で、'96年
登場時は福知山線経由で新大阪にも顔を出し、一部の編成は183系と併結機能も有していましたが、
その後は主に山陰線系統の特急や線内快速で活躍しています。
波模様を施したエメラルドグリーンとホワイトのツートンカラーでスッキリした外観でしたが、
現在では全編成が「丹後の海」をイメージした藍色メタリック塗装色にリニューアル改造されて
しまいました。
リニューアル前の姿として、以下3枚を貼っておきます。
・'01/9/30:宮津線・網野
・'12/8/10:宮津線・木津温泉
・'14/7/22:宮津線・天橋立

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

新系列気動車(その2)!

 投稿者:モボ101  投稿日:2018年 9月13日(木)23時36分55秒
返信・引用 編集済
  ポストDMH17系列を新系列気動車とするなら、最近のハイブリッドといわれる蓄電池搭載型ディーゼルエレクトリック車も新系列に入りますか。

JR九州では今年からハイブリッドの試験を始めたそうですが、東日本の本命はただの電気式に向かっているようで、ハイブリッド車も下のキハ66系のような中途半端な存在に終わりそうな気がします。

フランス国鉄も最近の気動車は電気式です。仙石東北ラインのHB-E210は渡り線の部分以外は電化区間を走行していますが、フランスでは架線の下では排気ガスを出すエンジンは使用しないそうです。写真のボンバルディアの電車/気動車は、ハイブリッドと称していますが、日本のハイブリッドとは異なるデュアルモードでしょう。電化区間ではパンタグラフから受電し、非電化区間に入るとエンジンで発電機を駆動し、いずれもモーターで走行します。あれ、さっきまで電車だったのに床下からエンジン音が。

キハE200、2010/8、野辺山
HB-E210、2015/11、石巻
81645、2016/9、エクス・アン・プロヴァンス

http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/

 
    (RRE) 「新系列」なんて定義は何処にも無いし、単に今回はDMH17型エンジンを使わない、
レールバスを含むそれ以降の気動車が投稿の対象と言うだけです。
「ハイブリッド」という言葉は乱発されているし、事実上も各種の方式が乱立しているので、
戸惑いますね。
我が国では、例えばDF200は「電気式ディーゼル機関車」と呼びますが、海外では一般に
DEL(Diesel Electric Locomotive)と呼ぶから電気車の範疇か? 電気式の気動車も然りですね。
 

先々週木曜のお昼ごはん-神戸・摂津本山「Tea & Grill 将軍」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月13日(木)19時20分7秒
返信・引用
  先々週8/30木曜日のお昼ごはんは、芦屋図書館に行ったついでに神戸方面に車を走らせ、昔よく
行った摂津本山付近の甲南本通り商店街をブラつき、この「Tea & Grill 将軍」に入りました。
店の外観も内装も喫茶店そのものでしたが、メニューにはハンバーグやヒレカツ等に代表される
洋食レストランっぽい内容に溢れていました。
とりあえずハンバーグと海老フライにハム等がセットになった比較的安価な「Bセット」を頼んだ
所、これが大当たり!
ふっくらとしてジューシーな自家製ハンバーグに、プリプリの海老フライ ♪ 何処ぞの西宮の
名洋食レストランに匹敵する様なその味わいに大満足でした。
飲物にオレンジジュースも追加して、ゆったりと寛ぎました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週金曜のお出掛け-宝塚・手塚治虫記念館!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月13日(木)06時50分22秒
返信・引用 編集済
  先々週8/31金曜日は、阪急・今津線を撮り歩いた後、宝塚南口で下車して「手塚治虫記念館」へ
行って来ました。
此処は、手塚治虫が少年時代に過ごした宝塚の市立の施設で、青少年の夢と希望を未来に広げて
行くために設立されたそうで、初めての訪問でした。
館内に入ると、まず手塚治虫ゆかりの数々の人形、おもちゃやグッズ類に目を惹かれます。
数多く発行された単行本、雑誌、並びに雑誌の付録本等も並べられており、懐かしい限りです。

小生の少年時代に夢中になったのが、「少年」に連載中だった "鉄腕アトム" に「少年画報」の
"マグマ大使"、更には「少年サンデー」に載っていた "W3(ワンダースリー)" 等でした。
当時は「月刊漫画雑誌」の全盛期であり、毎号に亙り "十大付録" とか "特別二十大付録" が
付いており、人気漫画は本誌の巻頭にカラーで数頁掲載されているだけで、すぐに「付録に
続く。」となって、付録の小冊子が毎号数冊は付いていたのを覚えています。
アニメの短編を上映している映像ホールや、貴重な単行本を手に取って読める様に展示している
コーナーもあり、昔読んだ思い出の「鉄腕アトム」を我を忘れて1時間程読み耽ってしまいました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週日曜の神戸新交通・ポートアイランド線(中編)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月12日(水)06時54分29秒
返信・引用 編集済
  先々週8/26日曜日に久し振りに訪問した神戸新交通・ポートアイランド線への暇潰し鉄の続編と
して、その "中編" を貼っておきます。
中公園を出発して更に南下すると、「みなとじま」、「市民広場」に「医療センター」と続きます
が、線路はほぼ一直線だし変化に乏しく飽きて来ました。
車両も2000形ばかりで同じですが、北を向いて撮るとバックの高層ビルや六甲山がクッキリと
浮かび上がり、なかなかの景観です。
各駅のホーム端でのカットを1枚ずつ貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週火曜のお昼ごはん-三宮「ぼっかけまぜそば 神戸灘八」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月11日(火)19時48分44秒
返信・引用 編集済
  先々週8/28火曜日のお昼ごはんは、山陽電鉄の「さくらとおでかけ山陽電車号」を追っ掛けたり、
明石市立文化博物館で「特撮のDNA展」を観た後、三宮まで戻りランチ出来る店を探しました。
暑さで疲れていたし、昼前に西新町でおやつ代わりに "明石焼き" を食べていたのでそれ程食欲
も無かった所、この「ぼっかけまぜそば 神戸灘八」を見つけたので早速入りました。
"台湾まぜそば"の神戸発祥の店の味を引き継いでいる店らしく、色々とトッピングメニューが
ありましたが、まずは順当な所から「旨辛ぼっかけまぜそば」を注文しました。
この通り、薬味がふんだんに載っており、更に "秘伝のタレ" とニンニクをタップリ注いで混ぜ
合わせ賞味しました。神戸名物のぼっかけに加え、複雑な味のオンパレードですこぶる旨かったです!

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週金曜の阪急今津線!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月11日(火)06時51分0秒
返信・引用 編集済
  先々週8/31金曜日は、久し振りに阪急・今津線へ ♪
もう3000系も無くなったし、取り立てて撮りたい程の車両も無く、天気もあいにくの曇天で
サッパリでしたが、とりあえず駅撮りを続けて北上しました。
この日の運用は5001F、5004F、5010Fの5000系3本と、7001Fの7000系というラインナップで、
新時代の到来ですね。
5000系の記録として、逆瀬川、宝塚南口と宝塚南口~宝塚を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

新系列気動車(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月10日(月)06時06分57秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「新系列気動車」に対する3回目の投稿です。

今回は国鉄時代の'75年に登場した「キハ66系気動車」を紹介します。2扉クロスシートの車体に
冷房装置を備え、440PSエンジンを搭載して筑豊線の快速運用等に投入されましたが、残念ながら
種々の理由から本格的な量産には至りませんでした。
全車がJR九州に承継され、今では長崎地区に集結して国鉄色等で活躍しているのは喜ばしい事です。
国鉄時代と近年の画像も含めて、以下3枚を貼っておきます。
・'82/8/5 筑豊線・直方
・'06/4/5 大村線・大村
・'10/10/30 長崎線・長崎

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

"新"レイアウト-三線式中間駅整備!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月 9日(日)06時08分38秒
返信・引用
  3月から新たに建設着手した"新"9mmレイアウトに関し、酷暑とか台風とかでなかなか作業し辛い状況
が続いて2ヵ月も報告が空いてしまいましたが、前回の三線式終端駅に引き続き、今回は三線式
中間駅(愛桜駅)の構内を整備しました。

ホーム配置は前々回通りで、駅舎側の片面ホームと真ん中の島式ホームとはホーム端のスロープから構内踏切で
渡る様にして、島式ホームと反対側の片面ホームとの間には跨線橋を設置してみました。KATOの "イージ-
キットシリーズ" から「跨線橋」を使用し、接着剤無しで組み立てられますが少々コツがいりました。
特に塗装は必要なく、この色のままでも結構実感的なので気に入りました。土台には紙粘土を
四角く固めてグレーに塗ったものを作り、ホームとの高さ調整を行ないました。

島式ホームの端にはスペースが空いてしまいバランスが悪かったので、此処に小さな建屋を設けました。
GREEN MAXの "ストラクチャーキットシリーズ" から「信号所」を選んでみました。塗装済キットですが適当に塗り
直したら、それなりにメリハリが付いて良かったです。

そして、前回と同様にペイントマーカーを使ってレールの側面に錆を表現してから、楽しい楽しいバラスト撒き
の実施です。今回は、TOMIXの "シーナリーバラスト" から「ライトグレー」と「ブラウン」を混ぜ合わせたので、
各々を単独で撒くよりも一層ローカルチックな雰囲気が出せたと思います。

最後に周辺に土を撒き、草を生やし、花を植えて完成させました。駅を出た所からは未舗装の
一本道が続き、この両側にも思いっ切りを花を植えて"花の道"風にしてみました。
未だ未だ発泡スチロールの白い地肌が残った箇所が大半ですが、今後もこんなペースでボチボチ開発して
行きたいと思います。

詳細は、弊サイトの「9mmレイアウト製作記」に追記アップしたので、参照願います。
  http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/layout/180909/layoutN061.htm

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先週火曜のお昼ごはん-明石・西新町「お好み焼・玉子焼 鐵」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月 8日(土)19時26分7秒
返信・引用 編集済
  先週8/28火曜日のお昼ごはんは、山陽電鉄の「さくらとおでかけ山陽電車号」を追っ掛ける
合間に明石の西新町駅で下車し、何処か時間潰しになる店を探しました。丁度、駅の直ぐ北
辺りに「お好み焼・玉子焼 鐵」を見つけたので、この店名からして入るしかありません!
勿論、注文するのは瓶ビールと玉子焼 ♪ 出来上がって来たのを連写でバシャバシャ! と
撮った所、焼いて頂いた奥さんが「えぇ~?! 一体、どうしたんですかっ!?」とすっとん
きょうな声を上げました。
明石に来たからにはやはり珍しい "明石焼き" を頼まなくてはと説明した所、「そんなら
もっと綺麗に美しく焼いたのにスミマセン・・・。」と申し訳なさそうに謝れるので返って恐縮
してしまいました。
電車のダイヤの都合上、この「玉子焼」しか味わえなかったですが、メニューは豊富で次回は
もっとじっくり時間を掛けて味わいたい店でした。
西新町を通過する阪神9300系「直通特急」も貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先週火曜の山陽電鉄-「たかさご万灯祭」HM編成!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月 8日(土)06時57分9秒
返信・引用 編集済
  先週8/28火曜日の山陽電鉄訪問では、目的であったラッピング編成「さくらとおでかけ山陽電車号」
を追っ掛ける合間にこの「たかさご万灯祭」ヘッドマーク編成にも出会えました。5000系の直通特急
の内、数本にHMが掲げられている模様でした。
来週の土日9/15・16に高砂市で開催される祭りで、市内がキャンドルに包まれる他、各所でイベント
が行われるそうで、未だ一度も行った事がないので興味津々です!
阪神芦屋と霞ヶ丘でのカットを貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

新系列気動車 !!!!

 投稿者:月影  投稿日:2018年 9月 7日(金)19時58分52秒
返信・引用 編集済
  (RRE) 最近の気動車は、車体設計を電車から流用しているのか、JR東海もJR西日本の気動車も
その会社で走っている電車にソックリですね。

  北海道も そっくり!!! 上の画像は MD編成

http:// 月影

 
    (RRE) これもソックリ! ソックリ! ソックリ!
昨年の久し振りの札幌訪問時に出会ってたまげました。
 

新系列気動車 !

 投稿者:モボ101  投稿日:2018年 9月 7日(金)19時03分0秒
返信・引用 編集済
  国鉄が分割民営化後のJR北海道を見据えて用意した、キハ183の500/1500番台。

幾多の改造を受けながら、30年以上にわたって北の大地を駆け抜けてきましたが、最近では廃車が進み残り少なくなっていきました。
写真は去年11月の札幌駅の“オホーツク”だったと思いますが、登場時では考えられないわずか4両編成。

http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/

 
    (RRE) 残念ながら北海道の特急全盛時代はあまり撮っておらず、残念です。
昨年の札幌訪問時に、最後に活躍する姿を結構記録出来たのが良い思い出です。
 

新系列気動車 ! Ⅳ

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 9月 7日(金)17時52分25秒
返信・引用
  また時代が戻りますが181系の奇数両編成3・5・7両編成ものがでてきましたので貼ってみました。偶然ヘッドマークも簡単粗末な物でした。臨時編成用でしょうか?
3両編成『特急・北近畿タンゴ鉄道』(京都駅)・5両編成臨時特急『おわら』(H21.9.2おごと温泉)7両『はまかぜ』(大阪駅)3両編成と7両編成は平成2-3年ごろと思います。
 
    (RRE) これまた貴重なカットばかりですね。
「特急 北近畿タンゴ鉄道」??? これって、特急の愛称?
 

新系列気動車 ! Ⅲ

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 9月 7日(金)12時43分30秒
返信・引用
  少し時代は現在に近づきます。キハ75は好きなスタイルでした。急行『かすが』の晩年に投入されたときは急行も落ちぶれたものだと思いました。2006.2.25奈良で撮った後折返し名古屋行きに伊賀上野迄乗車しました。この10年ほど後ですがJR西姫新線に投入された新型は223系新快速電車と色違いのようですね。2扉の好きなスタイルです(2016.5.15播磨新宮ー東觜崎)  
    (RRE) 最近の気動車は、車体設計を電車から流用しているのか、JR東海もJR西日本の気動車も
その会社で走っている電車にソックリですね。
何れも電車並みの加速度で、心地良い乗り心地なのには感心します。
 

新系列気動車!

 投稿者:新さん  投稿日:2018年 9月 7日(金)10時13分37秒
返信・引用
  先日の台風は関西に大きな爪痕残したようですが、貴兄のご自宅は如何だったのでしょうか?
お見舞い申し上げます。
気動車も電車以上に不勉強で、新系列気動車というのがどういう区別が良く分かりませんが、
三桁の系列は間違いなさそうですね! 貴兄が「スーパーはくと」を一杯貼られたので切り口変え
た一枚と関連のキハ181を貼っておきます。智頭線開業の開業式典の列車7022とまだJR車も使用
していた「はくと」キハ181-47です。これは3年ほどでなくなったようですね。1994.12.3  上郡

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) 我が家では台風の被害は殆どありませんでしたが、約20時間停電が続いたので、
久し振りにカセットコンロを出して来て、懐中電灯の灯りで晩飯を食べました。
「新系列気動車」という正式な定義は何も無く、今回のお題はエンジンにDMH17系を
使っていない、それ以降に登場した気動車が対象というだけです。
「スーパーはくと」以外に「はくと」もあったのですね。全然記憶にありませんでした。
 

新系列気動車(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月 7日(金)05時50分21秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「新系列気動車」に対する2回目の投稿です。

今回は地元を走る高速気動車「智頭急行 HOT7000系」を紹介します。
'94年の智頭急行線開業と共に登場し、特急「ス-パーはくと」として関西と鳥取や倉吉を
結んでいます。東海道・山陽線では新快速の合間を縫って互角に130km/h運転を誇り、急曲線
の連続する智頭急行線や因美線では振り子機構を発揮しています。
約2時間ヘッド程度で運行されているので、"ご近所鉄"している際にはこの斬新な塗装色の
流線形先頭車を結構な頻度で見掛け、ついつい撮ってしまいます。京阪神間でのカットばかり
ですが、以下3枚を貼っておきます。
・'06/8/14 東海道本線・山崎~高槻
・'05/5/24 東海道本線・甲子園口
・'09/5/9 山陽本線・須磨

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

新系列気動車! Ⅱ

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 9月 6日(木)16時38分19秒
返信・引用
  古い新系列から2形式を選びました。小生の好みの車輛です。1975.5新飯塚(キハ66・67の6連)と伊勢市駅のキハ48の2連(国鉄時代色風 2016.3.16)  
    (RRE) キハ66は好みのスタイルで、今でも長崎などで健在で、見掛けると嬉しくなります。
キハ40系は確かにエンジンは新系列を採用しましたが、スタイルも性能も国鉄時代そのもので、
どうも新系列気動車と呼ぶには違和感がありますね。
 

先日の頂き物-JORSA・都市交通カタログ!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月 6日(木)06時50分15秒
返信・引用 編集済
  先日、宅急便でこんなものが届きました!
以前に「日本鉄道システム輸出組合(JORSA)」から画像提供の依頼があって、都市交通カタログ
「Urban Transportation Systems in Japan」用の画像データを多数送った事を思い出しました。
世界各国の鉄道事業者に展示会等の機会を通じて配布するための小冊子で、総ページは70ページ
以上あり、対象は我が国の都市間鉄道は勿論、リニア地下鉄、モノレール、新交通システムに
LRTまで広く紹介されています。
内容は英文ですが、システムの概要から特長、歴史、技術から導入のプロセス等多岐に亘り、
写真や図表も沢山使って非常に判り易く纏められています。
小生は主に関西の車両を紹介する画像を提供し、この小冊子以外にもJORSAのロゴの入った
エコバックや新幹線が描かれたボールペン等の記念グッズも頂きました。
添付では小さくて見辛いですが、JR西日本323系、南海50000系"ラピート"、神戸新交通・六甲
ライナーは小生が提供した写真です。
その他、掲載された画像として「阪急三複線」と「JR西日本281系」も貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先週日曜のお昼ごはん-三宮「居酒屋 ごん太 本店」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月 5日(水)19時40分34秒
返信・引用 編集済
  先週8/26日曜日のお昼ごはんは、猛暑の中、神戸新交通・ポートアイランド線を撮り歩いた後、
三宮まで戻ってJR高架下の「居酒屋 ごん太 本店」に入りました。
まずは、刺身が一杯載った「海鮮ごん太サラダ」に香ばしい「手羽先唐揚げ」を頼んで、生中
で喉を潤します。続いて定番の「和牛すじ煮込み串」と「豚キムチ」を賞味したら、それなり
に腹も膨らんだし、それまでの暑さも吹っ飛んだ思いでした。
この店は何時来ても昼間から賑わっているし、300円台の気やすいメニューが多数並んでいる
ので、時折重宝しておりお気に入りです。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

新系列気動車! Ⅰ

 投稿者:EF5861  投稿日:2018年 9月 4日(火)09時00分27秒
返信・引用 編集済
  台風接近ということもあり今日は会社も臨休です。わが社としては珍しく早い対応でした。さすがに今日は撮影には出かけられていませんよね?小生もじっと自宅待機です。午後から高安颪が吹くと我が家は震度2ぐらい揺られます。無事早く過ぎ去ることを祈るばかりです。
新系列の気動車はどこがスタートかよくわかりません。181系以後なら40系ぐらいしか思い浮かびません。ハイブリッドも新系列なんでしょうか(見たことありませんが)とりあえず新系列の開発見本になった91系(S51.8名古屋)と国鉄色時代の四国のしおかぜ(S55.11鬼無付近)です。今避難メールがまた来ました。
 
    (RRE) おぉ~、大変だ! 直ぐに避難しなくていいの?
こんな日は撮りに出かけても、大概の路線は午前中で運行停止だから撮るものがありませんね。
91系は名古屋辺りでチラッと見た様な気もしますが、残念ながら記録していません。
 

新系列気動車!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月 4日(火)06時12分44秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「新系列気動車」に対する初投稿です。

まずは、無難な所から「キハ181系特急形気動車」を紹介します。
キハ80系スタイルを踏襲したものの、500PSの大出力エンジンを搭載してヨンサントオ白紙
ダイヤ改正時に登場した特急用車両で、未だ当時は非電化であった中央西線「しなの」や奥羽線
「つばさ」に投入されて活躍しました。
国鉄末期やJR移行後直後のシーンから、以下3枚を貼っておきます。
・特急「しおかぜ」:'86/12/30 予讃線・松山
・特急「あさしお」:'87/5/4 山陰線・京都
・特急「はまかぜ」:'88/8/4 東海道線・大阪

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

(無題)

 投稿者:薩摩おごじよ  投稿日:2018年 9月 3日(月)09時50分53秒
返信・引用
  西宮鷲林寺のお食事処「---明治村」よく入りましたねえ。悪食に不衛生・・読んでいて辟易します。しかしお店の外観には思わず誘い込まれるような雰囲気が出ていますねえ。テーブルセッティングも清潔な感じがしますし。。。
鉄道写真の完全無欠な映像にはいつもうっとりさせられます。乗客も70万人突破も秒読みですね。さて台風21号これまたかなり強烈な威力をもった台風らしいです。クワバラ・くわばら・桑原
 
    (RRE) もう今シーズン何度目の台風や豪雨のことやら・・・。
幼い頃は台風が来る度に、前日に雨戸に釘を打って止めたもんやなぁ。
 

先先々週土曜の近鉄奈良線・富雄!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月 3日(月)06時47分34秒
返信・引用
  先先々週8/18土曜日の近鉄奈良線訪問は、学園前~富雄間で生駒山をバックに撮った後、富雄に
移動してホーム端の日陰で涼みながら少し "駅撮り" ♪
この辺りはジェットコースターの如くアップダウンを繰り返すので、乗っていても撮っていても
楽しい区間です。
同じ様な構図ばかりですが、奈良方面を向いて撮った8600系、9820系と3200系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週水曜のお昼ごはん-西宮・鷲林寺「喫茶・お食事 明治村」!

 投稿者:RRE  投稿日:2018年 9月 2日(日)20時06分21秒
返信・引用 編集済
  先々週8/22水曜日のお昼ごはんは、神鉄の「メモリアルトレイン・第二弾」を三田線・神鉄道場で
撮った後、帰路に西宮・鷲林寺にある「喫茶/お食事 明治村」に入ってみました。
何時も三田方面とか中国道・西宮北インターにドライブで行く際に道中で見掛ける店で、その名
から判断してモダンでハイカラな雰囲気の店と思っていました。
でも、一歩店に足を踏み入れた途端、その期待は無残にも打ちひしがれ、直ぐにでも引き返したい
思いでした。もうかなりのお歳と思われるジイさん、バアさんがやっておられ愛想は無いし、
店内は雑然としておりこの上無く汚く、まあ一昔前の場末のスナックみないな様相で、もう椅子に
腰かけたり机の上に肘つくのも躊躇われる程でした。
メニューは豚カツとか海老フライとかカツカレーとか揚げ物が中心で、厨房は丸見えだし、洗った
どうかも判らない皿がうず高く積み重ねられたままで、とりあえず「スペシャルランチ」と称する
それなりの値段のメニューを頼みました。
運ばれて来て唖然! カトキッチャンか何処かのまるで冷凍物みたいな小さな海老フライ二匹に、
「えっ? 盛り付けを半分忘れたの?」と思う程のホンの僅かな豚カツが載っているだけでした。
勿論、味は推して知るべしで、コーヒーも付いていましたが、逃げる様にして店を後にしました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

レンタル掲示板
/215