teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2連Ⅲ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 7月10日(金)08時29分6秒
返信・引用
  2連物の3回目は近鉄の荷電です。学生時代から近鉄は好みの電車が多かった割には撮影回数はそれほどなく旧型も殆ど撮ったことが有りません。S49.5.18古市車庫の見学会があり駅のホームで6682Fの荷電を撮りその後道明寺線経由で柏原南口から国分の鉄橋に歩いた時にちょうど荷電が
通過しました。翌年S50.6.7この日は高安車庫の見学会でその時車庫構内で1411Fの荷電が撮れました。いい時代を撮り逃したのには悔やまれます。
 
    (RRE) 少ない撮影回数の割にはこれだけ記録出来たというのは、凄い強運ですね ♪
小生何て走っている姿を撮れたのは殆ど無かったと思います。
 
 

2連(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月10日(金)05時57分49秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「2連」に対する2回目の投稿です。

今回は前回に引き続き関西大手私鉄の中から「近鉄・18200系特急電車」を紹介します。
近鉄18200系は'66年に登場し、当時は車両限界が狭く600V架線であった京都・橿原線を経由して
宇治山田に至る「京伊特急」として活躍した複電圧車でした。Mc-Tcの2両編成でしたが、大和八木
で大阪線の特急車両と併結する運用が組まれ、各種車種との組合せで活用されました。
京都・橿原線の昇圧や限界拡幅以降は京伊特急に充当する意義も薄れ、各線区にて運用された後、
'89年には団体専用車に改造されてしまいました。
近鉄18200系が2連で活躍していた頃の姿を、以下3枚貼っておきます。
・'70/3/22-大和西大寺
・'71/1/2-郡山~筒井
・'75/1/2-生駒

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

2連Ⅱ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 7月 9日(木)09時52分25秒
返信・引用
  2連の2回目は奈良の2連です。急行かすがの廃止直前の(2006.2.25)撮影です。車両も一般車並みのキハ75まで格下げされ最後は2連になりました。同じ日桜井線の105系も撮っています。昨年10月にはすべて消滅しましたね。最後は確か月影さんからの情報で撮りに行った221系の2連奈良行き快速です(撮影は法隆寺駅2010.12.29)関西線の2連はキハ35系以来久しぶりでした。
 
    (RRE) 急行「春日」は学生時代に一度乗った切りで、何両編成だったか忘れてしまいましたが、
その後の奈良以東は殆ど縁がありません。
桜井線や和歌山線は、今では昼間は2両が基本で淋しい限りです。
関西線には何と2連の快速があったのですね!
 

先週月曜の南海・高野線!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 9日(木)06時12分20秒
返信・引用 編集済
  先週月曜6/29は好天だったので、久し振りに南海・高野線沿線へ ♪
関西五大大手私鉄の中でも南海は年に1、2回撮影する程度で最も縁が薄く、今年も初訪問でした。
この日はギラギラ日差しも強く蒸し暑いので、近場の平坦区間での駅撮りに徹し、ステンレス
車体として息の長い6000系/6300系を中心に狙いました。
各部の更新や台車交換は実施されたものの、腐食に強く頑丈なステンレス車体は健全で外観も
登場時から変わらず、殆ど廃車も発生していないのは特筆ものですね。
住吉東と萩ノ茶屋を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/17のお昼ごはん-宝塚・逆瀬台「出石皿そば そば義」!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 8日(水)20時16分34秒
返信・引用 編集済
  先月6/17水曜日のお昼ごはんは、買い物とか所用を済ませた後、家族で久し振りに宝塚・逆瀬台に
ある「出石皿そば そば義」に入りました。
この皿そばは大好物で、丹後半島とか城崎、香住等の日本海側に家族ドライブに行った際は必ず
往路か帰路に出石に寄って、この皿そばを食べるのが恒例となっています。
この店も随分と昔からある名店で、逆瀬川駅からは遠く離れた不便な場所にも関わらず結構遠方
からの客が押し寄せて満席の事が多く、ご近所で皿そばを味わえる貴重な店として重宝しています。
メニューは皿そばしか無く、基本は一人前五皿ですが、どの客も最初から好みで三皿とか五皿とか
追加注文するのが常です。タップリ味わった後、蕎麦湯で寛ぎました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/2の阪神・武庫川-5001形!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 8日(水)06時46分22秒
返信・引用 編集済
  先月6/2火曜日は、阪神・武庫川線を訪問したら奇しくも "赤胴車" 最終運行日に当たった日でしたが、
本線も撮影していました。
武庫川線に乗り換えるために西口に向かう連絡通路から撮れますが、架線柱や信号設備等の支障物が
多くて狙えるシーンが限られるのが残念で、それでも此処に来ればカメラを向けてしまいます。
赤胴車亡き後はやはり残命僅かな "青胴車" 5001形を機会を惜しまず記録すべきですね。
3枚貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

2連

 投稿者:新さん  投稿日:2020年 7月 7日(火)09時37分40秒
返信・引用 編集済
  今回のお題は現在も含めいたるところにあり選ぶのに迷う題材ですね!!
何時もながら地元の京急から選んでみました! この当時は普通電車はまだ2連が多く走って
いましたが、週末特急の"ラメール""パルラータ"も2連でした。
どちらもハーフ判フィルムでの撮影です。
1967.2.1  井土ヶ谷 433    1968.1.27  井土ヶ谷-弘明寺 629 ラメール

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) 今やJRのローカル線を始め、中小私鉄は殆ど2連が多く、投稿ネタには事欠かないですが、
やはり2連では撮ってもやや物足りないですね。
今や長大編成だたらけの関東大手私鉄でも2連の運用があったとは隔世の感がありますね。
「ラメール」も「パルラータ」も趣味誌上で見ただけで羨ましい限りです。
 

2連Ⅰ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 7月 7日(火)09時30分0秒
返信・引用
  2連の1回目は地元近鉄道明寺線大和川橋梁(2017.8.6)と信貴線服部川(2006.1.29)と近鉄時代の晩年伊賀線の新居ー西大手間(2007.9.22)の近鉄2両編成です。地元の2線区は距離も短く一本の電車が行き来するだけで撮影意欲は上がらず余り撮った事は有馬線。伊賀線も近鉄の中古がなくなり好みでないステンレス車になり足が遠のいています。このほか近鉄は近郊区間を過ぎれば2両編成が本線を走っており様々なところで撮っています。路面電車以外の短い編成はあまり好みでは有馬線。  
    (RRE) 近鉄の支線、並びに本線でもローカル区間は未だ未だ2連の宝庫ですね。
道明寺線の柏原南口では一度下車して、鉄橋を渡るシーンを撮っただけでした。
 

2連(その1)!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 7日(火)05時53分53秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「2連」に対する初投稿です。

まずは2連時代の「京阪電鉄・京津線」を紹介します。
京阪本線と接続する三条駅の片隅から出発し、京都風情たっぷりの三条通りを併用軌道でのんびりと進み、
逢坂山を越える急勾配区間も有する変化に飛んだ路線でした。
'97年には京都市営地下鉄東西線へ乗り入れると共に1500Vへ昇圧されホームドア方式の超近代化路線へと
大変革を遂げましたが、それまでは軽快なユーロビアンスタイルの80形が四宮までの各停運用に、高床式
の260形や300形等が浜大津もしくは石山寺まで直通する準急や急行に使用されていました。
全ての列車が2連で活躍していた'70~'80年代の京阪・京津線の様子を、以下3枚貼っておきます。
・300形:'78/9 東山三条
・500形:'82/10/16 九条山
・80形:'87/5/4 四宮

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

新9mmレイアウト-高架橋建設/伊豆急100系・島原鉄道キハ4500形増備!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 6日(月)05時47分54秒
返信・引用
  一昨年3月から新たに建設着手した"新"9mmレイアウトに関し、漸く先月から建設再開し、今回は高架線部分
の建設とその周辺の整備に着手しました。
防護壁付の高架線用レールをジャンク品で格安に入手出来たのをきっかけに、愛桜駅(三線式中間駅)から
立体交差する単線トラス鉄橋までの部分を今回高架橋方式で建設しました。手に入れた曲線レールと直線レール
を組み合わせて繋いだり外したりしながら色々と熟考し、ベース面からはみ出す部分があったり多少は
不自然ながらもそれなりの線路配置を構成出来ました。

赤レンガ色の橋脚を使用し、橋脚を置けない部分は苦肉の策で2個の橋脚間に梁を渡した上に線路を載せ
たり、アプローチ部分はフレキ勾配セットを赤レンガ色に塗り替えてレンガ積みのガード下の雰囲気を出そうとしたの
ですが、これまた奇妙で不細工な格好になってしまいました。

最後は周辺に田畑や緑地を作り、土を撒いて草を花を生やし、池の土手を作り水を張って完成させました。
池の中にはリアリスティック・ウォーターをたっぷり注ぎましたが、水量は乾燥して減ってしまうし周辺はグチョグチョに
濡れてまるで湿地帯みたいになって、これまた見栄えが良くありません。

またまた新車の増備として、鉄コレ「伊豆急行100系 高運転台タイプ」ジャンク品を動力化すると共に、もう1両、
鉄コレ「島原交通キハ4500形」をジャンク品で購入し、無動力のまま同じく島原鉄道キハ20形と連結させました。
でもこのキハ20形はギアの噛み合わせが悪いのか片台車側しか駆動せず、連結させると空転しながら何とか
勾配を登れる程度であり、下手に触って壊してしまうのが怖くて分解を躊躇しています。

詳細は弊サイト「9mmレイアウト製作記」の下記ページに追記アップしたので、参照願います。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/layout/200706/layoutN101.htm

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

6両編成(その4)!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 5日(日)06時00分51秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「6両編成」に対し、最後となる4回目の投稿です。

今回は「国鉄時代 九州地方の6連気動車」を紹介します。
小生が撮った国鉄時代の記録の中から、九州地方での6連DCのカットを探しました。
以前に投稿した西日本地区の場合とは異なり、意外と撮れた記録は少なかったです。7連とか
8連の記録が多く、九州は偉大なるローカル線が多かったのかも知れませんね。
以下、3枚を貼っておきます。
・キハ52 他6連:'82/7 豊肥線・水前寺
・キハ66 他6連:'82/8/5 筑豊線・直方
・キハ20 他6連:'82/11/13 佐世保線・有田

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/8のお昼ごはん-石清水八幡宮駅前・朝日屋!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 4日(土)20時08分3秒
返信・引用 編集済
  先月6/8のお昼ごはんは、京阪・鋼索線に乗って石清水八幡宮にお参りしたり山上の絶景ポイント
から京阪を狙ったりした後、石清水八幡宮駅前の「朝日屋」に入りました。
店の外観が如何にも鄙びた参拝客用の駅前茶店みたいな感じで全く期待せずに入ったのですが、
なかなかメニューは充実しており一品メニューも洒落ており豊富でした。
まずは「若鶏もも焼き」を頼んで、ビールで流し込みます。値段からしてホンの2、3切れ程度と
思っていたのですが、そのボリュームとこってりした味付けが気に入りました。
続いて、この店の名物らしい「鯖の棒寿司」を戴きます。いわゆるバッテラの様に薄っぺらな
ネタが載っているだけの箱寿司とは全く違い、身も分厚くシャリがギッシリ詰まって食べ応えが
あって大満足でした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/8のお出掛け-八幡市・石清水八幡宮!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 4日(土)06時42分23秒
返信・引用 編集済
  先月6/8月曜日は、久し振りにニリューアルなった京阪・鋼索線、即ち「石清水八幡宮参道ケーブル」に
乗りに行った日ですが、勿論、山上にある石清水八幡宮にも参拝して来ました。
国宝に指定されている桜門や社殿等の荘厳な造りに魅せられます。日本三大八幡宮の一つであり、総本社
である大分の宇佐神宮は未訪問なので、これは一度お参りせねばなりませんね。
此処まで登れば、桂川、宇治川、木津川が合流する河川敷辺りを一望できる展望台に行きたくなります。
京阪電車を狙える場所は僅かだし、年々木々が伸びて画角は固定されますが、やはり絶景ですね。
2200系と8000系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先週火曜の山陽本線・塩屋~須磨!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 3日(金)05時50分38秒
返信・引用
  先週6/23火曜日は、地元の東海道・山陽線を国鉄色のEF66 27号機が下って来る日だったので、
何処で撮るか迷いながらも久し振りに「山陽本線・塩屋~須磨間」に向かいました。
まずはお馴染みの撮影ポイントである国道2号線が線路を越える辺りに行きましたが、ずっと
此処で撮るのも飽きるので、逆光覚悟で線路の北側から瀬戸内海と絡めて狙う事にしました。
EF210 3号機にEF510 514号機、EF66 27号機を貼っておきます。
太陽光線がギラギラ降り注ぐ灼熱地獄でしたが、先日の父の日にプレゼントされた携帯扇風機
「W Fan」を首に掛けて過ごせば超快適でした!

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先週月曜の能勢電鉄!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 2日(木)06時25分4秒
返信・引用 編集済
  先週6/22月曜日は好天につき、3ヵ月振りに能勢電鉄へ ♪
沿線で紫陽花と絡めて撮れる場所を探しましたが、この鶯の森駅ホーム脇に咲いている箇所しか
見つけられず、山下以北で往復している復刻塗装編成を山下駅で駅撮りする等して楽しみました。
帰路に各駅ホームで意外とカメラ構えた方が多かったので釣られて一の鳥居駅で下車してみたら、
正雀から戻って来たばかりでしょうか? 全検上がりでピカピカの1754Fの試運転に出会えて、
儲けものでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/6のお昼ごはん-西宮・そば辰!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 7月 1日(水)19時42分51秒
返信・引用 編集済
  先月6/6月曜日のお昼ごはんは、買い物に行ったついでに家族でご近所西宮の蕎麦の名店「そば辰」に
久し振りに行きました。
門構えとか入口に至るまでの竹林に囲まれた佇まいが素晴らしく、蕎麦の値段も結構張るのでこれまで
偶にしか来なかったのですが、メニューを見た限りは定食類も増え普通の蕎麦屋と変わらない値段に
変わっていました。
今回頼んだのは「日替わり定食」であり、大きな出汁巻きに小鉢類も付いて、透き通る様な繊細な味の
「かき揚げ蕎麦」がこの上も無く美味くて癒されました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

6両編成 Ⅳ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 6月30日(火)10時29分19秒
返信・引用
  6両編成の4回目は近鉄の優等列車から『ひのとり』・『しまかぜ』・『伊勢志摩ライナー』です。すべて6両固定編成ですね。ここで撮るのは自粛期間中の定番中の定番になってしまいました。コロナ太り対策で丁度歩くのに良い距離です。昨日の撮影です。  
    (RRE) いいですねぇ! 散歩鉄の範囲でこんな撮影地があるのは。
この線路端に1時間も居ればもうゲップが出る程収穫がありますが、こちらの地元東海道線では
EF210ばかりで直ぐに飽きてしまいます。
 

6両編成(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月30日(火)05時54分1秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「6両編成」に対する3回目の投稿です。

今回は地元の東海道・山陽線を走る列車の中から「智頭急行 HOT7000系」を紹介します。
関西と鳥取や倉吉を直結する気動車特急「ス-パーはくと」は、'94年の智頭急行線開業と共に登場
しました。新快速の合間を縫って互角に130km/h運転を誇り、急曲線区間では振り子機構を駆使し、
その高速性能を存分に発揮しています。
基本は5両編成であり、行楽期や多客期には6連に増結されますが、かつての国鉄時代に長大特急編成
が行き交っていた頃を知っているだけに、6両編成でも貫禄は無く何だか物足りない感があります。
京阪神間でのカットばかりですが、6両運転時のHOT7000系のシーンを以下3枚貼っておきます。
・'10/8/9-東海道本線・山崎~島本
・'17/1/27-東海道本線・塚本~尼崎
・'09/5/9-山陽本線・須磨

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

6両編成!

 投稿者:moni5187  投稿日:2020年 6月29日(月)19時26分7秒
返信・引用
  当方は、153系新快速ブルーライナーの6連を投稿いたします。
1974年の夏、EXPO'70跡地で開催された中国博に行く際に撮ったのですが、ハートマークの看板から吹田駅だと判明しました。
おそらくバスで、万博記念公園へ行ったと思うのですが、ポピュラーなルートでは無いような気もします。
阪急千里線に乗り換え、山田駅まで行ったのかも知れませんし。何故、吹田駅で降りたのか当日の記憶は謎のままです。

・1974/7/27 吹田駅の内側線を通過する姫路行き新快速。

 
    (RRE) '74年の中国博とは記憶にありません。恐らく、国鉄の茨城駅とか吹田駅からは連絡バスが
出ていたのでしょうね。
153系ブルーライナーは懐かしいです。閑散時は6連新快速として内側電車線を走っていましたが、
ラッシュ時には6連では対応が困難なので2併結12連で外側列車線の快速として運用されていました。
 

最近の"スキャン鉄"-'84年7月・熊本市電!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月29日(月)06時02分54秒
返信・引用 編集済
  最近の "スキャン鉄" から'84年7月に訪れた熊本市交通局でのカットを紹介します。
8200形に何か不具合が発生してその調査や対策のために出張したのか、それとも別の用件だったのか
思い出せないのですが、8200形を納入して2年経過したので、重要部検査を請け負うと共にその検査
要領やメンテ方法の指導のために行ったのかも知れません。
宿泊したホテルの近くだった西辛島町電停付近でのカット、並びに交通局前電停にあった大江車庫
での構内の様子を貼っておきます。
旧型車はクリームに緑もしくは青帯の標準塗装が殆どでした。連接車5000形は黄色に窓周りがブルー
の派手な塗装の印象が強いですが、こんなアイボリーに緑の時代もあった事を忘れていました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

6両編成!

 投稿者:モボ101  投稿日:2020年 6月29日(月)00時25分41秒
返信・引用
  東京都内で6両の短い編成といえば、設備面で増結できない銀座線、丸の内線、東京モノレールにゆりかもめでしょうか。
南北/埼玉高速/三田/目黒線も今は6両ですが、相鉄が乗り入れてくる2年後には8両にするそうです。混雑の酷いつくばエクスプレスも6両ですが、当面は増発で対応し、8両化には設備の改良が必要なため、まだ10年かかるようです。
私鉄で6両編成といえば、都営浅草線に乗り入れない京急と京成の普通列車ぐらいでしょうか。この両社には、まだ4連の普通も残っていたように思います。
JRでは、東京駅で横浜と新宿方面に分割した後の成田エクスプレスが6両、新宿駅に乗り入れてくる東武のスペーシアも6両編成ですね。

営団2000型ほか 渋谷 1973/8 いま電車のある場所にメトロの渋谷駅ができています
京急800型 大森海岸 1984/2
東武100型 新宿 2019/3

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) 10連ぐらいが当たり前と思っていた東京圏の鉄道ですが、意外と6連の路線も多く残っているのですね。
出張時に偶々ラッシュ時に丸の内線に乗らなければいけない用件があって、もう混み合って死にそうになった
のを思い出しました。
 

6/8の京阪・石清水八幡宮参道ケーブル!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月28日(日)06時49分15秒
返信・引用 編集済
  今月6/8月曜日は本年初の京阪訪問日であり、交野線を訪れた後は昨年にリニューアルされた鋼索線へ
向かいました。昨年の今頃、暫くの期間だけ運行休止して設備や車両の更新を図ったもので、路線名
や駅名も、男山ケーブル→石清水八幡宮参道ケーブル、八幡市駅→ケーブル八幡宮口駅、男山山上駅
→ケーブル八幡宮山上駅に改称されていました。
これまでの旧京阪特急色の車両も良かったですが、今回の金ピカ塗装も格好いいですね。
路線は短いですが、途中にトンネルが2ヶ所もあって楽しめます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

今月6/5のお昼ごはん-大阪・鶴橋「本場韓国料理 チング」!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月27日(土)20時13分11秒
返信・引用 編集済
  今月6/5金曜日のお昼ごはんは、緊急事態宣言も解除され2ヵ月振りに県境を越えてお馴染みの
「近鉄大阪線・関屋」まで撮りに行った日ですが、帰路にお決まりの鶴橋で途中下車してこの
「本場韓国料理 チング」に入りました。
鶴橋駅改札口を出て東側に直ぐの場所にあるこの店は以前も入った記憶があるのですが、店の
名前が変わった様な気がします。気さくなオモニがやっている如何にも鶴橋らしい韓国料理店
であり、地元の人々で賑わい韓国語が飛び交っています。
1,000¥程度の各種定食が揃っている中から今回は「石鍋ビビンパ定食」をチョイス ♪
キムチ、ナムルを始め6種類のツマミが並んで豪華だし、熱々の石鍋にオモニが感心する程、
思いっ切りコチュジャンをまぶし更にキムチも加えて頂きました。ナムル類もお代わり自由
だったのも嬉しですね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

6両編成 Ⅲ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 6月27日(土)11時12分41秒
返信・引用
  6両編成の3回目は小生が初めて撮った阪急千里線です。1972.11下新庄の鉄橋でデイ100型と700系が6連で走っていました。この辺りの形式の電車が好みの割にはカメラを向けることが少なかったのが悔やまれます。毎日中津を通って通学していたのでしっかり撮る事で来たのに残念の極みですね。  
    (RRE) 今となっては貴重なお宝画像ですね。
小生は'75年から毎日千里線で通学する様になり、残念ながら100系は引退後でしたが、700、
710、1300、3300系等にお世話になりました。
でも沿線にストレートで撮れる好撮影地が無かったためか、何故か通学途中で千里線沿線で
撮影した事は一度も無く、この下新庄の鉄橋でもいまだに未撮影なのが残念です。
 

6両編成(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月27日(土)06時00分23秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「6両編成」に対する、2回目の投稿です。

今回は「国鉄時代 西日本地区の6連気動車」を紹介します。
小生が撮った国鉄時代の記録の中から、西日本地区(現JR西日本管内)での6連DCのカットを探しました。
当時としては急行運用ではもっぱらキハ58系ばかりでしたが6連ではちょっと物足り無い感じがして、
ローカル運用では多彩な車種が連結されており色々と楽しめましたね。
以下、3枚を貼っておきます。
・キハ17 他6連:'70/11/23 桜井線・天理
・キハ45 他6連:'75/11/5 氷見線・氷見
・キハ58系 6連:'75/12/25 山陰線・福知山

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月5/28の阪神特急・月見山~須磨寺!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月26日(金)05時54分8秒
返信・引用 編集済
  先月5/28木曜日は、緊急事態宣言も解除され久々に西宮市内を抜け出して「山陽電鉄・月見山
~須磨寺」の線路端を彷徨った日ですが、山陽以外に勿論、行き交う阪神特急も撮りました。
やって来るのはこのオレンジの8000系ばかりで、1000系や9000系には滅多に出会えませんね。
でも、緑多い山陽沿線では活き活きと走っている様に見受けられ、こちらも嬉しくなります。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

6両編成 Ⅱ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 6月25日(木)10時15分54秒
返信・引用
  6両編成の2回目は元地元関西線の普通列車です。気動車時代はキハ35・36の2・4・6連が中心で快速は1部8連もありました。17系・20系・35系・58系等が入交り色々楽しませてくれる時代でした。気動車時代はまだ蒸機が走っており気動車列車をほとんど撮っていませんでした。
1972.5加美ー久宝寺間で撮った35系6連の湊町-柏原の普通列車
1973.10.1電化開業日の101系普通電車河内堅上付近
2017.4.30河内堅上ー三郷間の103系6連普通電車です。
 
    (RRE) 関西線は電化以降、環状線に乗り入れたり大和路線として大いに近代化されましたね。
つい最近まで快速は4連とか6連が主流で8連もありましたが、今や全て8連となり隔世の感があります。
 

先月5/26の東海道線・さくら夙川~芦屋!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月25日(木)05時48分4秒
返信・引用 編集済
  先月5/26火曜日は、緊急事態宣言も明け約3ヵ月振りに散髪に行く道中に線路沿いへ立ち寄って "お散歩鉄"
した日ですが、阪急以外にJRの線路端でもカメラを構えました。
もう毎度お馴染みで食傷気味の「東海道線・さくら夙川~芦屋間」ですが、この日はめぼしいカマも何も
やって来ないし超曇天だったので発色ももう一つです。
それでも勝手気ままに出歩ける様になった自由さを満喫しました。EF210とEF66を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

6両編成 !

 投稿者:新さん  投稿日:2020年 6月24日(水)14時52分1秒
返信・引用 編集済
  〇〇年前の今日の一枚として小生の明日の掲示板に貼ろうかと用意していた一枚です。
昔は長大編成のDC急行なども沢山あり、ローカルでも通勤時には多種のDC混結での長い列車も
沢山ありましたが、最近ではほとんど見かけなくなりました!
この男鹿線の6連も今はなくなり5連が一番長いようです。現存する6連のDCは左沢線のキハ101形が
通勤通学に数本運用されています。芸備線には40系DC6連が朝の運用に一本残っているのでしょう
か???未確認です!!
2014.6.25   天王-船越 キハ48517

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) 長大編成が当たり前だった国鉄時代のローカルDCも、今や単行とか2連の時代になってしまいましたね。
左沢線に未だ6連が残っているとは驚きです。
芸備線の広島口では4年前に5連を見掛けました。
 

6両編成 Ⅰ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 6月24日(水)11時57分49秒
返信・引用
  6両編成の1回目は地元界隈の電車から近鉄・南海・阪和線をお送りします。近鉄は支線も含めますと特急も快急以下の編成も2連から10連まで多種多様です。地元付近では6連が多いですが、6連
の一気通貫の編成は少ないですね。4+2連が一般的です。2020.6.20長瀬ー俊徳道間の5155F+2連・2019.9.23今宮戎で撮った6001トップナンバーです。引退表明も出された形式ですね。
最後にもう見れなくなった阪和線の103系(2017.1.7堺市ー三国ヶ丘間)
 
    (RRE) 多彩な編成を有する近鉄ですが、6両固定編成も結構多いですね。
特急車ではアーバンライナーに伊勢志摩ライナーにしまかぜ、通勤車でもシリーズ21を始め6連が多く、
色々な組合せが楽しますね。
それに対して、阪急では今津北線と「京とれいん」ぐらいしかありません。
 

6両編成(その1)!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月24日(水)05時44分5秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「6両編成」に対する初投稿です。

まずは地元阪急で通学・通勤時にお世話になった「山陽乗り入れ 須磨浦特急」を紹介します。
阪急と山陽電鉄は'68年の神戸高速鉄道開業に伴い直通乗り入れを開始しましたが、阪急では基本的に
特急が山陽・須磨浦公園まで運行され、ホーム有効長の関係から6連しか乗り入れ出来ませんでした。
当初は、梅田発毎時0分と30分が須磨浦公園行特急6連で、他の10、20、40、50分発が7~8連の高速神戸
行特急(一部に新開地行あり)だったと記憶します。
時代は輸送力増強期であり特急は8連化されても須磨浦公園行はずっと6連のままであり、ラッシュ時
には一部の列車は三宮で2両を増解結して対応しましたが、通学・通勤時に6連の特急に当たるとその
混雑振りに辟易したものです。
後には一部の時間帯や休日だけは各停のみが山陽へ直通する様に、ダイヤ改正の度に試行錯誤で変更
される繰り返しでしたが、遂に'98年限りで直通運転は中止となりました。
阪急神戸線にて6連の須磨浦公園行特急が活躍していた姿を、以下3枚貼っておきます。
・2000系6連 "須磨浦"特急:'71/5/1 夙川
・5000系6連 "須磨浦"特急:'75/7/24 西宮北口
・5100系6連 "須磨浦"特急:'74/6/5 六甲

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

6/2のお昼ごはん-阪神西宮「レストラン ロンドン」!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月23日(火)20時04分21秒
返信・引用 編集済
  6/2火曜日のお昼ごはんは、奇しくも "赤胴車" 最終運行日の訪問となった阪神・武庫川線撮影の帰路
に阪神西宮駅付近をランチ出来る店を探して彷徨い、この「レストラン ロンドン」に入りました。
以前は確か別の名の洋食屋だったはずですが、店内は同じながらも数年前に別の店に変わった模様です。
ポークカツや海老フライ、ハンバーグ等の昔ながらの洋食屋といったランチメニューが並んでいる中に
「トルコライス」を見つけたので速攻で注文しました。
"トルコライス"と一口に言っても発祥の地(?)の長崎でも様々な形態がありますが、出て来たのは
白飯にポークカツが載ってデミグラスソースを掛けたものでした。確かにソースは美味いし一流
レストランの味わいですが、これでは加古川の"カツめし"とおんなじやん! カレーピラフにカツが
載ったあの長崎でよく出会ったタイプの方を食べたかったです・・・。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の"撮れ撮れ"画像-阪急甲陽線・苦楽園口~甲陽園!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月23日(火)05時44分38秒
返信・引用 編集済
  昨日6/22月曜日は朝から好天だったので、"自宅から徒歩三分鉄" へ ♪
お馴染みの「阪急甲陽線・苦楽園口~甲陽園」ですが、夙川の河原に紫陽花が咲き乱れています!
甲陽線を行く電車と絡めて撮れる構図は限られていますが、桜満開の頃と同様、この季節にカメラを
向けるのが毎年の恒例行事となりました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

鮮魚電車解体待ち

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 6月22日(月)17時42分49秒
返信・引用
  6/7まで高安南車庫に留置されていた鮮魚電車が6/8には姿が見えなくなり6/20ついに高安工場の解体ラインに留置されており車体のナンバーが切り取られていました。
6/20は会社の植込みの素人剪定に出かけた帰り、好みの長瀬ー俊徳道間で1時間ほど撮りました。
難波15:30発の名阪乙特急は12200系+22000系でした。ひのとりは難波16:00発の列車です。12200系はかなり運用が少なくなっています。
 
    (RRE) 悲しい姿ですね。
先日6/5の関屋詣での際には、現地でも道中でも一度も12200系を見掛けませんでした。
これからはこれが日常の姿になるのですね。
 

先月5/14の阪神・打出~香櫨園!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月22日(月)06時07分23秒
返信・引用
  先月5/14木曜日は、"Walking鉄" で地元「阪神・打出~香櫨園」の線路端で撮った日ですが、
先日報告したジェットカーの他にも勿論、行き交う特急電車も撮りましたので貼っておきます。
現地に着いた途端、何だか見慣れぬ白っぽいラッピング編成が三宮方面に下って行ったので、
これが戻って来るまでと時間を決めて30分強の "踏切鉄" を楽しみました。
どれも芸の無い全くドンピシャの同じ構図ばかりですが、山陽5000系のリニューアル編成も
撮れたし、戻って来た白い編成は海遊館の30周年を記念した近鉄5800系の「海遊館トレイン」
でした。ラッピングも凝っていますが、車内も楽しそうなので一度乗らねばなりませんね。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

本日は父の日!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月21日(日)20時00分40秒
返信・引用 編集済
  本日6/21日曜日は「父の日」! これまであまり縁が無かったのですが、今年はどういう訳かプレゼントを貰いました!
何故かおまけに小さなクッキーも付いていましたが、開けてみると首に掛ける携帯扇風機「W-Fan」というものでした。
アマゾンか楽天で申し込んだそうですが、今はこんなのがトレンドなのでしょうか? USB充電ケーブルも付属しており、
本体のスイッチで風量が3段階に切り替えられました。
見た感じは本体のフレ-ムはフレキシブルで広げて頭からスッと被って着けるものと思っていましたが、ガチガチに
硬くて首の一番細い部分を通して装着するので、下手したら首を絞めつけそうだし、騒音がうるさいのが気になります。
先端のファン部分は角度を変えられるので、顔に向けて涼しく吹かせる事ができますが、なにしろ大きくて小さなカメラ
バックには入らないし、こんなのを首からぶら下げて電車に乗って撮影に行くのも気恥ずかしい感がありますね。
どの機会に初デビューするか、思案のしどころです。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

憧れ(その5)!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月21日(日)05時51分19秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「憧れ」に対する、最後となる5回目の投稿です。

今回は純白の中を駆け抜けるシーンに憧れていた「長野電鉄・雪景色の中の2000系」を紹介します。
長野電鉄・2000系は転換クロスシートを備えた有料特急車で、優雅な正面2枚窓流線形スタイルと"りんご"
の愛称ピッタリの赤地にクリームのツートンカラーと金太郎掛けの正面塗り分けに魅了されました。
この'78年1月は毎冬恒例の大学研究室のスキー旅行で野沢温泉に行った時ですが、最終日はもう我慢
し切れず一人で始発バスで木島駅まで出て、信州中野乗換えで湯田中に向かい、湯田中駅周辺で暫く
撮ったと記憶します。
地元関西では年に1、2度ホンの僅かにうっすらと積もるかどうかなので、雪景色の中での撮影は恐らく
初めてで、白銀の中を颯爽と走る2000系の姿に夢中になってカメラを向けました。
リュックとスキー道具一式は湯田中駅の待合室に置いたままであり、盗られる心配も無く長閑な時代でした。
'78/1/9の湯田中周辺でのカットを3枚貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月5/29の夜ごはん-三宮・なきぼくろ Dining!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月20日(土)20時03分52秒
返信・引用 編集済
  先月5/29金曜日の夜ごはんは、緊急事態宣言も解除された事だし、久々に会社時代の友人と三宮にて
飲み会する事にして、この和風創作料理「なきぼくろ Dining」に入りました。
三宮西口近くのビルにある居酒屋で、入店時にはしっかりと検温され手も消毒しビニールで覆われた
半個室風の席に案内されますが、他には殆どお客は来ていませんでした。
メニューを見ながら選ぼうとしたのですが値段が書いて無いので不思議に思っていたら、何と
「なきぼくろコース」というコースメニューを見ていました。いちいち単品を注文するのも面倒なので、
そのコースに地酒メニューも豊富な「プレミアム飲み放題」も付けました。
サラダにお造りにローストビーフ、更にはチーズグラタンにチヂミに牛ステーキと盛り沢山で、最後に
出た「アジの天ぷらと筍のあんかけご飯」が逸品でした。
地酒は兵庫県中心で片っ端から頼んだし、久し振りに思いっ切り飲み食い出来ました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々週金曜の近鉄大阪線・関屋!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月20日(土)06時10分39秒
返信・引用 編集済
  先々週6/5金曜日は緊急事態宣言も解除された事だし、2ヵ月振りに県境を越えて大阪府、更には
奈良県まで越境してお馴染みの「近鉄大阪線・関屋」までまたまた行って来ました。
此処へ来るのは本年1月に "ひのとり" 80000系の試運転を撮りに来て以来だから、約半年振りでした。
翌週の6/13からは "ひのとり" が増備されて名阪甲特急の大半が置き換わってしまうし、12200系を
始め汎用特急車の去就も気になるのでやって来たのですが、これまで独占していた名阪甲特急の座
から名阪乙特急運用へと移行する "アーバンライナー" 21000系の記録も欠かせません。
これまではパスする事も多かった21000系ですが、この日は約1時間の滞在の間に上下合わせて4本も
撮れたので満足でした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

弊サイト マイナー修正-「栗原電鉄」!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月19日(金)06時20分30秒
返信・引用
  弊PCサイトのアルバム「栗原電鉄」に関し、画像を追加するなどマイナー更新を図りました。
   http://rre.ninja-web.net/prvrc/kurihara1/kurihara11.htm

'74年8月に初訪問した際の記録で、石越から若柳まではバスを利用したし、若柳車庫で一通り撮った
後は細倉方面行の電車に乗ったものの、沢辺で下車して中尊寺行の高速バスに乗り換えました。
従って、乗車した区間は僅かだし全車両を網羅して記録出来ず、観光か撮影か中途半端な旅でしたが、
まあ当時は車庫さえ行ければ満足でした。
M153、C152とED203を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

本日のお庭-コナラ伐採!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月18日(木)19時52分46秒
返信・引用 編集済
  本日6/18木曜日は、ずぅ~っと以前に庭に植えたコナラの木がどんどん成長して、根本付近に通って
いる下水管や汚水管の中にまで根っこが侵入して数年おきに詰まってしまうという弊害が顕著になって
来たので、この際、思い切って伐採する事にしました。
何時も我が家の庭の手入れでお世話になっているガーデニング業者に頼んだら結構格安で引き受けて
貰えたので、本日朝から伐採の作業を開始しました。
二階の屋根を越えるぐらいの巨木ですが、スルスルと木を登って適当な大きさの枝毎にチェーンソーで
切っては、下で待ち受けるクレーンで吊ってトラックに載せるという作業を繰り返し、ものの2時間位
で完了したのには驚きました。
命綱も無しに木の上でヒョイヒョイと作業する姿に感銘を覚える共に、直ぐ横の二階の窓からカメラ
片手に見ていてヒヤヒヤものでした。
スッカリ切り株状態になったので、後日、薬品を注入して枯れさせればお終いとの事で安堵しました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

憧れ(その4)!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月18日(木)06時12分56秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「憧れ」に対しする4回目の投稿です。

今回は幼い頃から絵本や雑誌上でその優雅な姿に憧れていた「小田急 "NSE" 3100系特急車」を紹介します。
小田急3100系は、好評を博した3000系に引き続き'63年に登場した新造特急車で、"小田急ロマンスカー"の
名を更に高めました。イタリア国鉄の名車ETR300 "セッテベッロ" を意識したと思われる運転席を2階に上げ
前面展望席を設けた斬新な曲線美は、名鉄7000系 "パノラマカー" には若干後塵を拝したものの、
"NSE"(New Super Express)という愛称で親しまれました。
小生は関西在住なのであまり乗車する機会には恵まれず、先頭車に乗れたかどうか記憶も曖昧で、文字通り
"憧れ" で終わってしまったのが残念です。
3100系が'70年代に活躍する姿を、以下3枚貼っておきます。
・'74/3/13-南新宿
・'73/4/2-下北沢
・'75/8/3-豪徳寺

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

憧れⅢ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 6月17日(水)22時26分11秒
返信・引用
  憧れの3回目です。これも前回のクモハ52と同様に出会いたかった車両でキハ07型気動車です。1972年KG入学時には国鉄線内には無かったと思います。初めて出会ったのは1972.3加越能鉄道の石動駅でした。ここでは撮っただけに終わったのが悔やまれます。この後すぐに廃線になったと思います。2回目は同じ年の11月23日有田鉄道の07206を藤並で撮りました。3回目はS52.9.11片上鉄道片上駅です。ここは前照灯も運転台下の2つ目に改造されたり前面の窓も少し改造され少し違和感を感じました。私の憧れはすべて懐古ものですね。いまこの車輌に乗ってローカル線を乗り鉄したいですね。  
    (RRE) これらの国鉄型古典DCにも憧れました。
小生は加越能には間に合いませんでしたが、北陸鉄道・能登線や水島臨海でも出会えました。
鹿児島交通にも類似の車両が走っていましたね。
 

先月5/21の阪急甲陽線・苦楽園口~甲陽園!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月17日(水)05時57分37秒
返信・引用
  先月5/21木曜日は、未だ自粛期間中だし曇天だったので特に行く宛も無く、超地元の阪急甲陽線に
カメラを向けました。
何時もは夙川駅方面へ散歩がてら南下しながら撮るのですが、今回は反対方向の「苦楽園口~甲陽園」
で久々に狙ってみました。
もうこれまで何百回、いや何千回と眺めて来た風景ですが、意外と緑豊かなのには驚かされます。
6000系3連のワンマン編成しかやって来ませんが、甲山バックのシーンが好みです。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

憧れⅡ!

 投稿者:EF5861  投稿日:2020年 6月16日(火)21時15分13秒
返信・引用
  憧れの2回目ですが高校時代から写真に撮りたいなと思った電車クモハ52です。関西の旧国は51・60・73系が主力で2扉車はありませんでした。まして流線形などは臨むべきものではない時代でした。飯田線を走る52系の写真を見て撮りたい気持ちが高ぶったのを思い出しました。1972.8.20 東北合宿の道中、豊橋で途中下車して撮ったのが初めてでした。その後何回か撮りましたがいずれも駅撮りだけです。1977.10.10夜間の豊橋駅での撮影がお気に入りです。  
    (RRE) モハ52は小生にとっても憧れの車両でしたが、さほど旧国には興味が薄かったので飯田線には通わなかった
事を今更ながら悔いてしまいます。
確か豊橋電車区訪問時に構内で撮ったのが1枚切りで、営業運行中の記録が無いのが残念です。
 

先月5/28のお昼ごはん-須磨寺・寿し竹!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月16日(火)20時20分16秒
返信・引用
  先月5/28木曜日のお昼ごはんは、須磨寺を参拝した後、参道沿いの中からランチ出来る店を探して、
この「寿し竹」に入ってみました。
ランチメニューは幾つかある中から、店の表に出ていた看板メニューの「うの花ずしランチ」を
頼みました。この名を聞いたのは初めてですが、鯖寿司の上にタップリと卯の花をまぶしたもので、
この店の名物でしょうか? それとも須磨寺付近のご当地グルメなのでしょうか?
卯の花って、いわゆるおからですよね? 甘~く味付けてあるので、これだけでもビールのアテに
なるし、しかもこぼれそうな程に盛ってあるので勿体なくて残さず食べるのに苦労しました。
茶碗蒸しにフルーツも付いて、なかなか安くて結構なランチセットでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月5/28のお出掛け-須磨寺!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月15日(月)19時49分33秒
返信・引用 編集済
  先月5/28木曜日は、山陽電鉄の月見山~須磨寺間の沿線で撮りつつ須磨寺駅に到達したら、丁度
真っ直ぐ北へ延びる参道があって鳥居の向こうに「須磨寺」が見えたので寄ってみました。
これまで車で初詣に来た事はありましたが、歩いて来たのは初めてでした。境内には平敦盛や弁慶、
義経など源平ゆかりの史蹟が多く見られ、歴史的にも見所満載でした。
時節柄、参拝客は少なくゆったりと落ち着いて見学出来ましたが、盛夏みたいに蒸し暑い日だった
ので、見上げた山腹に聳えていた奥の院まで登る気力は残っていませんでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

憧れ(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2020年 6月15日(月)05時57分54秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「憧れ」に対する3回目の投稿です。

今回は趣味誌上でその雄姿を昔から見て憧れていた「中国鉄道部・前進型蒸気機関車」を紹介します。
前進(QJ)型SLは、幹線用の客貨両用機として中国全土に4700両以上も配置された中国最大の機関車で、
世界最後の量産型SLとも言われています。
小生は'80年代後半に隴海線向けにELを輸出した際、試運転のために何度か洛陽へ出張しましたが、
機関区内は右を向いても左を向いても前進型だらけで、その雄大さに魅せられて小躍りしたものです。
でもその日常的な光景に直ぐに慣れてしまい、あまり必死になってカメラを向けなかったのを悔いて
しまいます。
当時の記録に中から、以下3枚貼っておきます。
・2293号機:'87/11 洛陽機関区
・2524/2049号機:'87/11 山門峡西機関区
・1846号機:'88/3 北京・鉄道科学研究院実験線

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

憧れ!

 投稿者:moni5187  投稿日:2020年 6月14日(日)18時33分4秒
返信・引用
  当方、SLブーム全盛の頃ですが、C53の3シリンダーのドラフト音に憧れたことがありました。
当時レコード屋さんで「雨の布原三重連」か「鷹取のC53(だったと思います)」のどちらを買うか迷い、
結局、前者の33回転のEP盤を買いました。ポータブル電蓄で、ノイズだらけになるまで聞いたものです。
しばらく後、C53はもう走らないことを知り、あの時C53にしとけば良かったと、後悔しきりでした。
時は流れてネット時代になり、動画サイトであの3拍子の音を聞き、長年の憧れを実現することができました。
というわけで、赤ナン時代のC5345を投稿いたします。1975年10月1日。梅小路蒸気機関車館。

https://ict.easymyweb.jp/member/moni5187/

 
    (RRE) 当然ながら小生はC53が現役の頃には出会っておらず、梅小路で静態を見ただけのはずです。
当時は各社から色々な鉄道音源が発売されていましたね。小生はキングレコードの鉄道シリーズから
「阪急」、「近鉄」に「名鉄」、「小田急」を買いました。
 

憧れ!

 投稿者:モボ101  投稿日:2020年 6月14日(日)16時52分38秒
返信・引用
  1ドルが360円の固定相場の頃、朝日新聞社の「世界の鉄道」で見る海外の列車は、まだ憧れの対象にもなりませんでした。手の届く範囲の憧れといえば北の大地、なかでも道北や道東の日本離れした風景の中を走る北海道の列車。均一周遊券で乗れる急行列車と連絡船で行く北海道は、今のヨーロッパより時間距離が遠かったですね。
鉄道ファンに人気の列車といえば、函館-札幌間のうち山線区間がC62重連の牽引となる急行「ニセコ」。でも憧れの列車は、宗谷本線をスポーク動輪のパシフィック機C55が牽引し、札幌から日本列島の北の果て稚内に至る、夜行の急行「利尻」。当時の鉄道ジャーナル誌にあった「列車追跡シリーズ」には、夏季の多客時には増結車のため牽引機がC55の重連になるとのレポートがありました。乗車したのが8月も月末に近かったからか単機牽引でしたが、数少ない蒸気機関車が牽引する優等列車の乗車体験の一つです。
国鉄の蒸機終焉まで1年半となった1974年の夏には、急行「利尻」の牽引機はDD51に交代していたものの、旭川-稚内間の普通列車には、まだC55が健在でした。

1969/8 C5516(1次型) 急行利尻 幌延
1970/3 C5549(3次型) 急行利尻 稚内
1974/7 C5530(2次型) 321列車 美深

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) 北海道にはSLだけではなく、北の大地のイメージに憧れていましたが、何しろこちら関西からは遠く、
SLが健在な頃には残念ながら行けませんでした。
定山渓とか旭川とか、小生の好きな電化私鉄が早々と廃線となってしまったものその要因の一つです。
その反動か、学生時代に渡道した際は道庁に北大ポプラ並木、襟裳岬や知床等の観光地巡りに徹して
しまいました。
 

レンタル掲示板
/245