teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


東の旅 High Railとローカル電車乗り鉄(その2)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 9月24日(火)11時58分14秒
返信・引用
  小海線の画像をもう少し貼ります。

主力はキハ110で、2連が基本のようです。
こちらは純粋の気動車ですので、勾配区間ではパワー全開といった走行です。
西日本にはこんなパワーがあって乗り心地の良い「ゴージャス」なローカル線
向け気動車はないので、うらやましい限りです。
JR線で標高が最高の「天空に一番近い駅」野辺山も下車してみましたが、9月
の平日の昼間とあって、山歩きの中高年グループが去ると静寂そのものでした。

なお、行楽期の週末や休日にはキハ110を改装した「High Rail1375」と
いう編成が臨時列車で小淵沢口から運転されています。

・キハ110の2連               2019-9-5 中込
・JR最高峰の駅 野辺山 標高1245.67m 2019-9-5
・C56保存機 よく手入れされています     2019-9-5 野辺山駅前
 
 

東の旅 High Railとローカル電車乗り鉄

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 9月24日(火)11時14分5秒
返信・引用 編集済
  今夏は大雨や台風で遠出のタイミングをすっかり逃してしまいましたが、
青春18の期限切れ前に東方面へ行きました。

まずは、High Railこと小海線です。ここだけの配置の「電気式気動車?」
キハE200を追いかけて小諸側から駅撮りしつつ小淵沢へ行きました。

キハE200は2個モーターの「電車」で、発進時や停車時のエアコン等
はバッテリー駆動、その後ディーゼル発電機駆動に切り替わるという方式
なので、大変静かです。静々と発車し、ある程度走ったらやおらエンジンが
グイーンと起動して加速、ノッチオフするとエンジンが停止してシーンとなり
ます。車内にはモニタディスプレイがあり、駆動電力の流れがリアルタイムで
表示されるので面白いです。
ブレーキは回生制動で、バッテリーを充電します。
問題は保守性、ランニングコストですが、どうなのでしょうか?

・折返し準備中のキハE200 屋根上にも機器あり 2019-9-5 中込
・車内 車内にも機器スペースがあります      2019-9-5
・1日1便の小淵沢行の折り返し列車        2019-9-5 甲斐小泉
 

今月9/3の井原鉄道!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月24日(火)06時49分41秒
返信・引用 編集済
  今月9/3火曜日の岡山訪問では、吉備線を "乗り鉄" して暫し総社駅で "駅撮り" した後、
12年振りに「井原鉄道」に乗換えました。
前回と同様、総社から神辺へ向けて乗り通しただけですが、全線立体交差で高架区間が続き、
車両も軽快な乗り心地で楽しめました。途中、昨年の7月豪雨で浸水による大被害を受けた
真備町を通りましたが、その悲惨だった爪痕はあまり確認出来ませんでした。
吉備真備と御領で交換した後、終点の神辺に到着しましたが、暫くすると福山まで乗入れた
列車が帰って来る時間帯だったので、これもゲット出来て効率良く撮れました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

本日の越木岩だんじり祭り・地車巡行!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月23日(月)19時40分11秒
返信・引用 編集済
  昨日9/22日曜日は地元苦楽園の越木岩神社を中心とする越木岩地区の「だんじり祭り」で、
地車が巡行する日でした。
毎年、詳細な運行経路と巡行時刻表の案内が事前に連絡あるので、家の前を通るのを心待ち
にして、お囃子の音が聞こえ出すと同時にカメラ片手に家を飛び出しました。
だんじりを牽く若い男性が年々減っていく模様で、子供会のメンバーや女性陣も加わって
華やかだし、だんじりの上ではお姉さんが鐘や太鼓の音に合わせて威勢よく舞っています。
今回は阪急苦楽園口駅前の踏切でタイミング良く待合せとなり、ツーショットが撮れました。
架線との距離がギリギリなので上に乗っていた人も降りて、駅長さんが心配そうに見上げて
います。漸くこれで寝苦しかった今年の夏も終わり、秋の到来を感じさせますね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

本日の撮れ撮れ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月23日(月)18時23分23秒
返信・引用
  本日はドン曇り&小雨&強風の中、南海のめでたい電車が3色揃って難波まで臨時で来るので萩ノ茶屋で撮影しました。ホームには30名位同好の士がいたと思います。帰りの電車に乗るとオレンジラインのマイトレインが追いかけてきて最後部から撮影出来ました。  
    (RRE) 流石、豪雨衆だけにこんな台風の中でもお出かけですか!
「めでたい電車」は先々月の加太線や和歌山訪問で狙って撮りましたが、難波までやって来るとは
全く知りませんでした。 マイトレイン? これって何ですか?
 

老雄 そのⅣ !

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月23日(月)18時15分42秒
返信・引用
  老雄の4回目は小生の実家のあった平野区内を走ったEF52です。阪和貨物線では専ら貨物牽引に徹してS50.8に全機廃車となりました。近くを走っていたのにほとんど撮らずに終わりました。最後は急客機らしく臨時きのくにを天王寺ー和歌山間をHMを付けて走りました(S50.8.24鶴ヶ丘)その他も中途半端な駅撮りばかりでS45.9和歌山駅のEF52-4・S47.5鳳駅のEF52-4です。  
    (RRE) EF52は、和歌山と山中渓で偶々撮れた程度でした。
当時は貨物ダイヤ情報など無かったし、出会えればラッキーてな感じでしたね。
 

老雄!(その2)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 9月23日(月)15時03分44秒
返信・引用 編集済
  紙焼き写真の安物スキャンで不鮮明ですが3枚貼ります。

まずは阪急京都線の100型、元新京阪P-6です。
千里万博後も本線の普通や嵐山、千里線で活躍してました。

次は、飯田線の旧型電機のED18とED19です。
豊橋側が流電とEF10の活躍の場でしたが、駒ケ根や伊那松島あたりは
小型の輸入電機が老体に鞭打って大活躍でした。
クハユニやクモハユニといった合造車が行き来し、駅もまだほとんどが有人でした。

・阪急100型 左は河原町~十三!の普通 1971-4-18  桂
・飯田線のED18(ED17改)     1975-12-27 駒ケ根
・ 同  ED19            1975-12-28 駒ケ根

※キャビネの紙焼き写真が出てきたので、手っ取り早くインクジェットプリンタ兼コピー
のスキャナ機能でJPEG変換してみました。元の写真の画質によりますが、この程度です。
はやく本格的に画像のデジタル化を進めねば・・・
 
    (RRE) おぉ~! 待望の"あの頃"の画像に感激です。
それにしても、ネガからスキャンしないの?
 

今月9/6の阪急宝塚線・山本~雲雀丘花屋敷!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月23日(月)06時13分55秒
返信・引用 編集済
  今月9/6金曜日は、好天ながらも特に行きたい場所や撮りたい車両も思いつかず、久し振りに
阪急宝塚線の山本~雲雀丘花屋敷間に行きました。
山本駅の東側には直線区間が続き、踏切が数ヶ所あって緑豊かな場所なので、これまで何度も
撮りに来たお気に入りの場所です。
運良く1000系「SDGsトレイン」がやって来たし、地元神戸線では見掛けない5100系や6000系
にも出会えるので、丁度手頃な "暇潰し鉄" として楽しめました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

本日のお出掛け-苦楽園口・galerie6C・アント模型展示会!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月22日(日)19時34分21秒
返信・引用 編集済
  本日9/22日曜日は、地元阪急苦楽園口駅前のギャラリー「galerie6C」にてアント模型の展示会
「ANT TEN」が開催されているので、早速観に行って来ました。
車両基地構内の移動機 "アント" に特化して模型を作り続けている松山秀太郎さんのペーパー
モデルをずらり60台程度展示したもので、非常に見応えがありました。
5年前にもこの同じギャラリーで展示会が有った時にも来ましたが、当時中学生だった松山さんも
すっかり成長しており、今回はスケールアップして1/80サイズとなりその精密さが伺えます。
実車を調査した際の寸法測定メモが壁に所狭しと貼り付けられており、その苦労が偲ばれます。
現在もアント工業の全機種網羅を目指して大体2週間に1両ぐらいのペースで作り続けておられる
模様で、それでも新機種の開発やマイナーチェンジの車種の登場等があるため、達成までには
気が遠くなる程の年月が必要との事で、今後の活躍に期待したいものです。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

老雄 そのⅢ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月22日(日)18時25分32秒
返信・引用
  老雄の3回目は近鉄南大阪線の車両です。S49.5.18古市と道明寺駅です。この頃近鉄の車庫巡り(KG鉄研での見学会)が何回か開催されすべてに参加しています。今では任意団体では車庫見学は中々させてもらえませんね。
古市駅のホームから撮った6682の荷電と65型電気機関車・道明寺駅の6692Fです。武骨な車体は老雄にふさわしいと思います。
 
    (RRE) 当時の近鉄は武骨な古典車両の宝庫でしたね。
車庫は何処でも記帳するだけで簡単に見学出来たし、大学鉄研時代には若江岩田に行った以外は、
個人で西大寺に高安、上野市や富吉にも訪問したのが良い思い出です。
 

老雄(その2)!

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 9月22日(日)10時08分21秒
返信・引用 編集済
  気動車で老雄といえば、戦前の機械式でしょう。

国鉄(鉄道省)で量産されたのはガソリン動車キハ40000、41000、42000で、戦後はディーゼル化され、キハ40000を除いて型式称号の改正でキハ04~07になります。

国鉄では機械式の気動車に乗ったことはありませんが、向日町運転所に職員の通勤用として残っていた、生きているキハ06に出会いました。

全国各地の私鉄には数多く払い下げられ、開放的な運転室で足でクラッチ、左手でブレーキ、右手でアクセルとシフトレバーを操る運転士さんに見とれていたこともあります。

連結運転ではそれぞれの車両に運転士が乗り、先頭車からのブザーでタイミングを合わせてギヤチェンジをしていました。写真の江若鉄道は、ハフ(キサハ)を牽いているので、運転士は1人で、終点で機回しして付け替えます。

総括制御が可能な液体式に改造されたものもあり、写真の筑波鉄道のキハ461はキハ41307に復元されて大宮の鉄博にいますが、写真に撮ってきた運転室を見るとキハ20のような制御器が付き、シフトレバーがないので、残念ながらオリジナルの姿ではないようです。

国鉄のキハ06 1967/5 向日町運転所
筑波鉄道キハ461(もと国鉄のキハ04) 1986/8 真鍋機関区
江若鉄道キハ23(もと国鉄のキハ07) 1969/9 近江舞子

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) 小生は残念ながら国鉄に残存している機械式気動車には出会った事がありませんが、数多くの非電化
地方私鉄、例えば茨城に紀州、片上や水島臨海等では乗ったり撮ったり出来たのが良い思い出です。
 

先月8/22の名鉄本線・豊橋~伊奈!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月22日(日)06時57分1秒
返信・引用 編集済
  先月8/22木曜日の豊橋訪問では、豊橋鉄道・渥美線の後は飯田線・下地~小坂井間に向かいました
が、勿論、線路を共有している名鉄本線も撮りました。名鉄は下地等の小駅には停まらないので
駅間では豊橋~伊奈に相当します。
飯田線も走っているので名鉄はせいぜい一時間に4本位の運行かと思っていましたが、特急や急行も
頻繁にやって来て合わせて何と6本も走っているのですね。
休む暇も無く忙しかったですが、名鉄の車両もスッカリ変わりました。どうも違和感を覚える塗装
編成ばかり来るし、新しい形式が増えて大きく車番が表記されていなければサッパリ覚えられません。
1000系、1200系に3300系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

老雄 !

 投稿者:新さん  投稿日:2019年 9月22日(日)06時51分26秒
返信・引用
  小生の鉄道趣味の原点ともいえる地元関東の名車、京急230形の最後の姿です。
1978.3.21  井土ヶ谷-弘明寺 271

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) 窓が大きくて素敵な名車でしたね。
小生が撮ったのはホンの数回で、琴電譲渡後も正面駅撮りのみだったのが残念です。
 

老雄 !

 投稿者:moni5187  投稿日:2019年 9月22日(日)01時36分45秒
返信・引用
  当方は、近鉄時代の伊賀線の老雄を投稿いたします。
5000系の導入が始まり、ラストランが近づく大正生まれのモニ5181系です。
当地では、GWに田植えをします。田が鋤(す)かれて苗代の苗が育っているので、
その直前かと思われます。前々回投稿分の後追いです。
・伊賀神戸行き。モニ5181+モニ5182。伊賀上野>新居。1977年春。

 
    (RRE) この頃の伊賀線は、電化当時からの老雄に加え養老線や南大阪線からの転入車など、
様々な形態の車両で楽しめましたね。
旧型車活躍の時代は'74年に1回訪問した切りで、再訪問はウン十年後でした。
 

老雄 そのⅡ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月21日(土)13時39分4秒
返信・引用
  老雄の2回目はちょっと間が空きましたが貴兄が貼られた近鉄の良き時代の養老線の電車から
元南大阪線で『かもしか号』として活躍したモ5821型の2連(1974.5.4大垣)
西大垣車庫で同じ日に撮った元関西急行電鉄モハ1が近鉄に吸収され名古屋線狭軌時代に6301型となり同線改軌の後に再度狭軌の台車に振替られ養老線の5301型に形式も変わりました。整った形の車体でした。最後に元吉野鉄道から南大阪線時代を経て養老線に転属した6508型です。窓配置に吉野鉄道を感じさせますね。
 
    (RRE) 養老線は近鉄の中でも古風豊かな老雄が集結していましたね。
小生が西大垣を訪問したのはその翌年の'75/7で、似た様な画像を撮りまくりました。
でもその後は何故か行く機会が無く、再訪出来たのはウン十年後でした。
 

老雄(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月21日(土)06時51分14秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「老雄」に対する2回目の投稿です。

今回も前回に引き続き、地元関西私鉄の中から「近鉄2200系・2227系電車」を紹介します。
近鉄2200系と2227系(新2200系)は、上本町~宇治山田間を結ぶ参宮急行電鉄が製造した
我が国初の本格的な長距離急行電車で、33‰の急勾配が連続する布引山地をものともせずに
疾走した名車でした。
戦後の特急創設時には座席指定特急車両として整備され、特に宇治山田寄りに連結された
デトニ2300形にはコンパートメント室が設けられ、一般車格下げ後もその姿を留めていた
のが嬉しかったです。
小生が出会った'70年代中頃までは主に大阪線の急行を中心に運用されていましたが、4扉
固定クロス車の2600系・2610系の増備に伴って次第に廃車が進み、引退してしまったのが
残念でした。
'70年代に最後の活躍をしていた頃の姿を、以下3枚貼っておきます。
・2227系 2237他4連:'71/2/2 大阪線・布施
・2200系 デトニ2302他5連:'70/8/2 大阪線・大和八木
・2200系 2216他5連:'72/1/15 高安車庫

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の"撮れ撮れ"画像-神鉄有馬線・谷上~箕谷!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月20日(金)06時25分58秒
返信・引用
  昨日9/19木曜日は朝から好天だったので、何と今年になってもう5回目の神鉄沿線へ ♪
丁度この期間はおもてなしメニュー引換券付きの一日乗車券「神鉄おもてなしきっぷ」が
発売されているので、早速、新開地で購入して乗り込みます。少し山を登った鈴蘭台まで
来るともう風が吹く度に冷え冷えして、半袖で出掛けた事を後悔する程でした。
粟生線沿線は運行本数も少なく不便なので、最初は三田線方面に行くつもりでした。でも
有馬線の谷上~箕谷間で踏切が4ヶ所連続する区間が光線状態も良く上手く撮れそうだった
ので、夢中になって踏切毎に撮り歩いている内に時間を喰ってしまい、此処で打切りでした。
この日は有馬・三田線方面には1000系列は1本も運用されておらず淋しかったですが、6000系、
5000系に3000系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

老雄!

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 9月19日(木)23時15分2秒
返信・引用
  国鉄の蒸気機関車で老雄といえるのは、大正生まれで動輪の数を表すCもDも付かないハチロクとキュウロクでしょう。古くても何かと重宝されて、国鉄に最後まで残った現役蒸気機関車は、追分機関区の老雄9600型でした。

キュウロクは国内のみならず、第二次世界大戦中に標準軌とメーターゲージに改軌して大陸に送り込まれた2両が、北京の中国鉄道博物館に保存されています。また台湾の苗栗鐵道文物展示館には、日本統治時代に台湾総督府鉄道が汽車会社に発注したハチロクのCT150型とともに、ちょっと珍しい日本の図面で米国に発注したアルコ製のキュウロクDT560型も。

花輪線の8620型 1969/8 竜ヶ森(安比高原)
宮津線の9600型 1969/4 甲山
台湾の米国製9600型 2010/11 苗栗

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) この辺りのカマになると、とりわけ老雄という言葉がピッタリですね。
九州の直方機関区に行ったら、構内がキューロクだらけだったのを思い出しました。
 

先々週火曜のお昼ごはん-総社「ベーカリー トングウ」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月19日(木)19時42分33秒
返信・引用
  先々週9/3火曜日のお昼ごはんは、総社で吉備線から井原鉄道に乗り換える時間を利用して
総社駅前でランチする店を探しましたが、昼呑み出来る様な居酒屋や駅前食堂も無く、それ
らしい雰囲気の "ひるぜんそば" の店をやっと見つけたものの何と定休日!
仕方なく「ベーカリー トングウ」というパン屋に入って、色々と人気メニューがある中から
「えびフライ」と「黒毛和牛メンチカツ」のコッペパンサンドを調達しました。
コンビニもビール自販機も見当たらないのでジュースを買ってガラ空きの井原鉄道の車内で
頂きましたが、見るからにボリュームたっぷりで少々胃に堪えたもののすこぶる美味でした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週火曜の伯備線・総社!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月19日(木)06時27分11秒
返信・引用 編集済
  先々週9/3火曜は、岡山から吉備線に "乗り鉄" して総社に着いた後、伯備線に乗って備中高梁
辺りにでも向かおうかと思いましたが、撮影効率も悪いし猛暑の中を移動するのも面倒なので、
井原鉄道への乗り換え時間を利用して伯備線・総社で "駅撮り" する事にしました。
上下の381系 "やくも" がやって来る時間帯だったし、湘南色の115系D-27編成にも運良く出会う
事が出来て、短い割には充実した時間を過ごせました。213系も貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

老雄!

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月18日(水)08時40分39秒
返信・引用
  お題が変わり、老雄の初回投稿は国鉄時代に153・165系の新快速の後継車として大阪急電色で華々しくデビュウした117系です。大阪駅での同車展示会にも行きました。従来のボックスシートではない転換クロスシートを備えた素晴らしい電車の登場とワクワクした記憶があります。登場してからはや40年経ちますね。今も京都付近や岡山付近で僅かながら現役で運用されています。紀勢線・和歌山線では今年の3月の改正で運用がなくなりました。1980.5登場間もないころの新快速運用(高槻ー山崎)・抹茶色は2013.4.14湖西線堅田駅・撮影日は不明ですが紀勢線色の和歌山線香芝駅での撮影を貼らせていただきます。  
    (RRE) 先日の岡山訪問時に113系や115系に混じって真っ黄色の117系を見たし、デビューがついこの前だった
みたいな感じなので、とてももう老雄の世代だとは思えませんが、これは小生が歳をとった証拠でしょうね。
 

昨日の"撮れ撮れ"画像-叡山本線!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月18日(水)06時44分18秒
返信・引用 編集済
  昨日9/17火曜日は好天が期待出来たので、約1年振りに叡電へ ♪
昨年は「冬の雪景色」に「春の"ひえい"デビュー」、更には「秋の紅葉の季節」と3回も
訪問しましたが、その後も新塗装車が導入される等色々と動きがあった模様なので、前回
訪問から未だ10ヵ月ぐらいしか経っていないのにまたまた来てしまいました。
今回は鞍馬まで行く予定は無かったので、叡山本線のみでお手軽に済ませましたが、何度も
途中下車を繰り返したので1,000¥の一日乗車券でも充分に回収出来ました。
元田中でのデオ720形「リニューアル朱色塗装」、茶山でのデオ730形「ノスタルジック731」、
並びに修学院でのデオ710形「三陸鉄道カラー」を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

老雄!

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 9月17日(火)17時43分3秒
返信・引用 編集済
  このテーマですと、往年の名車がたくさん出てきそうですね。

手持ちにはあんまり古いものがないので、今でも現役(動態保存含む)
で探してみました。

まずは、阪堺モ160です。ワンマン改造こそ受けたものの、今でも現役
であることに驚きます。特に茶色や緑一色のものはレトロ感が引き立って
よいですね。

次は、北海道丸瀬布の保存蒸気機関車「雨宮21号」です。森林鉄道用と
して貴重な姿を残す産業遺産ですね。毎年、春~秋に運転されてます。
(雨宮製作所1928年製)

最後は、ちょっと毛色の変わったものから、大阪市バスの日野BT11
保存車です。1964年製でナンバーこそないものの動態で、イベント等
でよく展示されています。赤帯はワンマン車を示します。
(この車は大阪市バスが好んで大量導入した床下(センターアンダフロア}
エンジン車です。この保存車は大変貴重です。元中津営業所所属)

・阪堺モ166            2016-1-24 住吉鳥居前
・雨宮21号             2012-8-19 丸瀬布いこいの森
・大阪市バス日野BT11(金沢ボデー)2013-11-10 緑木検車区
 
    (RRE) こんなテーマだと幾らでも出て来そうだし、昭和生まれの古豪ならどれも該当しそうです。
丸瀬布に行かれたのですね! 小生、森林鉄道とか保存鉄道の類は殆ど未訪問ですが、
なかなか行き辛い場所にありますね。
 

老雄!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月17日(火)07時15分47秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「老雄」に対する初投稿です。

まずは、地元関西私鉄の中から「山陽電鉄820形・850形」を紹介します。
山陽820・850形は、戦後まもなく明石以東の1500V昇圧と車両限界の大型化を完了した時期に
神戸~姫路間の直通特急として登場した17m2扉車で、転換クロスシートのロマンスカーとして
大好評を博しました。
小生が出会った頃は既にロングシート化され、270形と組んで3連で各停運用に就いていました
が、元特急車として相応しい風格を備えていました。
晩年の'70年代に運用されていた姿ですが、以下枚を貼っておきます。
・820形 827他3連:'76/11/7 須磨
・850形 851他3連:'74/5/30 西代
・850形 851他3連:'74/8/4 八家~的形

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月8/30のお昼ごはん-西宮「活魚廻転寿司・にぎり長次郎」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月16日(月)19時48分36秒
返信・引用 編集済
  先月8/30金曜日のお昼ごはんは、家族で地元西宮で "ユニクロ" に秋物のシャツ等を買いに行ったり、その隣の
激安スーパー "サンディ" で買い物した後、その近くにある「活魚廻転寿司・にぎり長次郎」でランチしました。
回転寿司と言っても寿司皿がコンベアの上を廻っている訳では無く、旬の特別メニュー等の幟が回っているだけ
で板前さんに声をかけて注文しなればならない店ですが、味は間違いなくちょくちょく利用させて貰っています。
まずは珍しい「キビナゴの南蛮漬け」でビールグラスを傾けます。キビナゴは唐揚げや刺身でしか賞味した事が
無かったのですが、南蛮漬けもなかなか美味でイケました!
後は小生定番の「炙り三昧」や蛸に甘海老等を軽く摘まんでおあいそしました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

更新のご案内

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 9月16日(月)15時15分43秒
返信・引用 編集済
  RREさん、こんにちは。

いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

弊サイト更新のご案内です。
北イタリア5回目は、ローカル線に乗って城壁と堀で囲まれた城塞都市、チッタデッラとカステル・フランコ・ヴェネトを訪問します。

お時間のある時にお立ち寄りいただければと思います。

※ 3枚目の黄色い機関車は、台湾の新平溪煤礦博物園區で動態保存されている鉱山用電気機関車です。
 バッテリー駆動でパンタは降ろしたまま。ニチユの標記があるので日本製。柵原鉱山とよく似ていますね。

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) ローカル列車を乗り継いで、ガイドブックにも載っていない知られざるイタリアの小都市巡りとは、
毎度ながらその凄い行動力には脱帽です。
城壁に囲まれて城門があって、旧市街と新市街に分かれている町は欧州らしくて素敵ですね。
 

昨日の近鉄 2枚!

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月16日(月)09時46分50秒
返信・引用
  昨日は書道の関係の撮影を依頼され、出かけると恩智駅に着くなり『かぎろひ』がやって来ました。ほどなく日曜は運休の鮮魚電車が上本町に向けて回送で通過しました。今度は鶴橋に着くとまもなく鮮魚電車を使用した貸切電車が通過しました。何となくラッキーでした。  
    (RRE) これまたダブルでついてましたね ♪
「かぎろひ」にはもう随分と出会っていない気がします。
 

先月8/2の柵原ふれあい鉱山公園/柵原鉱山資料館!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月15日(日)06時56分41秒
返信・引用 編集済
  先月8/2金曜日は、家族で湯郷温泉に泊まった翌日に車で直ぐの場所にある「柵原ふれあい鉱山公園」
まで行き、保存されている片上鉄道の懐かしい構内風景を堪能しましたが、傍らの芝生の公園にも
鉱山内で活躍していた車両達が保存されていました。
まるで公園のオブジェみたいな感じでポツンと置かれていますが、年代を感じさせる貴重な姿ですね。
一般には目に触れない場所で稼働していた車両だけに、これまで紹介されている文献等は非常に少なく
詳細は不明ですが、「EB403」の銘板の付いた電気機関車や「30-12」と車体に書かれたバッテリー機関車
等が展示されていました。
その他、公園の一角にある「柵原鉱山資料館」には柵原の歴史や坑道の中での採掘の様子を紹介する
展示が多く、非常に楽しめました。この館内にもバッテリー機関車や人車、トロッコ等が保存されて
いました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々月の山陽電鉄・的形~八家-阪神8000系!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月14日(土)06時53分36秒
返信・引用 編集済
  先々月は山陽電鉄の復刻塗装編成3030Fを追っ掛けて、何と2回も山陽電鉄沿線に繰り出して
しまいましたが 共に小生お気に入りの「的形~八家」に訪問していました。
勿論、山陽以外にも来るものは何でもとりあえずカメラを向けるので、阪神8000系も結構
撮りました。このオレンジとベージュの8000系しかやって来ませんが、高架区間ばかりで
殺風景な阪神沿線に較べて緑あふれるこの辺りでは活き活きと走っている様な感じがします。
7/5分1カットと7/30分2カットを貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昭和世代の急行(その3)!

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 9月13日(金)17時39分21秒
返信・引用
  昭和世代の急行といえば、夜行列車がまだまだ健在でした。

直流電化区間では、EF58が長い旧型客車の編成の先頭に立つ姿が一般的でしたが、先頭から最後尾まで写った写真があまりありません。
熊本-新大阪間の急行「天草」の写真を見ると、機関車の次位から2等座席車が7両、1両目はスハフ42のようですが他は10系軽量客車。次いで2等寝台が3両と1等寝台が1両、1等座席車が2両に荷物車の編成のようです。食堂車がないのはちょっと残念。座席車にも指定席と自由席があり、1本の列車の中に乗客がニーズや予算によって選べる様々な車種の選択肢があった時代ですね。

新幹線開業後の東京-大阪間の夜行急行は、寝台列車の「明星」と座席車も連結するもののスハ44系で全席指定の「銀河」の客車急行2本と、自由席の153系電車急行「いこま」があり、乗客はニーズや予算によって列車を選ぶようになっていたようです。

これに加えて、往路は昼行、復路は夜行となる修学旅行専用電車も急行の範疇で、東京から155系の「ひので」と167系の「わかくさ」、関西から155系の「きぼう」と167系の「わかば」が運転されていました。155系と167系では車内設備の格差が大きいですね。

EF58の曳く天草 熊本発新大阪行き 1968.9
153系のいこま 東京発大阪行き 1968.9
167系のわかくさ 京都発品川行き 1967.10

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) EF58が牽引する堂々たる客車急行が良いですね。
あの硬くて狭い向い合わせクロスで一晩よく過ごしたものですが、若かったですね。今なら到底無理です。
修学旅行電車は実際に運用されている姿を見た事はありませんが、臨時急行「長州」には出会いました。
 

昭和世代の急行(その4)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月13日(金)05時45分26秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「昭和世代の急行」に対する、恐らく最後となる4回目の投稿です。

これまでは国鉄のディーゼル急行や電車急行ばかり投稿して来たので、今回は地元関西私鉄の中から
「'70年代の阪急・京都線急行」を紹介します。
転換クロスシートの2扉車である2800系や6300系がもっぱら特急専用車として京阪間ノンストップで
運転されていたのに対し、「急行」には各種編成が運用され、主要駅に停車してこまめに乗客を
拾っていました。今のダイヤの様に特急が以前の急行並みの停車駅になって乗客が集中している状況
とは違い、当時は特急と急行との役割分担が出来ており、それなりに利用客も分散していた頃が
懐かしいです。
急行表示板を掲げて活躍していた頃の様子を、以下3枚貼っておきます。
・710系急行:'71/5/1 十三
・3300系急行:'72/2/15 大山崎
・5300系急行:'74/6/1 西向日町

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

本日のLEXUS西宮!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月12日(木)19時58分14秒
返信・引用 編集済
  本日9/12木曜日は、6月に"認定中古車(CPO)"を購入した車の無料6ヶ月点検のため、LEXUS西宮まで
行って来ました。
車を預けて直ぐに "オーナーズラウンジ" に案内されます。中はゴージャスな雰囲気で、ゆったりと
椅子が配置されており、落ち着いて寛げます。
此処に入るのは初めてで、空港のビジネスラウンジみたいな感じでドリンクマシンがあってお菓子等が
食べ放題・飲み放題と思っていたのですが、そんなコーナーは無くて最初にメニューから注文を聞かれて
1杯のみのサービスでした。
小生はマンゴジュース、妻は紅茶を頼みましたが、LEXUSのロゴが描かれたクッキーや砂糖は流石です!

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

吉備線

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月12日(木)10時51分40秒
返信・引用 編集済
  吉備線はキハ40の走る線として最近訪問頻度が高くなりました。時間帯によっては列車本数もそこそこあって車での移動撮影は効率的です。線路端が撮りにくいところも多々ありますが、ここ足守駅のすぐ横の鉄橋や足守-服部間の築堤は小生好みです。西明石のKさん運転の車のおかげです。撮影は昨年10月7日です。  
    (RRE) ほぉ~! キハ40に熱心なんですね。
先日の吉備線では久々に乗車しました。見たのは先々月の京都丹後鉄道訪問の際の豊岡以前は
何時だったか記憶にありません。
自宅から一番近いのは播但線の寺前以北と思いますが、此処もウン十年は乗っていないはずです。
 

弊サイト マイナー更新-十和田観光電鉄!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月12日(木)06時46分10秒
返信・引用 編集済
  弊PCサイトのアルバム「十和田観光電鉄」に画像を倍増する等、マイナー更新しました。
最果てのみちのくの地だけに、なかなかこちら関西からは行く機会が無く、'74年と'78年の夏休みの
2回のみ大学鉄研の東北旅行会に参加した際に訪問しただけに終わってしまいました。
共に十和田市駅の構内で似た様なカットを撮っただけで、始発駅三沢の記録は無いし、恐らく
運転本数も少なく列車交換も無かったのか途中駅での撮影も皆無で、殆ど記憶にありません。
'78/8/25十和田市でのモハ2405、クハ1208とED301を貼っておきます。
   http://rre.ninja-web.net/prvrc/towada/towada11.htm

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月8/22の夜ごはん-名古屋駅・太閤口・かぶと!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月11日(水)19時44分9秒
返信・引用 編集済
  先月8/22木曜日の夜ごはんは、豊橋鉄道に飯田線や名鉄を巡った後、名古屋駅近辺で軽く
食べて帰ろうと思っていた所、FBに投稿した小生の行動パターンを読んだ友人からお誘い
のメールが ♪
早速、名古屋駅で待合せ、太閤口を出た直ぐ辺りのお勧めの「喰い処 呑み処・かぶと」に
案内して貰いました。カウンターだけのこじんまりした店で、カウンターの上には数々の大皿
料理が並んでいるし、日本酒も色々と地方の銘酒が揃っており、申し分の無い店でした。
まずは「刺身盛合せ」に「茄子の煮びたし」を頼んで。ビールで乾杯です。
続いては、珍しく「朴葉味噌」があったので日本酒に切り替えて賞味します。遥か昔に高山
に観光で行った際に旅館で出て、気に入って"朴葉味噌セット"を買って帰った思い出があり
ますが、それ以来関西では滅多に口にした記憶がない懐かしい味でした。
その他、数々の肴をアテに次から次へと冷酒をしこたま飲んだいる内に、あっという間に
時間が経ち、そろそろ新幹線に乗って帰阪すべき時間になっていました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昭和世代の急行!Ⅷ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月11日(水)08時45分29秒
返信・引用 編集済
   今日はお仕事前投稿です。おそらくお題がもうすぐ変わるでしょう。
昭和世代の急行の8回目は地方私鉄の急行です。
早くない・追抜きのない急行がほとんどだったと思います。中には急行料金を必要とする列車もありました。S47.10島原鉄道諫早駅・S49.10一畑電鉄 平田市です。
 
    (RRE) 地方私鉄が元気だった時代ですね。
島原の急行は交換で撮った事がありますが、乗ったかどうか記憶にありません。
一畑では、誰一人座っていない「特急」の指定席に乗ったのが思い出です。
 

先週火曜日の吉備線!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月11日(水)07時06分6秒
返信・引用 編集済
  先週9/3火曜日の岡山界隈への訪問時は、最初に山陽線・北長瀬で "駅撮り" した後は吉備線
にて "乗り鉄" を楽しみました。
遥か昔に一度は "乗り潰し" した様に思いますが、全く沿線風景には記憶が無く、キハ47形
2連が長閑な田園風景の中をのんびりと進みます。以前にLRT化の構想も報道された事があり
ましたが、具体的に計画は進んでいるのでしょうか?
昼間は1時間に1本の運行なので酷暑の中、途中下車して駅間で撮る気力も無く、途中で交換
する備中高松で対向列車を撮っただけでした。岡山、備中高松と終点の総社を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昭和世代の急行!Ⅶ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月10日(火)08時26分17秒
返信・引用
  月火はお仕事運休スケジュールにしています。昭和世代の急行!7回目はまたまたの大阪駅での駅撮りで急行『阿蘇』と『銀河』です。『阿蘇』はEF58牽引ではなくEF61でした。また右端のパタパタ案内でかろうじて『阿蘇』が読み取れました。HMのない列車はサボかホーム案内を入れて撮るべきでした。『銀河』は最後部がスハ44とスハフ43で一番の特徴でしたがこの写真では分りませんね。序に昨日撮れ撮れの105系粉河です。古い跨線橋と似合いますね。和歌山から橋本まで乗り車内の冷房の悪さに耐えられず涼を求めて極楽橋まで行ってしまいました  
    (RRE) 土日月火とこれからは毎週4連休とは極楽ですね!
客レの急行は僅かしか撮っていないのですが、HMの無い列車はDC急行も含めて何れも殆ど列車名も判らず、
当時の時刻表と首っ引きで特定するのに苦労します。
和歌山線の105系もいよいよ終焉ですね。小生はも今年3回も撮りに行ったので思い残す事はありませんが、
先週の岡山詣での際に山陽線や福塩線でも見かけ、未だ他線区にこれだけ残っているとは意外でした。
 

先月8/22の豊橋鉄道・渥美線-老津!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月10日(火)06時47分24秒
返信・引用 編集済
  先月8/22木曜日の豊橋鉄道・渥美線訪問は、最初に高師で下車して松林の中で撮った次には、
前面展望を注視しつつ撮れそうだと思った「老津」で初めて降りました。
駅の少し豊橋寄辺りはバックが桜並木でしょうか? 花見の頃はさぞかし見事な場所でしょうね。
上下2本ずつ撮りましたが、炎天下で直射日光を遮る物は回りに何も無く、30分で全身汗まみれ
となりグッショリでした。来るのは1800系ばかりですが、「椿」と「菊」に「ばら」を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

HPを更新しました

 投稿者:新さん  投稿日:2019年 9月10日(火)06時19分3秒
返信・引用
  おはようございます。連投になってしまいますがご了承ください。
弊ホームページの"最新スキャン"コーナーで進めている蒸気機関車特集を追加更新しました。
第4弾として1971年前後の九州と本州各地の撮影画像です。お時間あるときにご覧ください。

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) 新作のSL、早速拝見しました。
小生、大畑と中間には行きましたが大した記録は残せず、油須原や加太にも行きたかったけれど
叶わず、趣味誌のグラビア頁を溜息をついて眺めるだけでした。
メインは電車撮影の"片手間鉄"でしょうが、もの凄く充実した1年ですね。
 

昭和世代の急行!

 投稿者:新さん  投稿日:2019年 9月 9日(月)11時16分35秒
返信・引用
  私も正統派??電車急行として東海道本線で活躍した153系急行を貼らせていただきます。
そしてもう一つ80系急行の最後の頑張りをしていた身延線の急行です。
1967.5.18  横浜 クハ153-64  なにわ
1967.5.21  横浜 クハ153-553 いこま
1968.5.5   下部 クハ86316   富士川

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) これらはポピュラーな正調電車急行で、安心して見れますね。
「なにわ」や「いこま」等、多くのこれら急行群はヨンサントオで消えてしまい、小生は見る機会も
無かったのがとても残念です。
 

昭和世代の急行(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月 9日(月)06時40分48秒
返信・引用
  FBの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「昭和世代の急行」に対する3回目の投稿です。

これまでは気動車急行を投稿して来たので、今回は国鉄の電車急行の中から「455・475・457系交直流
電車急行」を紹介します。
ローズピンクに窓回りクリーム色の塗色で活躍する交直両用急行には、国鉄の特急電車とはまた
異なる趣きがあり、遠く北陸や九州、東北まで遥々と馳せるという独特の郷愁が感じられました。
新幹線の開業や急行の特急格上げに伴い急行運用そのものが無くなり、急行色も消えてしまった
のが残念です。
'70年代の記録から、以下3枚を貼っておきます。
・急行「ゆのくに」:'75/3/5 東海道線・大阪
・急行「玄海」:'71/9/27 東海道線・西宮~芦屋
・急行「仙山」:'77/3/31 仙山線・山寺

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昭和世代の急行(その2)!

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 9月 9日(月)00時35分48秒
返信・引用
  新さんが掲載された房総急行には、多くのヘッドマーク付きの珍しい愛称があったんですね。初めて知りました。
手元にある1967年10月改正の時刻表を見ると、房総西線の定期急行列車は「内房」と「うちうみ」、9000番台の臨時急行として「かもめ」が、房総東線の定期急行列車は「外房」と「そとうみ」、それに加えて臨時急行の「きよすみ」が掲載されているだけです。
首都圏からの手軽な行楽地として、これ以外にも多くの臨時急行列車が設定されていたんですね。
「なのはな」の先頭車、キハ26の400番台は、乗ってお得なキロ25の格下げですね。「フラミンゴ」は行川アイランド行きかと思ったら、この時点ではまだ行川アイランド駅が時刻表にありません。

昭和世代の急行! 路面電車編です。

京都市電は、朝のラッシュ時には停車しない停留所があり、全車急行運転を行っていました。2600型連結車の烏丸車庫行 1968/7 烏丸通

京津線の部分廃止時には三条-浜大津間の準急(御陵-浜大津間各駅停車)と三条-四宮間の普通の運用でしたが、普通が浜大津まで運行していた時代には三条-石山寺間の急行(停車駅は御陵、京阪山科、四宮、上栄町、浜大津から先の各駅)があって、四宮で緩急接続していたと思います。ポール集電の260型の急行石山寺行 1968/8 浜大津

福井鉄道の福井駅前-武生新間の急行。行先は「武生」になっています。路面電車型の車両で急行が走るようになるとは、この頃は想像すらできませんでした。200型連接車の武生新行 1985/8 福井駅前

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) 京都市電は自宅からは遠いし、阪急か京阪訪問時の"ついで鉄"ばかりだったので、急行運転して
いた朝ラッシュ時には間に合いませんでした。
京津線のポール時代は三条構内でちょっと撮っただけで、まともに沿線で撮らなかったのが残念です。
福武線200形急行はインターバンとしての務めを立派に果たし、今もなおえち鉄直通急行に引き継がれて
いるのは喜ばしいですね。
 

先月8/20のお昼ごはん-大阪・千日前「大衆酒場 えびす屋」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月 8日(日)20時03分2秒
返信・引用 編集済
  先月8/20火曜日のお昼ごはんは、心斎橋の住江織物ショールームにて開催されていた「鉄道車両の
内装歴史展」を見学した後、ランチ出来る店を探しつつ心斎橋界隈から道頓堀、千日前辺りをブラブラ
した結果、この「大衆酒場 えびす屋」に入りました。
店構えもメニューもコテコテの大阪そのものといった感じが気に入り、まずは定番の「ドテ焼き」と
ビールを注文し、何時もなら串カツを頼む所なのですが、この日は気分で「串焼き」の方にしました。
セットの方が単品を個別に頼むよりは安かったし、喰い応えがありました。
ウロウロ歩き廻って喉が渇いていたのでハイボールに切り替え、「ポテトサラダ」と「チャンジャ」
で軽く〆ました。こじんまりした気安い感じの店で、落ち着いて飲めました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昭和世代の急行!Ⅵ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月 8日(日)17時15分24秒
返信・引用 編集済
  ↓新さんの貼られたキハ26系HM急行は又珍い愛称ですね。『なのはな』位はありそうですね。
さて昭和世代の急行!6回目は元地元を走っていた急行きのくに(S51.2.20鶴ヶ丘)です。荷物車の代用にキハ25653が先頭についていました。
あと二つは長距離客車急行『桜島・高千穂』(S50.2.24大阪駅)と『きたぐに』(S51.2.20大阪駅)です。桜島・高千穂は長距離の割には車種が貧弱でそれぞれG車が1両づつあっただけでしたね。きたぐには夜行急行の車種(食堂車を除く)をすべて備えておりハザは12系に代わっていました。
 
    (RRE) キハユニを先頭とする「きのくに」は撮った事がありますが、何往復かある列車の内、特定の1往復
ぐらいが郵便荷物輸送を実施していたのでしょうね。
客車急行と言えばEF58牽引が定番でしたが、残念ながら殆どとっていません。「桜島・高千穂」は東京10時発
だったのを覚えており、一度だけ東京~静岡辺りを乗った事を思い出しました。
 

昭和世代の急行!

 投稿者:新さん  投稿日:2019年 9月 8日(日)10時37分0秒
返信・引用
  1960年代頃の房総急行は時代・季節・曜日・走行線区等で色々とネーミング替えて多数運転され
ていたようなのでなかなか全体像を把握できていませんが、珍しそうなのがもう少しありました
ので載せておきます。
1968.3.10  両国  キハ26422 "なのはな"
1968.3.10  新宿  キハ26176 "フラワー"
1968.4.6  代々木  キハ26187 "フラミンゴ"

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) これまた何とレアな列車でしょうか! どれも全く見た事も聞いた事もありませんが、
立派で派手なHMを付けていたのですね。
「なのはな」と言えば、流山電鉄に付いていた編成名を思い浮かべてしまいます。
 

先月8/22の豊川!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月 8日(日)06時25分36秒
返信・引用 編集済
  先月8/22木曜日は、飯田線の下地~小坂井間で飯田線は勿論、名鉄本線と東海道線も含めて
"撮り鉄" 三昧した後、飯田線に乗って豊川まで移動しました。
この駅は名鉄・豊川稲荷駅が併設されており、南側に数百m程、飯田線と名鉄豊川線とが並走
する区間があります。遥か昔に "出張ついで鉄" でこの辺りで撮ったのですが、どんな場所
だったかすっかり記憶が失せてしまっていたので、実に37年振りに訪れてみました。
線路が並んでいる感じは昔と変わらず懐かしかったのですが、家が建て込んでしまって長閑
だった光景は全く見られないし、通る車両もすっかり変わってしまいました。
JR東海313系、名鉄6500系と、'82/4/5に同じ場所で撮った国鉄80系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昭和世代の急行!

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 9月 7日(土)23時00分21秒
返信・引用 編集済
  懐かしい列車から始めて見る愛称(ヨンサントーで消えたのでしょうか)まで、楽しく拝見しました。昭和世代の電車や気動車急行全盛期の時代には、蒸気機関車が牽引する急行客車列車もまだ残っていました。

C5516牽引の稚内-札幌間 急行利尻 1969/8 幌延
C6244+C62牽引の札幌-函館間(山線経由) 急行ニセコ 1969/8 小樽
C59161牽引の広島-東京間(呉線経由) 急行安芸(最終日) 1970/9/30 竹原

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) 小生が撮影を始めた時代はもうSL急行は殆ど残っておらず、「ニセコ」とか「安芸」ぐらいがマニアに
評判の列車として走っていましたが、遂に見る事は叶いませんでした。
うらやましい限りです。
 

昭和世代の急行!Ⅴ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 9月 7日(土)13時48分39秒
返信・引用
   新さんの貼られたキハ26のHM付き急行の名前は小生も聞いたことも見たこともありません。 さすがですね。
昭和世代の急行!5回目は四国でまだ出ていなかった『いよ』です。(S52.9.4)高松駅です。
並んで写っているスハフ43も四国入りしていたのですね。私の所蔵データの中では最後と思われるDC急行のHM付きはS50.3新宿で撮っていた『水郷』です。この駅の線路配置はすごい複雑ですね。
 
    (RRE) 未だ未だ四国の急行が出て来るんですね!
急行「水郷」だけは覚えています。確か銚子電鉄を訪問するのに、これに乗った様な気がします。
 

先月8/12の神戸新交通・六甲ライナー!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 9月 7日(土)06時23分56秒
返信・引用 編集済
  先月8/12月曜日は、ランチして温泉入って寛いだ六甲アイランドのベイシェラトンホテル
から眼下を走る神戸新交通の「六甲ライナー」を狙ってみました。駅間としてはアイランド
センター~アイランド北口に相当します。
六甲山が迫るし海も見えるし、意外と島内には緑も多いですね。
公園内の噴水のある池では、水遊びする幼児を連れた家族連れで賑わっていました。子供
が幼かった頃はよくこの場所まで連れて来て、プール代わりに遊ばせたものです。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

レンタル掲示板
/231