teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:521/11593 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平成を潜り抜けた昭和の車両(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 4月13日(土)06時17分32秒
  通報 返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「平成を潜り抜けた昭和の車両」に対する3回目の投稿です。

今回も地元の関西私鉄から「近鉄・30000系二階建特急車」を紹介します。
近鉄30000系は、"新ビスタカー" 10100系の後を継いで'78年に登場した"三代目ビスタカー"であり、
近鉄伝統の二階建展望車を引き継いで登場させた事が非常に喜ばしかったです。
'96年以降は"ビスタEX"としてリニューアルされ塗装色も変更され、現在は更に殆どの編成が新特急色
に移行されました。登場時の先頭車の外観は "サニーカー" 12400系/12600系とほぼ同等であり、あまり
斬新なイメージが薄く、むしろリニューアル時の白帯の入った姿の方が明るくて好ましく感じました。
バリアフリーが叫ばれる昨今の状況を勘案すると、今後は "四代目ビスタカー" が登場する可能性は
薄い様に思われますが、未だ未だ活躍して欲しい車両です。
オリジナル塗装の頃の画像を以下3枚貼っておきます。
・'81/8/1-大阪線 今里
・'89/1/5-橿原線 西ノ京~尼ヶ辻
・'86/7/31-志摩線 鳥羽~中之郷

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 
 
》記事一覧表示

新着順:521/11593 《前のページ | 次のページ》
/11593