teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:362/11340 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新作拝見しました

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 3月 8日(金)23時21分29秒
  通報 返信・引用 編集済
  RREさん、こんばんは。いつもご案内いただきありがとうございます。

1966年の名鉄3780系の登場時は薄紫一色。5000型などのクロスシート車もマルーンとクリームの塗分けから薄紫に変更し始めたところで、評判が悪かったのか短期間でクリームに赤帯の豊橋鉄道色に再度変更になり、薄紫の期間は短かったのでは。

登場翌年の写真があるのですが、モノクロでは色がわかりません。試しに、モノクロ写真をカラー化するネット上のサイトで試してみたところ、薄紫ではなくクリーム一色にされてしまいました。AIが豊橋鉄道色を学習しているのでしょうか。

私の野上電鉄はRREさんの10年後。富山地鉄5000型のステップを切った10型が、閑散時単行運転の主力になっていた80年代半ばの訪問です。うれしことに卵型の24号も含め、まだまだ阪神の旧型車が健在でした。

KTMコミューターは2002年のクアラルンプール訪問時に乗りました。当時は南ア製の2扉車と韓国製の3扉車が主力で、オーストリア製も見かけた記憶があります。

タイ国境のパダンブサールからクアラルンプールを経て東海岸線が分岐するグマスまで電化された2015年に、中国製の高速電車ETSとインド製DLが重連でけん引するインターシティーでマレー半島を縦断しましたが、車窓から見かけるKTMコミューターは中国製と思われる3扉車が主体で、韓国製3扉車も残っていましたが、南ア製は留置線で廃車体をさらし、オーストリア製はもはや影も形もありませんでした。

1967.8 金山橋
1986.2 日方
2015.12 ラワン

http://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) ご訪問ありがとうございます。
小生は名鉄3780系の薄紫塗装は、鉄道ファン誌の新車紹介記事で見た程度でした。
クアラルンプールのKTMコミューターは、訪問時にホテルから車庫のあったSentul駅
まで毎日利用しました。丁度Class83型の搬入整備をしていた頃で、試運転に添乗の
予定だったのが運悪く事故が何かで中止になったり、クアラルンプール駅に荷物を
預けて"撮り鉄"しようとした所、荷物預かり所が見つからず断念したり、殆ど撮る
機会が無かったのが残念でした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:362/11340 《前のページ | 次のページ》
/11340