teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:40/10721 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

歴史的建造物と名車

 投稿者:大ヨト  投稿日:2018年10月23日(火)19時15分30秒
  通報 返信・引用
  鉄道の名建築となると駅舎でしょうが、昨今は再開発や高架・地下化で消えていく一方ですね。
さらに、駅舎と列車を同一画面に収めるとなると難しく、対象は限られますね。
近鉄では、宇治山田や橿原神宮前の駅舎が有名ですが、ちょっとマイナーながら吉野線の歴史的構造物も含めて紹介します。

まずは大和上市・吉野神宮間の吉野川橋梁です。弓型トラスのない上路式の高さのある橋梁です。吉野鉄道の吉野延伸時(1928年)にできた「歴史的鋼橋(土木学会)」です。

もう一つは同じく1928年に建てられた、吉野神宮駅舎です。切妻に煙抜きの2連の丸穴が目に付く大和棟の木造駅舎で、吉野出身の建築家である岩崎平太郎の設計です。(吉野駅舎もあまり注目されませんが同様の意匠です。)小さな駅ですが、元は駅長所在駅でした。

ちなみに、橿原神宮前の中央駅舎は村野藤吾設計の大きな駅舎(1940年建築)ですが、設計に際してはこの岩崎の大和棟を参考にしたといわれています。吉野神宮駅舎が橿原神宮前のミニ版と思われがちですが、こちらが「本家」です。

・吉野川橋梁とさくらライナー26000系       2018-10-21
・吉野神宮駅と青の交響曲16200系         2018-10-21
・吉野神宮駅改札口 天井の意匠にご注目ください 2018-10-21
 
    (RRE) 「近鉄愛」に溢れる画像、ありがとうございます。
"さくらライナー" はなかなかスッキリと色が出ず、撮るのに苦労しますが、良い光線状態ですね。
この鉄橋は北側からも南側からも何度か撮った事があるし、車両も映え見栄えも良い撮影場所と
思います。でもその殆どが車利用でした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:40/10721 《前のページ | 次のページ》
/10721