teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


5/7のお昼ごはん-北条町「はま寿司・加西店」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月29日(水)19時54分2秒
返信・引用 編集済
  5/7火曜日は、北条鉄道沿線を "ドライブ鉄" して廻った日ですが、慣れない地だけにお昼ごはんを
求めてウロウロして時間を消費するのは避けたかったので、以前に家族で入った事のある北条町駅の
直ぐ隣にある「はま寿司・加西店」を目指しました。
ネタは薄っぺらいし、ロボットが握っているので山葵は塗ってないし、あまり味わい深くはないですが、
平日は何と "一皿税込み90¥" という安さと早さが魅力です ♪
「貝三種盛り」や「まぐろ三種盛り」も、他のチェーン店の様に割高になる事は無く、150¥という
リーズナブルな価格設定が嬉しいですね。
ちょっぴり贅沢して、一皿一貫の「たっぷりかにみそ」も頼んでしまいました!

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 
 

大量製造(そのⅢ)!

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 5月29日(水)08時07分38秒
返信・引用
  大量製造の3回目は1969年から1976年に製造され総数は168両ながら私鉄の同一形式特急専用電車としては大量製造と思われます。、編成は2両・4両・6両からなり56編成という大所帯になりました。6両編成は早くに姿を消しましたが今なお2両・4両編成は現役で活躍しています。最終年度の製造からでも43年経過しています。毎日通勤時に昔ながらの塗装で走っている姿が後僅かしか見られないと思うと寂しいですね。6両編成・4両編成・2両編成の写真を貼らせていただきます。
近鉄のことですから最終が近づくといろんなイベントが行われると思います。2両編成で名阪ノンストップ特急を走らせてほしいと個人的に思います。(撮っていないので)
 
    (RRE) この車両も結構大量に製作されたのですね。
普段から見慣れたこの近鉄特急色も後少しかと思うと淋しいです。
 

大量製造(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月29日(水)07時06分49秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「大量製造」に対する2回目の投稿です。

今回は私鉄車両の中から「東武鉄道・8000系通勤電車」を紹介します。
東武8000系は'60~'80年代の高度成長時代に輸送力増強策の一貫として増備された20m・4扉・ロング
シートの通勤車両で、その約20年間もの長期に亘って延々と増備されたのと大量に生産された事から
"私鉄の103系" とも呼ばれました。
経済性を重視した大出力モータによるMT比1:1の編成で電制は省略し、ノーシルノーヘッダー構造の
軽量車体と高運転台方式で、伊勢崎線や東上線を問わず東武全線で広く運用されました。
リニューアルにより前面形状は大きく変更されたものの、今もなお半数以上の車両が健全なのは
特筆物です。
'70年代のモノクロ画像を以下3枚貼っておきます。
・'73/4/1-伊勢崎線・玉ノ井
・'74/3/13-伊勢崎線・五反野
・'73/4/3-東上線・中板橋

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

大量製造!Ⅱ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 5月28日(火)08時18分25秒
返信・引用
  大量製造の2回目は国産機関車で最大数を誇ったD51です。製造当初から戦時中を含めいろんな形が出来上がりまた戦争の関係で樺太や台湾他にも配置されました。細かいことは自分の知識の中にはありません。国鉄としては1161番がラス番のようですね。
自分の撮った現役稼働中の最若番はD51-4(夕張線・川端ー滝ノ上)でラス番近くはD511153(留辺蘂)です。変形物は釜の煙室扉が変形したD51855(苫小牧)です。
 
    (RRE) D51も全国の本線に広く普及し、客車牽引でも貨物列車でも活躍していましたね。
小生はさほどSL撮影行には出向かなかったので、D51に食傷気味になる事も無く、やって来るカマに対しては
何でも珍しくてカメラを向けましたが、C62やC57狙いの人は来てもあまり撮らない事が多かったみたいですね。
 

先月4/13の阪急京都線・西山天王山!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月28日(火)06時03分58秒
返信・引用 編集済
  先月4/13土曜日は、東京よりご来阪されたデトニさんを案内して阪急京都線に新たに登場した快速特急
「京とれいん 雅洛」を追っ掛けた日ですが、以前に貼った "雅洛" 以外のカットの中から西山天王山
~大山崎間での記録を紹介しておきます。
もうスッカリ季節外れの画像となってしまいましたが、今春は見事な晴天続きだったし、多少の雨天が
続いてもこの日は花びらがびくともせずに残っていました。
3300系、5300系に6300系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

5/5の夜ごはん-大阪・阿波座「海鮮屋台おくまん」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月27日(月)19時53分5秒
返信・引用 編集済
  十連休中の5/5日曜日の夜ごはんは、何時もの地元鉄の仲間、我太呂さんにtakehopeさん、EF5861さんに
狭山のKさんと共に大阪・阿波座の「海鮮屋台おくまん」でビール会 ♪
こんな大都会の真ん中に居酒屋があるとは知りませんでしたが、連休なのか結構繁盛しています。
早速、「おくまん五種盛合せ」に「おくまんサラダ」を頼んでビールで乾杯です。更には「天ぷら
七種盛合せ」や「鶏唐」をオーダして、ガンガン行きます!
日本酒があまりスッキリした味わいでは無い「大関」の1種類しか無かったのが残念でしたが、
これもどんどん追加注文して、「イカ焼き」に「ししゃも」等を味わい尽くします。
店内が混み合ってなかなか注文が通らないのが欠点でしたが、それを上回るボリュームと安さには
ベックラでした!
   http://koumura-okuman.net/shop-kansai/awazahigashi/

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

大量製造!

 投稿者:新さん  投稿日:2019年 5月27日(月)18時05分32秒
返信・引用 編集済
  最近では関東は233系が増殖して3000両超えているようですが、この113系は3000両に一寸だけ
足らなかったようです!  通勤・通学で使う機会が多かったのですが、乗り心地も悪く好きに
なれない車両でしたが、終焉迎えるころにまさか追いかけるとは思ってもみませんでした!!
2004.8.21  新子安 クハ111-556

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) これも103系と並んで国鉄が延々と製作し続けた車両で、湘南色が懐かしいですね。
こちら地元では東海道線を去った後、山陰線や草津線などに未だ未だ活躍していましたが、
小生は何故かあまり追っ掛けには行きませんでした。
 

大量製造!

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 5月27日(月)08時41分53秒
返信・引用
  大量製造の1回目は103系です。今や奈良線に僅かな運用と和田岬線だけの運用になりました。
大都市圏内では必ず走った103系も関西2線で細々と走っているだけになりましたね。旧国を追いだした憎い電車で初期の撮影はほとんどありませんが晩年旧国並みに愛おしくよく撮影に出かけました。環状線・関西線・奈良線です。ユニットを入れ替えた混色編成や路線カラーの違う色で運用されたことも度々あり楽しむことができました。
 
    (RRE) 103系は余りにもあり触れた存在で、特に好きとか嫌いとかでも無く、撮影の対象外でした。
でも、近年は他に撮りたいものが無かったのか、結構撮りましたね。
 

大量製造!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月27日(月)06時50分48秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「大量製造」に対する初投稿です。

まずは国鉄車両の中から「485系交直両用特急電車」を紹介します。
もう説明するまでも無く、直流区間、交流区間を問わず全国何処でも見られた画一化の象徴
みたいな車両で、全国津々浦々まで "L特急化" による特急の普及に貢献しました。
非ボンネット車の中から懐かしい国鉄特急色当時の姿を、以下3枚貼っておきます。
・「雷鳥」:'02/11/24 北陸本線・新疋田
・「やまびこ」:' 82/5/5 東北本線・福島
・「かもめ」:'88/2/27 鹿児島本線・博多

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

本日のお出掛け-奈良公園/奈良町!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月26日(日)20時11分49秒
返信・引用
  本日5/26日曜日は、夏日でクソ暑いにの何となく出掛けたくなって、家族で奈良方面へ ♪
何時もの如く、猿沢池の畔を歩き興福寺の脇を通って、鹿がたむろする奈良公園を散策した後、
何時もの通り、奈良町界隈を土産物屋を覗きながらブラつき、毎度ながら、奈良漬けと柿の葉
寿司を買って帰りました。
阪神西宮駅から奈良行快速急行に乗って往復しただけで、今日は "非鉄" でした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々月の大阪環状線・201系!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月26日(日)07時04分27秒
返信・引用 編集済
  大阪環状線を走るオレンジ色の201系も来月上旬で引退だそうです。'05年頃から大阪環状線に導入
され、直ぐに103系を追いやるかと思って必死に撮りに行った頃が懐かしいですが、103系も201系も
共に呆れる程長寿でした。
最近は323系の相次ぐ増備で滅多に出会う事は無く、桜島線向けの「ユニバーサル・ワンダーランド」
や「ハリーポッター」ラッピング編成を偶に見掛ける程度になっていました。
先々月3月に京阪やおおさか東線に向かう途上、京橋や桜ノ宮で記録した201系を貼っておきます。
これでやっと大阪環状線も3扉車に統一ですね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

5/2の夜ごはん-梅田・河童横丁「海幸丸 百番」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月25日(土)20時00分15秒
返信・引用 編集済
  一昨日5/2木曜日は、約1年振りに「えちぜん鉄道」や「福井鉄道」を訪問して終日楽しんだ日ですが、
帰路の福井駅では何故か駅弁屋が開いておらず、ホームの売店も駅弁は全部売り切れで、飲まず喰わず
で大阪まで戻りました。
漸く梅田で入って一息つけたのが、阪急高架下の河童横丁にある馴染みの居酒屋「海幸丸 百番」でした。
まずは、「造りおまかせ五種盛」を頼んでビールで流し込みます。これで650¥と大変お得な値段設定
となっており、何時も運ばれて来ると店長が刺身一切れ毎に「コレは〇〇」と色々と能書きを垂れて
くれるのですが、飲んだら直ぐに忘れてしまいます。
お次は冷酒に切り替えて、「筍の天麩羅」と「蛸ぶつ」を戴きます。どの料理も逸品で、未だ未だ飲み
足らなかったのですが、一日中、足を棒の様にして撮りまくったので体力の消耗は激しく、ここでお開き
として家路に就きました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の"撮れ撮れ"画像-神戸電鉄・有馬線!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月25日(土)06時22分37秒
返信・引用 編集済
  昨日5/24金曜日は雲一つない超ド晴天だったので、久々に神戸電鉄・有馬線沿線へ ♪
裏六甲近辺をウロウロしましたが、まずは「大池」で久し振りに下車して花山方に少し歩いた辺りで
カメラを構えました。
昨日は猛暑日でギラギラした日差しは厳しいし、スッカリ日焼けしてヘトヘトになりました。
6000系「ミュージアムトレイン」、5000系とデ1070形を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

薫風に撮り鉄(その4)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月24日(金)14時02分39秒
返信・引用
  すっかり真夏の日差しになりましたね。日中も30℃を超す気温では
うかつにうろうろすると熱中症になりそうです。
薫風の季節も終わりなので、近鉄の本線スジの2連ローカルで締めたい
と思います。

さすがに大阪地区では支線と南大阪線、深夜の橿原線を除くと2連という
短編成の定期列車は見かけませんが、大阪線名張以東ではバンバン走って
ます。しまかぜやアーバン、伊勢志摩ライナー等が行き交う合間に2連の
ローカルが走るのはそれなりに絵になります。

・賢島行ワンマン 1201系    穴川        2019-5-8
・東青山ローカル 珍しく2410系 川合高岡-伊勢中川 2019-5-10
・名張ローカルの1437系     川合高岡-伊勢中川 2019-5-10

※3枚目が「快急宇治山田!」になってますが、これは川合高岡
停車後に切り替えたため(操作途中の表示です)
 
    (RRE) この辺りには滅多に行けません。
2連というと、その昔の阪急・甲陽線とか阪神・西大阪特急を思い浮かべてしまいます。
今でも地元の甲陽線は3連だから特に違和感はありませんね。
 

先々週火曜の北条鉄道!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月24日(金)06時49分38秒
返信・引用
  先々週5/7火曜日は、初めて北条鉄道まで "ドライブ鉄" して適当に沿線を巡った日ですが、前回報告
の粟生と網引付近での撮影に引き続き、残りのカットを紹介します。
次は「播磨下里」で長閑な田園風景に親しんだ後、終点の「北条町」まで行って入駅シーンを記録し、
再び撮影地を求めて彷徨った所、結局、往路で撮った「播磨下里」の近くまで戻ってしまいました。
この日はフラワー2000形の内、3号車が単行で往復するだけでしたが、1時間ヘッドというノンビリ
したリズムに合わせて車をあちらこちらに走らせるのも楽しいものでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

エポックメーキングな車両、施設(その3)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月23日(木)10時21分1秒
返信・引用 編集済
  今回はちょっときわもの、というと技術者に失礼ですが、試作車です。
新幹線網が充実してくると、新幹線の通らない地域から新線建設の要望
が出てきます。結局は軌間の違いという壁が「新在直通」にはあるので、
JR東のように在来線を改軌して新幹線モドキに改築するのではなく、
欧州のタルゴのようなゲージ可変車両で直通しよう、というのがFGT
(フリーゲージトレイン)です。
九州新幹線長崎ルート、敦賀開業後の北陸新幹線、さらには瀬戸大橋線
建設時に織り込み済みの四国新幹線等、ファンタジーと現実がごっちゃ
になったような願望や国の整備新幹線の迷走もあって開発は混沌とした
様相に見えましたが、試験車は第三世代まですすみ、結構もう少しの所
まできているようですね。ただ、電車方式にこだわってますので、重量
対パワーで高速性能が出ないとか、複雑な可変機構で車軸や車輪のぶれ
等に越えられない課題が残り、最近は試験もなりを潜めていますね。
(京都発吉野行近鉄特急程度の速度なら問題ない、という話も聞こえて
きますが、厳しい急曲線対応は必須であり、どうなるのでしょうか?)

JR四国伊予西条駅構内の鉄道文化館に静態保存されている第二次試験車
を貼ります。館内にはキハ65やDE10の1号機も静態保存されてます。
(国鉄の十河総裁が近郊出身なので記念館もあります)

・FGT第二次試験車  四国鉄道記念館         2019-3-28
・同 台車(よくわかりませんが複雑です)        2019-3-28
・館内の十河総裁ゆかりの0系とDF50(元多度津工場) 2019-3-28
 
    (RRE) DMVといい、変わりネタを結構撮ってますね。
当社のモータ関係者等がかなり九州へ出張して開発に関わっていたと思いますが、長崎新幹線が
開業時期の関連で採用を諦めただけで、未だ開発は進められているはずですよね?
近鉄吉野線での実用化が待ち遠しいです。
 

エポックメーキングな車両、施設(その4)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月23日(木)06時03分31秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「エポックメーキングな車両、施設」に対する4回目の投稿です。

これまで "車両" を投稿して来たので、今回は "施設" の中から「東海道線のマンボウ」を紹介します。
「マンボウ」とは、国鉄線路の下を潜る用水路の上に簡易的な蓋を設けて、人も歩いて通れる様にした
狭い通路の事を指します。我が地元の西宮市内には "マンボウ" が計三ヶ所も存在し、谷崎潤一郎の
小説「細雪」にも登場したトンネルとして名物になっています。何れもほぼ同じ大きさで特徴ある煉瓦
造りとなっているので、同時期に同じ設計、同じ手法で製作されたのでしょう。
見ての通り幅も狭いので、途中ですれ違いは出来ず、通行する人は反対側の出口を覗いて誰も来ない事
を確認してから中に入って行きます。高さも低く、大よそ150cmよりも少し低い程度でしょうか?
腰をかがめながらヨチヨチ歩く必要があり、腰痛持ちの小生には厳しいものがあります。
幼少の頃から何度も利用していますが、以前はこんな無粋な立看板や注意銘板は無く、もっとおどろ
おどろした怪しげな雰囲気が好きでした。内部はひんやりと冷たく、夏場に通ると心地良いです。
なお、島本~高槻間にも少なくとも7~8ヶ所以上のマンボウが確認でき、この辺りは田畑が多いだけに
今でも農水路として機能している箇所が殆どなのが嬉しいです。
以下、マンボウの出入り口の様子を3枚貼っておきます。
・東海道線・さくら夙川~芦屋間のマンボウ:'16/6/25
・東海道線・西宮~さくら夙川間のマンボウ:'16/5/27
・東海道線・甲子園口~西宮間のマンボウ:'16/8/5

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

薫風に撮り鉄(その4)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月22日(水)23時58分6秒
返信・引用 編集済
  だんだん暑くなると共に西から梅雨入りが近づいてますね。
きょうは朝方が気持ちのいい晴天でしたので、名張-桔梗が丘の定番ポイント
で朝撮りしました。空にはスジ雲が出て良いアクセントになりました。
鮮魚列車と22600の特急、4月に撮った三本松の赤目方の特急も貼ります。

・2680系3連 鮮魚列車   名張‐桔梗が丘 2019-5-22
・22600系 4連特急    名張‐桔梗が丘 2019-5-22
・22000+ビスタ 6連特急 赤目口‐三本松 2019-4-27
 
    (RRE) 地元の利を活かして共に良い場所で撮ってますね。
どちらも行った事はありませんが、1・2枚目の場所は赤目口~三本松間にも似ていますね。
 

エポックメーキングな車両、施設! Ⅱ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 5月22日(水)08時37分32秒
返信・引用 編集済
  エポックメーキングな車両、施設! Ⅱは南海大阪軌道線に1957年登場のモ501型と1962年登場のモ351型です。当時の路面電車としては車体の形状もさることながら、空気バネ台車を使用したことでしょう。現在も両形式併せて10両現存しており501型は還暦を過ぎても元気に走っています。両形式共に様々な理由でこの後増備されなかったのがモ161などの旧型式がその後も生き残ったと言えますね。
この車両を初めて見たときは小学生の時で平野駅で初めて見たときは乗りたいなあと言った記憶がありますね。それだけ新鮮に思えた電車でした。

 
    (RRE) モ161は別格として、やはり阪堺で思い浮かべるのはこの車両ですね。
沸き立つ入道雲みたいな塗装の車両だらけだった頃が懐かしいです。
 

先々週日曜の阪急京都線!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月22日(水)06時00分27秒
返信・引用 編集済
  先々週5/5日曜日は、GW期間中に運転されている梅田発嵐山直通臨時快速特急「さがの」を狙いに阪急
京都線まで出掛けた日ですが、3本運行される「さがの」を撮る合間にこれらの編成もゲットしました。
こんな優雅な車両が次々とやって来るので一層華やかさが増すし、この上もなく撮り甲斐があります。
7000系快速特急"京とれいん 雅洛"、6300系快速特急A"京とれいん"に、1300系"古都"を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

5/2のお昼ごはん-勝山・みどり亭!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月21日(火)19時21分37秒
返信・引用 編集済
  今月5/2木曜日のお昼ごはんは、えちぜん鉄道・勝山永平寺線を訪れ、途中下車を繰り返しながら漸く
辿り着いた終点の勝山でランチタイムとしました。
丁度、駅前に「みどり亭」という大衆食堂らしき店があり、名物がセットになった「福井名物セット」
がコスパ抜群だったので、早速注文しました。
「おろしそば」に「ミニソースかつ丼」のセットで何と850¥なのでオーダする人も多いし、家族連れ
で満員だったためかなり待たされましたが、酎ハイをチビチビ舐めつつじっと我慢しました。
いやぁ~♪ 共に美味いですねぇ! 電車を1本見送ってしまいましたが、待った甲斐がありました。
駅前には福井名物の恐竜も鎮座していました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

エポックメーキングな車両、施設(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月21日(火)06時51分8秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「エポックメーキングな車両、施設」に対する3回目の投稿です。

初回に地元関西の私鉄車両から "阪急2000代シリーズ" を投稿したので、今度は同じく「京阪電鉄
・2000系電車」を紹介します。
京阪2000系は'59年に登場した通勤型電車で、軽量車体にオール電動車方式を導入し、同時期に登場
した近鉄6800系「ラビットカー」や阪神5001形「ジェットカー」と同様に高加速・高減速性能を誇り、
「スーパーカー」の愛称で活躍しました。
複巻電動機を採用し分巻界磁制御による回生ブレーキを装備したのが大きな特徴であり、これは平坦線
区間で回生ブレーキを常用とする車両としては我が国初でした。高速性能を犠牲にしてまでギヤ比を
大きくとって高加速性能に努めたため、主に普通列車中心の限定運用に就き、1500V昇圧前のラッシュ
時の高密度輸送に貢献しました。
昇圧前に主要機器を新製し2600系に生まれ変わりましたが、2000系の特徴であった卵型の車体断面や
空気バネ台車、吊り棒の付いた連結幌は今も健在です。
'70年代に活躍していた様子を、以下3枚貼っておきます。
・'71/5/26 野江
・'73/2/16 七条
・'79/7/8 六地蔵

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

近鉄大阪線・二上~関屋!2010年

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 5月20日(月)08時04分17秒
返信・引用
  二上ー関屋間は車窓からは良い撮影地だなと長年思っていました。しかし現地は大規模住宅地が造成されており線路際までの斜面も思ったより急で降りてみると垂れ線が気になるところでした。貴兄はここまで駅から歩かれたのですね。多分小生2回目の訪問時と思いますが9年前2010.5.6まだ若かったので斜面を下って撮影しました。あおぞら号の6連や22000系6連等車両は楽しめましたがやはり垂線が気になりますね。  
    (RRE) 草さえ茂っていなければ斜面を降りて線路際の金網付近で撮りたかったのですが、蛇に出会うのが
怖くて我慢しました。二上駅から歩いてもせいぜい10分程度ですね。
 

最近の"スキャン鉄"-'82年8月・熊本市交通局 火の国まつり用花電車!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月20日(月)06時16分55秒
返信・引用 編集済
  最近の"スキャン鉄"から、'82/8/1に撮った熊本市交通局の「火の国まつり用花電車」を紹介します。
熊本市主催の "火の国まつり" が開催される期間中に「花電車」が運行され、その出発式が8/1に行われる
と聞いて、熊本出張中にその様子を見に行きました。
1050形から改造された花電車専用の50形を車庫の奥から引っ張り出し、が1ヵ月ぐらい前から整備、装飾
の準備がされていましたが、当日は52号車が専売公社の「専売号」、53号車が電電公社の「電電号」と
して運行されました。
近隣の幼稚園児も招いて、熊本市長や熊本市交通局長等と共にテープカットを行い、風船が舞う中を
2両が元気良く市内に繰り出して行ったのがとても印象的でした。
これらの花電車も残念ながら数年前から運行されなくなり、50形も廃車となった模様です。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

エポックメーキングな車両、施設!

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 5月20日(月)00時34分41秒
返信・引用
  エポックメーキングな車両といえば、国電なら元祖新性能電車の101系。
JR化直後の南武線の浜川崎支線で、クモハ100+クモハ101の2連で働く最後の姿です。

JR東なら元祖“走ルンです”の209系。京浜東北線では4M6Tで、雨でレールが濡れると加速時によく空転していました。寿命半分で205系より先に消えるかと思いきや、房総半島にしぶとく生き残っています。

八丁畷 1987.5
大井町 2003.4

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) 101系が関西に導入されたのは大阪環状線と関西線ぐらいで、103系に較べて出会う機会も
少なく、殆ど撮らない内に廃車となってしまいました。
209系も"寿命半分"のキャッチフレーズで登場しましたが、息が長いですね。
 

エポックメーキングな車両、施設!(その2)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月19日(日)09時39分0秒
返信・引用 編集済
  これはちょっとゲテモノの類かもしれません。
昔から超閑散線区の合理化に「バス」を応用して運行コストを下げるという発想
はありました。古くは国鉄の機械式レールバス(南部縦貫も同様です)、さらに
実用化されませんでしたが、国鉄バスの「アンヒビアン」(鉄道台車着脱式軌陸
両用バス)試作車などもありました。

その後もローカル線の衰退は著しく、何とか鉄道を維持しつつもっと柔軟な運行
とコスト削減ができないものかという課題に対するひとつの解としてJR北が出
した答えが「DMV(デュアルモードビークル/軌陸両用車)」でした。
ゴムタイヤそのままでレール上を走るという構造は鉄道の保守作業用トラックで
実用化されてますが、それをマイクロバス改造で実現したものです。
画像の車両は、JR北の第二次試作車で、この時期大々的に試乗会を行って試験
運行してました。コースは、浜小清水⇒(軌道上)⇒藻琴(モードチェンジ)→
道路上→十弗湖畔→浜小清水でした。

※鉄道部分は線路閉鎖して運行していたと記憶します。結局JR北は新規事業や
新機構の車両開発をやめたのでDMVも中止かと思ってましたが、何と徳島県の
阿佐海岸鉄道が導入することに決定し、すでに試験車が搬入されたようです。
思わぬところで実運用にこぎつけそうで、走り出したら乗ってみたいものです。

・浜小清水駅構内のDMV(バスのナンバーもついています)    2007-8-18
・同 車輪を下ろして点検中 前輪は浮いてます(後タイヤが駆動輪)2007-8-18
・モードチェンジ中車内 バス乗務員は網走バスの担当       2007-8-18
 
    (RRE) これはゲテモノ中のゲテモノで、正か実用化するとは思っていなかったので、意外でした。
勿論、DMVは見た事も無いし、牟岐線も阿佐海岸鉄道も未乗車なので、走り出したら一度行かねば
なりませんね。
 

一昨日の"撮れ撮れ"画像-近鉄大阪線・二上~関屋!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月19日(日)06時47分56秒
返信・引用
  一昨日5/17金曜日は、好天が期待されたのでまたまた近鉄・大阪線方面へ ♪
毎度毎度お馴染みの"関屋~大阪教育大前"で撮るのは余りにも芸が無いので、2年振りに1駅八木寄の
「二上~関屋」を訪問しました。
現地に着いてこれが大失敗と判明! もう夏草が背高く生い茂って線路際まで寄れないし、手前の上六行
電車は全く撮れないし、かろうじて向こう側の伊勢/名古屋行電車は撮れますがかなり草が邪魔です。
特急を中心に撮りながら少なくとも「しまかぜ」が来るまでは粘りましたが、連写の中から何とか
先頭部が草の間から顔を出したカットを貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

エポックメーキングな車両、施設!

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月18日(土)23時56分55秒
返信・引用
  近年の近鉄特急を振り返るとき、新時代を築いた立役者として外せないのが
アーバンライナー21000系でしょう。
スナックカー2両やビスタ10100系3両(1ユニット)でも空席が出る
位に低迷していた名阪甲特急ですが、その後の国鉄の度重なる値上げやスト
の影響で、安価で快適な近鉄特急が注目されて徐々に客足が戻り、その復調
から反転大攻勢の象徴として登場しました。

桜井のカーブ改良や信号のYG導入(ATS改修)、架線や軌道の改良等の
全社を挙げての最高速度向上プロジェクトの結果としての鶴橋-名古屋間2
時間切りを実現し、2+1列のデラックスシート導入(モノクラスから脱却)
オーディオサービスに車内販売と特急サービスの黄金期を築きました。

当初は6両中2両がDXでしたが、その後の更新時にDXは1両となり、中間
増結用2両ユニットと組み合わせて最大8両で名阪を中心に疾走中です。
(近鉄特急の最高速度は120キロから現在は130キロですが、名阪甲は津
停車や八木停車でやや後退した感があります。新特急が待ち遠しい・・・)

更新工事中の車両不足を補うために投入されたアーバンネクスト21020系
も貼っておきます。従来のアーバンがオールMの抵抗制御であるのに対して、
ネクストは3M3TのVVVFインバータ制御です。

・東青山を通過する21000系アーバンPLUS      2019-5-7
・三本松‐室生口大野を行くPLUS            2015-11-16
・室生口大野-榛原を行くネクスト(特急60周年マーク付) 2008-2-10
 
    (RRE) もう既にVVVFインバータ車の導入が進んでいた時期でしたが、「やはり特急車には冒険出来ない」との
判断の下に抵抗制御が採用されたのを覚えています。当社ではもう最後に近いカム式抵抗制御器の新設計
だったかも知れません。
その2年後の26000系「さくらライナー」でも抵抗制御が採用されましたが、当時、H社の人が「もうカム式制御器
を設計できる技術者が残っていない...」とボヤいていました。
 

先月4/24の夜ごはん-西宮・柏堂「山形牛焼肉 北山」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月18日(土)19時57分31秒
返信・引用 編集済
  先月4/24水曜日は、妻の誕生日 ♪
夜ごはんは、地元西宮・苦楽園から少し北方に上がった北山緑化植物園の向かいにある「山形牛焼肉 北山」
に予約して初めて行って来ました。
厳選された山形牛の貴重な部位を安く美味しく味わえるという評判のお店なので期待して行きましたが、
評判通りの落ち着いたお店で、盛合せのメニューやサイドメニューまで豊富です。
その中からちょっぴり贅沢して「山形牛特選赤身盛合せ」を頂きます。盛られたお肉毎に名前が振ってあり、
「カイノミ」に「イチボ」、「ヒウチ」に「クラシタ」、「クリミ」に「シャトーブリアン」と言われても
どの部位でどれ程稀少なのかサッパリ判りません。
何時も大衆焼肉屋やチェーン店でロースかカルビぐらいしか食べた事の無い我が家にとっては贅沢の極み
でしたが、舌の中でとろけそうなお肉の数々に声も出ませんでした。
"ぐるなび" のクーポンを持参すればグラスビールが人数分だけサービスとなったので、小生一人占め
出来たし、キムチ盛合せにチシャ菜、石焼ビビンバに冷麺等も頼んで、盛大な "お誕生会" となりました。
   https://kitayama-yamagatagyu.gorp.jp/

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

エポックメーキングな車両、施設!

 投稿者:moni5187  投稿日:2019年 5月18日(土)13時45分16秒
返信・引用
  当方は、近鉄10100系二代目ビスターカーを投稿いたします。
大阪寄り流線型がA編成。名古屋寄り流線型がB編成。両方貫通型がC編成。
連接構造の4台車ゆえの、独特のジョイント音でした。
本当はビスタカーだと知ったのは、もっと後になってから。

当時、構内放送でもビスターカーと言ってた気がします。
・伊賀神戸に到着するA編成、大阪上本町行き阪伊乙特急。1976年夏。

 
    (RRE) 近鉄特急の代名詞みたいな車両でしたね。
沿線でよく見かけましたが、学生の分際で特急なんてそう簡単に乗れる訳では無く、
結局、一度も乗らない内に廃車になってしまいました。
 

エポックメーキングな車両、施設(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月18日(土)06時01分22秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「エポックメーキングな車両、施設」に対する2回目の投稿です。

今回は地元関西の国鉄車両から「国鉄・キハ35系通勤型気動車」を紹介します。
キハ35系は、'61年の関西線湊町口を皮切りに'60年代前半に大都市近郊の非電化区間に投入され、
ラッシュ時輸送の円滑化に貢献しました。外吊式の両開扉にロングシートが特長で、キハ35系で統一
された編成は、当時の上クリーム、下朱色の国鉄色と相まって編成美が感じられました。
本来の通勤用途で使用されたのは関西線、川越線、筑肥線ぐらいでしょうか? 関西線電化以降は地方
線区での運用に移行し、他の一般型気動車と混用されていました。
関西線を中心とする'70年代活躍時のカットを、以下3枚貼っておきます。
・キハ35系 6連:'71/1/2 関西線・郡山~大和小泉
・キハ35系4連+キハ17系2連:'70/11/23 桜井線・天理
・キハ35系 2連:'75/5/24 奈良線・木幡

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月4/23の能勢電鉄!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月17日(金)06時53分24秒
返信・引用 編集済
  先月4/23火曜日は、「さよならHM」が掲げられていた能勢電鉄の1703Fを追っ掛けに行った日ですが、
前回報告した1703F以外のカットを紹介しておきます。
約2年振りの訪問なので、7200系には初めて出会いました。阪急時代とは編成構成が変更となったので、
新しい車両形式番号が与えられ、内装は豪華だし、VVVFによるPMSM駆動方式に変更されています。
阪急のお古とは言え、能勢電にこんな立派な車両が導入されるとは、隔世の感がありますね。もうすぐ
第二編成も登場する模様です。
5146Fには、GW中に開催される「のせでんレールウェイフェスティバル」の宣伝HMが付いていました。
妙見口~山下のチョン行には復刻塗装の5142Fが就いていました。新緑が眩しく、妙見口付近は何処を
向いても絵になりますね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

エポックメーキングな車両、施設!

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 5月16日(木)08時25分44秒
返信・引用
  トップページの弘南鉄道からはや半年経っているのですね。月日の経つのは早すぎますね。
今回は難しいお題ですね。小生は国鉄12系を貼らせていただきます。客レと言えば非冷房の木枠の窓が一般的だった頃、1970年万博輸送の臨時&団体用を低コストで凌ぐために開発された12系はその後臨時特急・急行などに使用されていましたね。クーラーの付いたこの車両にあたった時は儲けたなという感じでした。今も僅かに残っているようですが末永い活躍を祈りたいものです。
1972年秋頃、大阪駅の特急日本海のサボと方向幕・臨時特急しおじに使用された堂々の12連・1975.8阪和線のEF52の惜別運転にも使用されていました。
 
    (RRE) 新しいイメージの客車として颯爽と登場し、団体列車に臨時特急にと大活躍した印象が強いです。
それに比べて、赤い50系客車は非冷房で話題に上がる事も少なく、消えて行きましたね。
 

エポックメーキングな車両、施設!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月16日(木)06時41分43秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「エポックメーキングな車両、施設」に対する初投稿です。

まずは地元関西私鉄から「阪急2000代シリーズ」を紹介します。
'60年から'62年頃に登場した神戸線用2000系、宝塚線用2100系に京都線用2300系は、現在に至るまで
続く洗練された阪急スタイルのスタンダードとなりました。それまでの1000代シリーズは軽量車体の
高性能車であるにも関わらず、一見は鈍重そうな外観だったのに較べ、アルミサッシとアルミブラインド
を多用した眩しいばかりの新車に初めて乗った時の印象は鮮烈でした。
分巻界磁制御による定速制御機能が画期的で「オートカー」と称されましたが、昇圧や制御器更新と
共にその機能も廃止されました。'15年の2300系廃車にて阪急線内での運用は無くなり、現在では能勢
電鉄1700系として僅かに運行しているに過ぎません。
'70年代に本線で活躍していた頃の姿を、以下3枚貼っておきます。
・2000系:'70/11/8 西宮北口
・2100系:'74/5/29 石橋
・2300系:'72/2/15 上牧

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

我が家の庭!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月15日(水)19時28分34秒
返信・引用 編集済
  我が家の庭の草花が、丁度、今が見頃を迎えています ♪
半年ぐらい前に朽ち掛かっていたアーチや柵をやり替えると同時に庭もリハビリしてもらい、ついでに
花を植えて貰ったら、今月当たりから咲き始めました!
ジキタリスにサルビアネモローサ、ブルーカーペット、オルレアにオキザリスと、舌を噛みそうな名前
の花ばかりですが、毎日、目を和ませてくれます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

今週日曜の山陽本線・塩屋/朝霧!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月15日(水)06時24分56秒
返信・引用 編集済
  今週5/12日曜日は、夕方から明石で鉄友の皆さんとの「飲み会兼カラオケ大会」 ♪
早めに家を出て、山陽電鉄の「三宮・明石1dayチケット」を購入し、途中で駅撮りを繰り返し
ながら明石方面へ向かいました。
JR山陽本線もホームから撮れる「滝の茶屋」、「東垂水」に「大蔵谷」でも久々に狙いました。
昨年からずっと"貨物ちゃんねる"が不調で、WiFiが繋がらない場所では接続できず貨物ダイヤが
判らない中、適当に待っていたらカモレもそれなりにやって来たのでラッキーでした。
その内に柵が設けられてJRを狙えなくなるという噂の大蔵谷でも、未だ問題無く撮れました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月4/23のお昼ごはん-大阪・十三・漁師めし/亀王!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月14日(火)19時48分0秒
返信・引用 編集済
  先月4/23火曜日は、能勢電へ1703Fの"さよならHM"を撮りに行った帰路に、十三でランチ出来る店を
探しました。
馴染みの西口のしょん〇ん横丁をブラつくと、以前は"大瓶小町"という名の店がリニューアルされて
「海鮮創作居酒屋 漁師めし」という名でオープンしていたので、早速入りました。場所は「十三屋」の
隣、「平八」の向かいと言えば判る方には判りますね。
まずは、表の看板に出ていた「500円セット」を注文します。メガハイボール+天ぷら3種盛り+枝豆のセット
で、な、な、何と500円とは嬉しい限りですが、大ジョッキのハイボールはそう簡単には飲み干せません。
続いて「鯨すじ肉」と「砂ずりニンニク焼き」を頼みますが、量も僅かだし、新しい店で他にお客も少なく
何だか活気が感じられないので、〆は店を代える事にしました。

これまた馴染みで近くの「九州らーめん 亀王」に入って、"にんにく直球勝負"という言葉に惹かれて
「昔味 力」をオーダ したら、出て来た醤油ベースのラーメンにはベックラ!
右半分の白いのは全てニンニクのカケラで、その量は半端ではありません。ニンニクが効き過ぎて辛くて、
スープもとても全部は飲めません。
帰宅した日も翌日も身体中の毛穴という毛穴全てからニンニク臭が湧き出し、家族から総スカンでした。 

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

薫風に撮り鉄(その3)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月14日(火)10時56分15秒
返信・引用
  一気に真夏のような気候になったかと思ったら、梅雨を思わせる曇天
になったりとなかなか「薫風」にはなりませんね。

名古屋線の車窓から見ていて一度行ってみようと思ったのが伊勢鉄道
の高架橋です。地図を見ると、東一身田のすぐ北側、次駅の河芸まで
の一帯が水田地帯でよさそうです。
(近鉄なら高田本山から徒歩、津駅から三交バス北部市民センター)

建設当時はローカル線に分不相応な立派な高架橋で赤字の上塗りと批
判され、キハ30等のローカルと少数の優等列車が行き交う線でした。
当然、線区収支は芳しくなく、三セク化して現在に至りますが、今は
短絡線として「快速みえ」や「特急南紀」が走り、鈴鹿サーキット臨
の大輸送の使命もあり、国鉄時代よりも存在感があります。もっとも
普段のローカルは相変わらず単行ですが。

・JR東海キハ75「快速みえ」 河芸-東一身田 2019-5-11
・伊勢鉄道 イセⅢ単行ローカル 河芸-東一身田 2019-5-11
・河芸を通過するJR東海キハ85「特急南紀」  2019-5-7
 
    (RRE) この辺りは近鉄しか利用した事が無いので、恥ずかしながら未だに伊勢鉄道は撮りに行った事も
乗った事も無いのです。
四日市駅付近で撮っている際に、乗り入れて来る伊勢鉄道のDCを見たのが唯一の例かも。
 

先月3/21の近鉄・大和西大寺!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月14日(火)06時17分53秒
返信・引用 編集済
  もう先々月の事になってしまいましたが、3/21木曜日は鉄仲間と共に近鉄奈良線・額田の線路端で2013系
"つどい"の「大和野菜列車」を撮る前に、少し早めに家を出て大和西大寺で暫し「時間潰し鉄」しました。
僅か30分ほどの間に特急がバンバン7本もやって来たので、飽きる暇がありません。
雨上がり直後なので冴えない色調だし、単なるホーム端での"駅撮り"定点撮影ですが、12200系、22000系
に30000系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

薫風に撮り鉄(その2)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月13日(月)11時05分29秒
返信・引用
  この時期は青々とした山々や満々と水が張られた水田をバックにゆっくり
撮り鉄するのが楽しい季節ですね。

名古屋線の沿線には平坦で開けたところが多いので、駅に近いポイントを
開拓しようと出かけました。目を付けたのが鈴鹿線が分岐する伊勢若松で
ここは駅から近く、一面の田畑が広がっています。
鈴鹿線は日中30分ヘッドで1編成が往復しています。この日は2000
系(ビスタ10100系の機器流用車)ラッピング車が入ってました。
本線もローカルは2連や3連で、のんびりしたものです。耕作放棄区画や
畑がないので、田んぼの水がもう少し満々ならよかったのですが・・・

・鈴鹿線のケーブルテレビ「アートライナー」 伊勢若松-柳   2019-5-10
・麦畑を行く名古屋線ローカルの1201系  伊勢若松-千代崎 2019-5-10
・麦の青と赤色ISL            伊勢若松-千代崎 2019-5-10
 
    (RRE) 鈴鹿線は確か未乗車のはずです。名古屋線は、普段訪れる大阪線とは異なる車両
も多いので一度沿線でじっくり撮りたいのはやまやまなのですが、何時も内部線、養老線に
三岐線が中心となってしまい、殆ど機会がありません。
 

島原鉄道

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 5月13日(月)08時40分35秒
返信・引用
  島原鉄道も更新拝見しました。小生が初めて乗車したのは1975.3月のKG鉄研合宿時でした。
当時から私鉄の気動車は大好きで車庫見学では十分撮影させていただきました。
車庫以外ではほとんど撮らずに終わったのが悔やまれます。その後の訪問は平成に入り南半分が廃線になる直前でしたので覚醒の感がありました。17系DC時代は全く見ることなく終わりました。1975年は26・55系以外は古参の車輛がまだたくさんありましたが実際稼働できたかはわかりません。写真はキハ201・253(所謂キサハ)ユニ212(これもキサユニかな?)キが付いていないのはエンジンが無い車両でしょう。
 
    (RRE) 小生が訪問した時よりも7年も前だから、車両も結構古い車両が残っていたのですね。
島原鉄道は南島原での車庫撮りばかりで、廃線になった南側の区間は未乗車だし、途中下車したり
沿線で走行を撮った事はホンの僅かしかないのが残念です。
 

先々週木曜の福井鉄道・浅水!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月13日(月)06時09分30秒
返信・引用 編集済
  先々週5/2木曜日は久々にえちぜん鉄道・勝山永平寺線を訪問しましたが、撮りたい場所が多くて何度
も途中下車をして繰り返したので、最後に福井鉄道に廻った頃には残り時間が僅かとなっていました。
えちぜん鉄道と接続する田原町から急行に乗り込み、前面展望を注視しながら専用軌道区間で最後の
撮影地を探しますが、「赤十字前」も「ベル前」も撮れそうにありません。
漸く「浅水」で前方の武生寄りに線路の両側が開けた場所が見えたので、帰路の"サンダーバード"の
予約時間が迫る中、ワンチャンスに賭けて下車しました。
完全な水鏡にはなりませんでしたが期待以上に長閑で良い場所で、770形、880形にF1000形と一通り
撮れ、おまけにえち鉄のL形 "キーボ" もゲット出来て大満足で福井を後にしました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

関西本線名古屋口の貨物列車

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月12日(日)11時57分22秒
返信・引用
  ちょっと前まではDF200の方が限定運用といった感じでしたが、
最近はすっかり主従逆転した感じです。
何と言っても、存在感があったDD51重連運用が消え、例の末広
可動橋を行くセメントシャトルもDF200運用がスタートしてます
(代走でDD51も入っているようです)ので、なおさらです。
もっとも、仕業数は半々でも、臨時貨物の運休や代走などで入乱れて
いますが、巨大なDFは単機でも堂々たる存在感です。

・消えたDD51の重連石油タキ運用  朝明(信)‐桑名  2018-5-29
・コンテナ列車を単機で引くDD51  春田       2017-4-16
・DF200が単機で引く石油タキ列車 朝明(信)‐桑名  2018-5-29
 
    (RRE) 羨ましい! 目に毒な画像です。
あの末広可動橋には一度撮りに行った切りで、そのついでに四日市駅付近で撮ったのが唯一の撮影行です。
 

最近の"スキャン鉄"-'82年7月・島原鉄道!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月12日(日)06時25分39秒
返信・引用 編集済
  最近の"スキャン鉄"から、'82/7/31に訪問した島原鉄道・南島原でのカットを貼っておきます。
ずっと以前に弊サイトに「島原鉄道」のアルバムをアップした際には、めぼしいコマを数カット
のみスキャンして掲示しただけだった模様です。リバーサルの格納ファイルを見返してみると、
結構貴重な画像も多数未スキャンのまま残っていたので、これを機会に全コマをスキャンしました。
キハ2001とD3701、キハユ1702を貼っておきます。
ついでに下記の弊アルバムも、追加画像を大幅に増やしてマイナー更新しました。
   http://rre.ninja-web.net/prvrc/simabara/sbr1.htm

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月4/19のお昼ごはん-苦楽園口・大正庵!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月11日(土)19時52分22秒
返信・引用 編集済
  先月4/19金曜日のお昼ごはんは、JR山陽線・須磨や山陽電鉄・須磨で "駅撮り" を楽しんだ後、地元
近くまで戻り、阪急・苦楽園口駅前の馴染みの蕎麦屋「大正庵」に入りました。
これまで何百回となくこの店で食べて来ましたが、最近、店の前に張り紙が掲示され、このGW限りで
突然の閉店との知らせがありました。
そこで今回が最後の名残りの訪問と思い、これまで慣れ親しんで来た思い出のメニューを頼みます。
まずは、「ホタテの天麩羅」と「夙川豆腐」を頼み、ビールで流し込みます。お次は、具沢山の
「おかめ蕎麦」を戴いて、最後のお別れとしました。
何時もは席に座るなり運ばれて来たサービスの "蕎麦チップス" が出て来なくなったのが、寂しさを
一層募らせました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月4/9の京福電鉄・嵐山線!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月11日(土)06時54分49秒
返信・引用 編集済
  もう季節外れの画像となりましたが、先月4/9火曜日の嵐電での "花見鉄" をもう少し貼っておきます。
この日は京福電鉄・北野線の「桜のトンネル」を始め沿線で満開の桜と絡めて撮影する前に、西院から
嵐山線経由で向かいました。その途中、山ノ内で道路沿いの桜を見掛けたので、思わず途中下車 ♪
路面区間なので車が来たり、意外と通過速度が速かったりして、なかなか上手く撮れません。
帷子ノ辻のホームの傍らの桜も見事だったので何本か見送って記録しましたが、京紫の車体色は結構
"桜鉄" にも似合いますね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

新旧出会い(その2)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月10日(金)22時35分29秒
返信・引用 編集済
  ちょっと名古屋線に出かけたついでに関西線も撮影しました。
この3月の改正から、愛知区運用でDD51+DF200という
新旧の重連が走っている、というので八田でキャッチしました。
この日は牽引するタキも短く、DFはぶら下がっているだけのよう
でした。(まあ、回送を兼ねた重連なのでしょうね)

・JR貨物塩浜行(四日市まで前DD51) DD51+DF200 八田 2019-5-10
 
    (RRE) もうDD51の運用の半分ぐらいはDF200に置き換わってしまったのでしょうか?
四日市や桑名方面に偶に出掛けても近鉄を追う事に必死で、貨物のDLまでとても手が回りません。
 

最近の"スキャン鉄"-山陽電鉄・須磨・'72年7月!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 5月10日(金)06時46分54秒
返信・引用
  最近の "スキャン鉄" から'72/7/14に撮った山陽電鉄・須磨を貼っておきます。
この日は土曜日で午前中に期末試験が終わったはずで、ネガを確認すると一旦帰宅後に自転車で
阪神西宮駅に向かい、野田で国道線の車庫を訪問した後、未だ未だ時間と元気があったのか、自宅
の西宮を通り越し逆方向に山陽須磨まで行って "駅撮り" した模様です。
現在でも飽きずに毎年通っている小生お気に入りの場所で、当時は阪急/阪神/山陽とまとめて
記録出来る貴重な場所として重宝していました。
この日はピカピカの新車冷房車である3050系や、元ロクサンの700形車体更新編成がやって来たり
して、収穫大でした。270形も貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

新旧出会い!

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 5月 9日(木)23時33分59秒
返信・引用 編集済
  RREさん、こんばんは。10連休の最終日、6日の夜に帰国しました。

お題の、「新旧出会い!」に使えそうなトラムの写真3点を投稿させていただきます。

1枚目は、ボランティアベースで月に1日だけ開館するドレスデントラム博物館。
左は戦前からの2軸車、右は旧共産圏の標準型、チェコスロバキア製タトラカーの東ドイツバージョンT4Dのオリジナル。大半の車両が動態保存のようで、この日はタトラカーにオープンデッキ車を連結して庫内での入れ替えを行っていました。博物館の展示車両は新旧出会いが当たり前で反則ですかね。

2枚目は、トラム博物館に隣接する営業車の車庫です。左はドレスデンのトラムの主力車、ボンバルディアのフレキシティ・クラシック。車軸のある台車の方が低コストでメンテが楽なのか、前後の車両の動力台車部分だけ、車内の床が1段高くなっています。他型式では全低床車もいますが、信用乗車方式なら部分低床車でも問題ないのか、こちらが主力です。
隣に並んでいるのはタトラカーT4Dの更新車。低床車の導入により2009年に全廃になったはずなのに4重連が2本、パンタを上げて待機中。トラム博物館の開館に合わせてこれが市内を運行!?と一瞬期待したのですが、博物館のボランティアに聞こうにも英語が全く通じません。あとでネットで調べると、朝夕ラッシュ時の増発のために、ごく最近タトラカーを復活させたようで、現役車両です。日本なら廃車後すぐに解体するでしょうが、よく残してありました。主要型式は博物館に動態保存されており、日本と違って余裕がありますね。残念ながら出庫するであろう夕刻には、ICEに乗ってフランクフルトに向かっていました。

3枚目は、ICEのラッピングのフレキシティ・クラシックとすれ違う、旧型車MT編成のアップルワインエクスプレス。車内でリンゴ酒(シードル)を飲みながらフランクフルト市内を巡る電車で、車両は広島電鉄のハノーファー車とほぼ同じです。2011年に乗った時の様子は、
https://tabinosyasoukara.yu-nagi.com/applewinetram/applewinetram.html
に掲載しています。
フランクフルトでも、期間限定で土日の夜に旧西ドイツを代表するデュワグカーを運行すると、停留所に時刻表示がありました。ボンバルディアの部分低床車とシーメンスの全低床車に統一され、面白みのなくなったフランクフルトに、リンゴ酒電車に加えて「新旧出会いが!」が再現されたようですが、運行最終日の日曜の夕刻には、もう帰国のために空港でした。

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) まあ、鉄道博物館は新旧車両を並べて展示してある場所だから、写真が撮れて当たり前ですね。
それにしても欧州では由緒ある車両を展示、もしくは動態保存している例が多く、魅力的です。
広島も土佐も福井も海外から古典車両を導入しましたが、それ程活躍している訳では無く、残念です。
 

薫風に撮り鉄

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 5月 9日(木)22時06分25秒
返信・引用 編集済
  空前絶後の10連休も終わり、世間はお疲れモードのようです。
いつも思うのですが、実はGW終了後から梅雨入りまでの間が絶好の
お出かけシーズンだと思います。お勤めの方や学生さんは出られない
ので交通機関もすいてますし気候も絶好で乗り鉄にも撮り鉄にも最適
ですね。

ということで、撮り鉄活動として大阪線でしまかぜを撮りました。
新緑の山がたいへんきれいで、田植え直後の田んぼも季節を感じさせ
ます。

・新緑の東青山を通過するしまかぜ  2019-5-7
・志摩線の定番ポイントを行く    2019-5-8 船津-志摩赤崎
・田植え直後の水鏡 曇り空が残念! 2019-5-9 名張-桔梗が丘
 
    (RRE) 地の利を生かして緑の結構多い場所で撮っていて、羨ましいです。
鳥羽や志摩は家族旅行で何度も行っていますが、じっくりと撮りに行った事は無く、
何時も関屋か国分でお茶を濁しています。
 

レンタル掲示板
/225