teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


冷房改造(その4)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月20日(土)06時37分43秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「冷房改造」に対する4回目の投稿です。

今回は関東大手私鉄の中から「東急電鉄・7000系電車」を紹介します。
東急7000系は我が国初のオールステンレスカーとして'62年に登場し、バッド社との技術提携による
オールステンレス鋼車体とパイオニア形台車を採用して省保守化を実現したのが特長でした。日比谷
線乗り入れ用として計画されたのため2両1ユニット方式のオールM編成となり、東横線の急行や日比谷
線直通車等に活躍しました。
オールステンレス製車体は腐食に強く、電機品や内装が老朽化した後も充分に再利用が可能であった
ため、'87年からは機器更新によるVVVF制御化と冷房化を実施して7700系に生まれ変わり、目蒲線や
池上線で活躍すると共に、残りの編成は全て各地の地方私鉄に譲渡されました。
譲渡先の中でも北陸鉄道や水間鉄道向け等では、入線改造時もしくは譲渡後に冷房化された編成が
ありました。
以下、東横線で活躍していた頃のカット、並びに譲渡後の姿を3枚貼っておきます。
・東急 7000系(非冷房):'74/3/11 東横線・新丸子~多摩川園前
・北陸鉄道 7000系(冷改後):'13/4/12 石川線・新西金沢
・水間鉄道 7000系(冷改後):'04/10/10 三ツ松

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 
 

先月6/23の夜ごはん-宗像市・ロイヤルホテル宗像!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月19日(金)16時40分36秒
返信・引用 編集済
  先月6/23日曜日に家族旅行で参加したバスツアーの宿泊先は、福岡県宗像市の「ロイヤルホテル宗像」でした。
この全国チェーン店である "〇〇ロイヤルホテル" には何度か団体旅行で宿泊しましたが、毎回海外からの団体
客で混み合っているのと不味いバイキング料理で酷い目に会って来ており、今回も最初から諦めモードでした。
料理が余りにも貧相なら、館内の他の和食か中華のレストランへ移ろうかと考えていた所でしたが、それなりに
メニューは揃っているし、特に板前さんが目の前で揚げてくれる天麩羅はホクホクサクサク旨くてお代わりする
程だったし、長崎名物の角煮まんじゅうや担々麺等も意外と美味くて、拍子抜けでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先々月5/30の近鉄大阪線・耳成~大福!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月19日(金)06時41分21秒
返信・引用 編集済
  先々月5/30木曜日は、名残りの105系を求めて桜井線に出掛けた日ですが、香久山で途中下車して
周辺で撮るまでの列車待ちの合間に、直ぐ北側を走っている近鉄の踏切にも行って来ました。
大阪線の耳成~大福間に相当する区間であり、運良く50000系「しまかぜ」を始め特急群がバンバン
通過する絶好のタイミングでした。僅か20分間の滞在でしたが、耳成山をバックに良いショットが
撮れて大満足でした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/23の山口県・元乃隅神社!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月18日(木)06時45分35秒
返信・引用 編集済
  先月6/23日曜日には、家族と共にバスツアーで山口県・長門市の「元乃隅神社」を訪れました。
真っ青な海と真紅の鳥居とのコントラストは衝撃的で、遠くから車窓越しに見えた時にはバスの車内中
に歓声が上がりました ♪
ホンの最近になってインスタグラムか何かで突如人気が出たのでしょうか? 観光客を呼び込むための
整備が追い付かず、駐車場は狭くて入場待ちの一般車は長蛇の列だし、道中の道は極端に狭くて大型
バスはすれ違う事も出来ず、絶えず無線連絡で指示を受けながら現地に向かいます。
確かに "日本で最も美しい場所" の一つに選ばれるだけの事はある絶景ですが、果たしてわざわざ此処
だけを訪れる価値があるかは疑問で、萩とか青海島観光のついでに寄るのには良い場所かも知れません。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

本日のお出掛け-京都・祇園祭・前祭山鉾巡行!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月17日(水)19時34分58秒
返信・引用 編集済
  本日7/17水曜日は京都で祇園祭の「前祭山鉾巡行」が催される日だったので、昨年に引き続き早速早朝から
家を飛び出しました。
四条烏丸を出発した後、昨年と同様に反時計回りに巡行するので、まずは "辻回し" が見られる四条河原町
に出向きましたが、立錐の余地も程の超混雑振りで背伸びしてもカメラを掲げても撮れそうにありません。
人混みを掻き分け掻き分け河原町三条辺りまで北上して、何とか歩道脇に見渡せる場所を確保しました。
昨年は灼熱地獄の中をウロウロ歩き廻って後悔したので、今回はこのビルの影で日焼けする事も無くまあ何とか
過ごせる位置をずっとキープし、半分程度の山車を見学しました。
計23基が間髪置かずどんどんやって来るので、夏の風物詩としてもとても見応えがありますね。その中から
「菊水鉾」に「函谷鉾」と「保昌山」を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

武庫川線 武庫川駅

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月17日(水)07時49分9秒
返信・引用 編集済
  貴兄の冷房改造の武庫川線単行電車を拝見して改めて自分の写真を探してみましたが冷房改造後は撮影していませんでした。というよりこの撮影がおそらく阪神電車の国道線以外の初撮りでその後も阪神はほとんど撮影しないまま初期の新型電車を撮り逃がしたことが悔やまれます。この日は確か甲子園球場で日米野球を見た日の序撮りです(1974.11)武庫川線の北側にはまだ国鉄線との3線区間の名残があったようですね。昨日KGの先輩からピク誌に投稿された写真をを送られてきました。偶然その中にこの記事もあり驚きました。  
    (RRE) 何と!
高架工事中の園田駅の画像は撮った事を覚えていますが、正雀構内での3000系冷房車は
未スキャンのコマなのでスッカリ忘れていました。
この当時、ピク誌のトピックフォトに掲載されると、掲載誌1冊と鉄道図書刊行会のみに使用
出来る図書券300¥が送られて来たと記憶します。
 

冷房改造(その3)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月17日(水)06時24分36秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「冷房改造」に対する3回目の投稿です。

今回も前回に引き続き地元の関西大手私鉄から「阪神電鉄・3301形電車」を紹介します。
阪神3301形は、片運の3501形と共に'58年に登場した両運、前面貫通式片側3扉ロングシートの高性能
急行用車でした。クリームとオレンジバーミリオンの急行用塗装色は当時人気のあった漫画キャラクター
から「赤胴車」と名付けられ、'60~'70年代を代表する阪神スタイルを確立しました。
本線では主に増結用に、武庫川線では単行運行されましたが、大容量MG装置の搭載スペースが無く、
'76年の冷房化以降も単行運用では冷房は使用出来ませんでした。
'86年には廃車となりましたが、元気で活躍していた頃の姿を以下に3枚貼っておきます。
・3301号車(冷房化前):'70/4/23 武庫川線・武庫川
・3304号車(冷房化前):'74/10/4 武庫川線・武庫川
・3303号車(冷房化後):'84/1/16 武庫川線・武庫川

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/22の夜ごはん-苦楽園「インド料理 シュリアルナ」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月16日(火)19時56分1秒
返信・引用 編集済
  先月6/22土曜日の夜ごはんは、何となく家族で外食したくなって、地元苦楽園の馴染みのインドレストラン
「シュリアルナ」に行きました。
駅からは少し離れた場所にあるので集客には苦戦しているのか、何時行っても店内はガラ空きだし、メニュー
も値下げしたりしています。
毎度、看板メニューであるカレー2種類にチキンティッカやにシークカバブも付いた1000¥の「ヘルシー
ランチ」を頼んでいたのですが、それが無くなってしない、同じく1000¥の「スペシャルサービスセット」
を注文してみました。
チキンカレーにキーマカレーと野菜カレーの3種に加えてサラダも付いて、何とナンとライスは食べ放題で
カレーもお代わり可能(食べ放題とは違う?)という、信じられないセットでした。
前回行った時に貰ったサービス券でワインとビールをゲット出来たので、とてもお代わりなんて出来る余裕
などありませんでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

一昨日の南海・加太線-めでたいでんしゃ!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月16日(火)06時54分14秒
返信・引用 編集済
  一昨日7/14日曜日は、淡輪で宿泊して学生時代の鉄研仲間と運転会を楽しむ前に、南海・加太線に寄って
来ました。毎年、この機会を利用して南海沿線、特にこの "さかな線" を巡るのを常としています。
3年前は「ピンク色のめでたいでんしゃ:さち」に出会い、昨年は「水色のめでたいでんしゃ:かい」が
登場し、今年は「赤色の新めでたいでんしゃ」が子供として誕生しました!
加太線は昼間閑散時は30分間隔の2本運用であり、一般編成も運行されているので、この3本を同時にゲット
するのはなかなか難しいです。南海のサイトで公開されている時刻表を頼りに、ピンク色は紀ノ川で入庫前
の最後の運用を、水色は線内で運行中の姿を磯ノ浦で、赤色はこれから運用に投入される前の構内移動を
和歌山市で捉える事が出来て、ラッキーでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

冷房改造! Ⅶ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月15日(月)21時12分14秒
返信・引用
  冷房改造!の7回目(ちょっと多すぎますね)前々回と同じ富山地鉄から偶然同じ車番の172が写っていました。1974.9.24と1997.8.24です。これも3個あった前照灯が2個になっていました。
序に本日は家人とのドライブで多賀大社・醒ヶ井の地蔵川の梅花藻を見てきました。多賀大社では掛け軸を返納し、元気で長生きを願い境内にあった寿命蕎麦を頂いてきました。
 
    (RRE) 富山地鉄は車種も豊富で懐かしい車両が多いので楽しみだし、この塗装色も未だに健在なのが良いですね。
寿命蕎麦はサッパリして健康そうで、これは行かねばなりませんね ♪
 

昨晩の運転会!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月15日(月)20時36分26秒
返信・引用 編集済
  昨晩7/14日曜日は、楽しい楽しい運転会! 毎年この季節恒例の学生時代の鉄研仲間による泊まり込みの
飲み会兼運転会で、淡輪での楽しい夜を過ごしました。
Nゲージも16番も、さらには13mmゲージの車両もレアなものばかりで、正に百花繚乱の世界でした ♪

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

冷房改造! Ⅵ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月15日(月)07時56分54秒
返信・引用
  冷房改造!の6回目は105系です。主に西日本の閑散電化路線に使用されています。新造車や改造車があり車体形状も様々です。和歌山・桜井線からはこの秋には姿を消すようですね。冷房も集中型や分散型・簡易型など色々あるようです。8月後半から小生も簡易勤務になるので平日に近場に撮影に出かけたいと思っております。1985.2.10和歌山駅(非冷房車)・1998.9吉野口の冷改車です。  
    (RRE) ↑の投稿の通り、昨日は淡輪に泊まったので、本日7/15は和歌山線を巡って名残りの105系に
会って来ました。その成果は後日報告します。
おっ、これからは量産体制に移行ですね ♪
 

冷房改造!

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 7月14日(日)22時26分12秒
返信・引用 編集済
  例によって路面電車から。

京都市電900型をワンマン改造した1900型。1978年の市電全廃に伴い15両が広島電鉄に譲渡。
1980年の運転開始時は大半が非冷房のままでデビューし、その後1~2年で全車冷房化されました。

非冷房で、ラッシュ時には車掌が乗車してワンマン表示のない、過渡期の広電1900型の写真は珍しいかもしれません。

1978/9  京都駅
1980/12 広島駅
2009/11 八丁堀

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) 路面電車まで冷房化が進んだのは'80年代に入ってからで、それも後半以降でしたね。
「京都から来ました。よろしく」の横断幕を掲げて運行投入されていた頃が懐かしいです。
 

冷房改造! Ⅴ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月14日(日)22時14分41秒
返信・引用
  冷房改造の5回目は富山地鉄10020系です。この会社の形式の付け方は複雑でなかなか理解できません。たまたま1974.9.24稲荷町で撮っていた写真があり冷房化後の写真を探しておりましたら1997.8.24同じ稲荷町で10026が写っていました。おでこのライトが3個から2個に変わっていました。  
    (RRE) 稲荷町の車庫が懐かしく、珍しい車両の宝庫で目の色を変えて構内を飛び回ったものです。
冷房化により三灯式から二灯に変わった車両が多かったですね。
 

HPを更新しました

 投稿者:新さん  投稿日:2019年 7月14日(日)11時25分30秒
返信・引用
  こんにちは 関東は梅雨寒の鬱陶しい日々で滅入っています。どこにも行かず籠城の日々なので
頑張ってHPの更新進めてみました。 前回に引き続き"最新スキャン"コーナーの蒸機の二回目
です。お時間あるときに覗いてみてください。

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) 遅くなりましたが、新作を拝見しました。
'69年と言えば小生が撮影を始めた頃で、撮影枚数も少ないしロクな記録を残していないのが残念です。
それよりも関西から北海道は遠い最果ての地で、それも中学生や高校生の身分ではなかなか行ける訳が
無く、SLはせいぜい九州の撮影行が限界でした。大学生になって行ける余裕が出来た頃にはもう室蘭線
ぐらいしか残っていないので、とうとう行けなかったのが残念でした。
 

先月6/20の南海高野線・紀見峠!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月14日(日)07時00分50秒
返信・引用
  先月6/20木曜日の南海・高野線訪問は、まず「千早口」周辺で撮った次は「紀見峠」で下車してみました。
以前にホーム端でカメラを構えた事のある駅ですが、今回は少し天見寄りまで歩いて撮れる場所を探しました。
どの方向を向いても緑溢れる光景で、通過する特急や快速急行も含めて本数もまあまあ多くて楽しめました。
6000系、2000系と31000系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/20のお昼ごはん-三日市町「きんぐ中華料理店」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月13日(土)20時08分49秒
返信・引用 編集済
  先月6/20木曜日のお昼ごはんは、南海・高野線を巡った後、三日市町でランチ出来る店を探しましたが、
駅ホームの裏に見えた「きんぐ中華料理店」ぐらいしか見当たりませんでした。
店の入口は狭くて本当に此処から入って良いのか迷うぐらいだし、店内も決して清潔とは言えませんが、
もう後戻り出来ないのでぐっと堪えて注文しました。
まずは、定番のビールと餃子を注文し、次に"本日のランチ"から「肉団子定食」を頼んだらおかみさんが
「えっ! ホントに全部食べれるかな?」と商売気の無い答えが・・・。
ご飯をホンの小盛りにしてもらいましたが、なるほどと思うぐらいボリュームたっぷりで大きな海老天が
3個も付いていました! ご飯も殆ど残さざるを得ず、満腹感で店を後にしました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

冷房改造(その2)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月13日(土)06時38分40秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「冷房改造」に対する2回目の投稿です。

今回も前回に引き続き地元の関西大手私鉄から「南海電鉄・7000系電車」を紹介します。
南海7000系は、前年に登場した高野線用6000系に続き南海線用に'63年に登場した20m4扉の高性能車でした。
6000系がオールアルミ車体だったのに対し、7000系では初期費用の削減と車両メーカ選択の自由度を考慮
して普通鋼製車体とし、車体と台車を除いては6000系と同一仕様、同一性能でした。'68年まで製作され、
翌'69年からは両開扉となった7100系が増備されています。
製造年度が早かったため冷房化は考慮されておらず、また'73年実施の1500V昇圧準備対応等に追われ、
漸く冷房化が実現したのは'83~'89年でした。これは、海沿いを走るため車体腐食も健在化して来て
車体更新を実施したのと同時でした。
分散型空調装置が1両に8台も並ぶ様は壮観で、特急から普通まで幅広く活躍しましたが、老朽化のため
'07~'15年に掛けて全車廃車となり、オールステンレス車の6000系が現在も全車在籍しているのとは
対照的です。
7000系が健在だった頃の姿を、以下3枚貼っておきます。
・7006 他4連:'72/2/15 新今宮
・7038 他4連:'83/8/14 住吉大社
・7017 他6連:'10/7/10 箱作~鳥取ノ荘

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

冷房改造!(その3)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 7月12日(金)12時45分32秒
返信・引用
  床置き型冷房の話題が出ていましたので手持ち画像を捜したら、ありました。
三岐鉄道北勢線の270系です。
冷改に際してはMcを2個モータ化し、同型のTcを捻出したモータで電装
(正確に言えば台車ごと両車で交換)の上床置きユニットを2個設置、在来の
小型TやTcも床置き(こちらは1台だったような・・)で冷房化。
15m級の270型でも重量増や屋根改造は厳しく、電装分散したようです。
でも、Mc7両に対してTcは2両しかないので、170型以外の在来車改造
Tcは小型すぎて電装できず、編成によってMcのみ非冷房!もあります。

・McTTTcでMcのみ非冷房編成  阿下喜 2013-5-5
・T車の冷房ユニット         阿下喜 2013-5-5
・TとTc連結面           阿下喜 2013-5-5
 
    (RRE) 何と、モータを取っ払ってまでして空調を追加するとは!
涙ぐましいと言うか、切羽詰まった重量軽減策だったのですね。
 

冷房改造! Ⅳ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月12日(金)08時02分4秒
返信・引用
  冷房改造!4回目は南海電車の古豪6000系です。ステンレス電車の元祖的な車両です。20m片開4扉車でこの辺りは旧型国電並みですね。S30年代後半の生まれで今も現役で全車活躍とはすごい記録だと思います。2-3年以内に全車置き換えられるという発表がすでにありました。ここまで古くなると第二の車生は期待できませんが水間あたりで1本ぐらい動態保存して欲しいです。
写真は1973.9岸ノ里の6009と2019.2.24千早口の同番車です。岸ノ里はまだ汐見橋からの旧高野線の線路が手前に見えますね。
 
    (RRE) 今朝も精がでますね!
岸ノ里のこのシーンは懐かしいです。朝夕には回送も兼ねた汐見橋への直通があった模様ですが、
この直進する線路上を乗る機会はありませんでした。
 

"新"レイアウト-建設再開・治水工事開始!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月12日(金)06時37分46秒
返信・引用 編集済
  3月から新たに建設着手した"新"9mmレイアウトに関し、酷暑とか台風とかでなかなか作業し辛い状況
が続いて2ヵ月も報告が空いてしまいましたが、前回の三線式終端駅に引き続き、今回は三線式
中間駅(愛桜駅)の構内を整備しました。

ホーム配置は前々回通りで、駅舎側の片面ホームと真ん中の島式ホームとはホーム端のスロープから構内踏切で
渡る様にして、島式ホームと反対側の片面ホームとの間には跨線橋を設置してみました。KATOの "イージ-
キットシリーズ" から「跨線橋」を使用し、接着剤無しで組み立てられますが少々コツがいりました。
特に塗装は必要なく、この色のままでも結構実感的なので気に入りました。土台には紙粘土を
四角く固めてグレーに塗ったものを作り、ホームとの高さ調整を行ないました。

島式ホームの端にはスペースが空いてしまいバランスが悪かったので、此処に小さな建屋を設けました。
GREEN MAXの "ストラクチャーキットシリーズ" から「信号所」を選んでみました。塗装済キットですが適当に塗り
直したら、それなりにメリハリが付いて良かったです。

そして、前回と同様にペイントマーカーを使ってレールの側面に錆を表現してから、楽しい楽しいバラスト撒き
の実施です。今回は、TOMIXの "シーナリーバラスト" から「ライトグレー」と「ブラウン」を混ぜ合わせたので、
各々を単独で撒くよりも一層ローカルチックな雰囲気が出せたと思います。

最後に周辺に土を撒き、草を生やし、花を植えて完成させました。駅を出た所からは未舗装の
一本道が続き、この両側にも思いっ切りを花を植えて"花の道"風にしてみました。
未だ未だ発泡スチロールの白い地肌が残った箇所が大半ですが、今後もこんなペースでボチボチ開発して
行きたいと思います。

詳細は、弊サイトの「9mmレイアウト製作記」に追記アップしたので、参照願います。
  http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/layout/190711/layoutN071.htm

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

冷房改造! 

 投稿者:新さん  投稿日:2019年 7月11日(木)20時59分15秒
返信・引用 編集済
  のほほん文系の私には機械・装置・電気などの事はよくわかりませんが、この投稿に際し何か
面白い冷房のことないかと調べてみたらこんなものがありました!!
添付画像をみても屋上に冷房装置が見当たりませんが冷房改造車のようです。
JR九州では民営化の直後に冷房改造の経費節減できる床置きの冷房装置を採用したようです。
車端部の座席部分に冷房装置を設置したようで、見にくいですが連結部分に鎧戸のように見える
窓のところに装置があると思います。  1989.3.10  原田‐基山 クハ421-62

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) これは知りませんでした。
第三セクター向けとか小型の気動車には、床上設置型の空調装置が結構あった様に思います。
 

冷房改造!Ⅲ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月11日(木)07時52分31秒
返信・引用
  今日も元気に?お勤めです。冷房改造の3回目はEF66です。機関車には冷房なんて考えられないことでしたがEF66はオデコに室外機を積んで冷房化されたようです。写真写りは悪くなりましたね。1977.6瀬野で写っていた非冷房のEF66901と2009.10.21東淀川で撮ったEF6638デコ冷です。  
    (RRE) 早い出勤タイムですね。
たった一人の運転士さんのためにエアコンとは勿体ないとは思いましたが、これも職場改善とか
時代の流れだったのでしょうね。
電車でも運転室まで空調ダクトが引き通されていない車両があり、「運転台空調装置」という
製品も結構ありました。
 

昨日の"撮れ撮れ"画像-姫新線・播磨徳久~三日月!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月11日(木)06時15分49秒
返信・引用 編集済
  昨日7/10水曜日は兵庫県・佐用町方面へ家族ドライブ ♪
目指すは丁度今、見頃を迎えている佐用町・宝蔵寺の「ひまわり畑」です! 広大な畑に沿って
姫新線が走っており、播磨徳久~三日月間に相当します。2年前の今頃、姫新線を乗り鉄して
いる際に車窓から眺めて是非来てみたいと思っていた場所で、2年越しに念願が叶いました。

キハ122が単行で、上下合わせて1時間に1本ぐらいしかやって来ない長閑な場所ですが、昨日
は平日で訪問客もそれほど多くなかったため、畑の中をあちこち散策し、好みの場所と構図を
じっくりと決めてノンビリと待つ事が出来ました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/14のお昼ごはん-道の駅あわじ・海峡楼!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月10日(水)20時06分45秒
返信・引用
  先月6/14金曜日のお昼ごはんは、家族で淡路島・洲本温泉に一泊した翌日に土産物屋を覗きながら
ドライブし、帰路の最後に"道の駅あわじ"の海鮮レストラン「海峡楼」に寄りました。
淡路の食材や新鮮な海鮮類のメニューに溢れ、どれを注文するか迷ってしまいましたが、まずは
「鱧の湯引き」を頂き、次に「淡路鯛めし」を賞味しました。
雄大な明石海峡大橋を望むテラス席で、鯛めしに生卵を落として頬張るのは最高の贅沢でした ♪

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

冷房改造!(その2)

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 7月10日(水)14時02分56秒
返信・引用
  冷房改造と言っても外見上は変わったところはありませんね。
ということでほとんど変化なくぱっと見わからない事例を・・

JR西に継承されたキハ40系です。屋根に薄い冷房ユニットを置き、
通風器を撤去しただけですが、車内のユニット配置や冷風ダクトの設置
など相当苦心したように見えます。今注目を浴びている和歌山線や桜井線
の105系にも外観がほとんど変わらない同様の車があります。
大糸線などに残ったキハ52も末期は冷房化されていたのが驚きです。

・JR西 キハ40(窓周り改造&冷改)  高岡       2018-5-17
・JR西 キハ47系2連 (同上)    高岡       2015-5-1
・元大糸線のキハ52の車内  糸魚川ジオプラザ(静態保存) 2017-3-10
 
    (RRE) これはホーム上から一目見ただけでは冷房車かどうか判らず、夏季にこの車両に果たして
乗って良いものか、迷いますね。
地下鉄等の第三軌条車両用に開発した超薄型の空調装置をアレンジしたのでしょうか?
 

冷房改造!

 投稿者:大ヨト  投稿日:2019年 7月10日(水)12時01分2秒
返信・引用 編集済
  関西では昭和50年代は私鉄各社はラッシュ時混雑率の緩和(輸送力増強)と
冷房化率向上(サービス改善)を競ってました。
冷房化は各社の優先度に明らかな温度差!があり、阪神がダントツ首位、スター
トは早かったのに昇圧がらみで停滞した京阪、旧型車淘汰が進まなかった阪急
や南海の苦戦、はるか周回遅れで最下位の近鉄、という感じですね。

で、近鉄860系を貼ろうとしたら、EF5861さんがマルーンの姿をアッ
プされましたので、伊賀鉄道開業日の非オリジナル塗装をお目にかけます。
狭軌化の足回りは南大阪線ラビット、屋根に突き出た冷房装置は特急エースの
流用ですが、割合好ましいスタイルです。支線区も含めた本格的な冷房時代の
到来を思わせます。

・くのいち塗装の860系         伊賀神戸    2007-10-1
・不動産会社のPR塗装の860系     上野市     2007-10-1
・820系塗装の8400系(これも冷房改造車です) 箸尾 2018-8-17
 
    (RRE) 860系のネタが被っても、しつこく貼るその愛社精神が凄い!
その昔は、各社の冷房化率が公表されていたのが懐かしいです。
「くのいち塗装」は近鉄としてはかなり早い時期のラッピング編成で、話題になりましたね。
 

冷房改造!Ⅱ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月10日(水)08時13分44秒
返信・引用
  冷房改造の2回目は近鉄820系です。奈良線の大型化まで本線運用もあったようですが小型車故に支線での活躍が長かったですね。非冷房時代はS49年頃の平郡駅で撮った721F。狭軌化されて伊賀線に転属した際形式も860系に変わりました。冷房化後の撮影は863Fで上野市かな?まだ伊賀線の時代ですがここでは撮影年月日は不明です。  
    (RRE) おっ、今朝も精が出ますね。
820系は小生も奈良線時代は覚えておらず、橿原線で活躍していた頃が懐かしいです。
伊賀線に転属してから冷房化されたのですね。
 

サイト マイナー修正-タイ国鉄・バンコク中央駅!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月10日(水)06時19分9秒
返信・引用 編集済
  弊サイトのアルバム「タイ国鉄・バンコク中央駅」に関し、画像を大幅に追加すると共に、写っていた
車番を頼りにネット情報から車両形式を調べて追記する等、マイナー修正しました。
  http://rre.ninja-mania.jp/ovsr/bangkok/bangkok1.htm

このバンコク中央駅(ホアランポーン駅)には、バンコク出張中の休日を利用して一度だけ訪問した
だけですが、各種大容量DELに様々な客車、更にはステンレス製のDC等魅力ある車両に溢れ、もっと
詳しく何度も訪れておくべきだったと悔みます。
当時は地下鉄やLRTも無く市内は交通渋滞の渦でしたが、現在は新規路線も相当開業し、これらの車両も
かなり入れ替わってしまったと思われます。二度と行く機会も無い今、在庫一掃の大放出としました。
追加画像の中から、ALS型DELにBTC型三等客車、GEA型DELとBFV型荷物車を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

一昨日のお出掛け-西脇市・Y字路!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 9日(火)19時40分4秒
返信・引用 編集済
  一昨日7/7日曜日は、兵庫県・西脇市方面へ家族ドライブ ♪
西脇市は個性的なデザイナー横尾忠則の出身地であり、市内各地や美術館には彼の作品が展示されており、
偶々手にしたガイドマップに彼の代表作とも言える絵画「Y字路」のマップが掲載されていました。
西脇市街には何故か雰囲気タップリの "Y字路" が多く、そのマップを頼りに何箇所か廻ってみました。
田舎町に似合わず清楚な街並みで、気に入りました。
その一部ですが、「椿坂(ホビイ模型店跡)Y字路」に「旧八〇亭Y字路」、「あたりや付近Y字路」を
貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

冷房改造! 

 投稿者:新さん  投稿日:2019年 7月 9日(火)15時07分35秒
返信・引用
  管理人さんも言われているように、カルダン駆動の新性能車と言われた車両がが出た頃は急行用
の車両も含めまだ非冷房でしたのでしばらくしてほとんどが冷房改造されましたね!!
このお題の写真は幾らでも出てきそうです!?  私の好みの153系を貼らせていただきます。
1968.10.6  クハ153-14   横浜-戸塚
1974.4.17  クハ153-30   横浜-戸塚

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) そうなんです。誠に有難味が無いお題ですね。
真っ先に貼った阪急1010/1100系は冷房化で特徴だった二重屋根が無くなって外観が
変わりましたが、その他の車種は単に屋根に空調装置が乗っただけで面白くありませんね。
 

冷房改造! 

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月 9日(火)08時25分54秒
返信・引用
  冷房改造の1回目はもと地元阪堺電車の501型です。1957年に製造された同車は誕生28年後の1985年に冷房改造が行われ今も還暦をすぎてまだまだ元気に働いています。
我々が学生のころやっと通勤電車も新車は冷房付き、車齢の新しい車両は冷房改造が始まったころでした。路面電車にも冷房車が走るという事は考えられませんでした。モ161は冷房改造が難しいようで原型のまま走っているのはうれしい限りです。1976年頃のモ502と2011年頃の同車です。
 
    (RRE) 早速の就業前投稿!
まあ、'70年代とか'80年代前半頃までに登場した高性能車なら、大概は冷房改造された
のですが、本当に当時は路面電車まで全車冷房化されるとは思いもよりませんでしたね。
最初の頃、タクシーでは冷房車は少し料金が高かったと記憶します。
 

冷房改造!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 9日(火)06時26分6秒
返信・引用
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「冷房改造」に対する初投稿です。

まずは地元の関西私鉄から「阪急電鉄・1100系電車」を紹介します。
準張殻構造の軽量車体を有した阪急1000代シリーズ゙は、ギヤ比を変えて高速対応の神戸線用1010系と
低速の宝塚線用1100系が製作されましたが、1010系の増備途中からMT比を下げてギヤ比を上げたため
1100系と同一性能となり、後には共通運用や併結運用で使用されていました。
'70年の冷房付き新車5200系登場以降は、次第に冷房化の要求も高まり2800系や5000系から着手し、
遂に'76年からは1010系/1100系の冷房化も始まり、1100系に関しては約半数の車両が車体改造と共に
冷房化が実現しました。
以前は屋根上にはベンチレータも無いスッキリした二重屋根構造だったのが、改造後はルーバーも
埋められ、窓枠もアルミ地肌のギラギラしたものとなり、様相が一変してしまいました。
冷改前後の姿も合わせて、以下1100系を3枚貼っておきます。
・1100系 1157他( 冷改前):'69/4/22 神戸線・夙川
・1100系 1108他( 冷改前):'74/4/3 宝塚線・十三
・1100系 1108他( 冷改後):'78/5/27 宝塚線・十三

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/13の夜ごはん-淡路島・洲本温泉「夢海游 磯辺亭」!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 8日(月)19時46分36秒
返信・引用 編集済
  先月6/13木曜日の夜ごはんは、淡路島を巡った後に家族で泊った洲本温泉「夢海游」のレストランの
「磯辺亭」で戴きました。
大阪湾を臨む最上階からの眺望は最高だし、個室なので落ち着いて味わう事が出来ました。
「鯛、鮑等のお造り五種取合せ」に「淡路牛と夏野菜の陶板焼き」、更には「淡路島の鱧すき鍋」など
地産の素材がふんだんで、ビールや地酒も進みました!
値段も安いし、部屋も広いし、館内は騒がしい海外からの団体客もおらず、良い事尽くめのホテルでした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先週金曜の阪急神戸線-「祇園祭」HM編成!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 8日(月)06時26分36秒
返信・引用 編集済
  先週7/5金曜日は、山陽電鉄3000系のツートンカラー復刻記念編成を撮りに行く道中、三宮まで
利用した阪急神戸線では結構「祇園祭」HM編成に出会う確率が高かったです。
昨年と同じHMデザインですが、毎年これを見掛けると夏になったものだと実感します。
三宮での1000系と、夙川での7000系、9000系を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の山電

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月 7日(日)21時32分33秒
返信・引用
  昨日は山陽電車3000系の復刻塗装を撮るべく朝から山陽入りしました。運よくすぐに月見山で阪急神戸三宮行き撮れました。その後車両の不具合で明石で運転打ち切りになったというアナウンスが林崎松江海岸駅に居る時ホームに流れその後山電は切り上げ珍しく神戸市地下鉄に向かいました。戻り道西舞子では初めて5000系リニューアルを撮りました。また昨日は10-13時の間山電を見ていましたが6000系は1本も見かけませんでした。こんな日もあるのですね。
 
    (RRE) 早速、行かれましたか! それにしても、駅の放送で流れるとは親切ですね。
この復刻塗装編成は、本日もちょっとした故障で途中で運行打切りになったらしく、散々ですね。
 

佳人薄命(その5)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 7日(日)06時23分26秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「佳人薄命」に対する、最後となる5回目の投稿です。

今回は第三セクター路線の中から、非電化に転換し僅か十数年で廃線を迎えた「くりはら田園鉄道」を
紹介します。
「栗原電鉄」は、東北線の石越を起点に栗駒山の麓にある細倉鉱山を結ぶ鉱山鉄道でしたが、細倉鉱山
の閉山に伴い経営が悪化し、'93年には第三セクター化されました。'95年には経費節減のためディーゼル
カーを導入して電化を廃止し、名称も「くりはら田園鉄道」と改めました。
その後も運営は厳しく、'07年には遂に命運尽きて廃線となりましたが、現在は旧若柳駅構内を整備して
「くりでんミュージアム」として動態保存運転など各種イベントが催されているのは喜ばしい事です。
'03年4月訪問時の様子を、以下3枚貼っておきます。若柳構内と石越付近です。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

昨日の"撮れ撮れ”画像-山陽電鉄・3030F 復刻塗装編成!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 6日(土)06時26分7秒
返信・引用 編集済
  昨日7/5金曜日は、待望の山陽電鉄の3000系ツートンカラー編成が復刻記念貸切列車として走る日だった
ので、2ヵ月振りに山陽沿線に繰り出しました ♪
最後の検査を終えた3030Fがあの懐かしいクリームイエローとネイビーブルーの2色に塗り替えられて、
2年後の検査切れまで色々なイベントを交えて運行されると聞くので、涙がチョチョ切れる程嬉しいです!
東二見車庫から姫路までの下り回送は、意外と出庫が早くて出遅れてしまいましたが、本番の上りは
何度か撮影に行った定番の的形~八家のトンネルの東出口辺りで待ちました。沿線の名撮影地やホーム
端は何処もマニアでギッシリで、この場所も10名ぐらいが大人しく並んでの撮影でした。
その他、廃車が出始めた3050系に関し、「Last Run」HMを掲げた3052Fがこの日が最終運行日だったので、
この編成にも大塩や播磨町で出会えてまあまあ満喫出来た一日でした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

先月6/13木曜のお昼ごはん-淡路島・ハローキティスマイル!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 5日(金)19時43分18秒
返信・引用 編集済
  先月6/13木曜日は家族で淡路島へ温泉一泊旅行に行った日ですが、お昼ごはんは淡路ICから西海岸沿い
に少し行った辺りにある「ハローキティスマイル」でランチしました。
巨大なキティちゃんをイメージした建物で、キティグッズの売店やキティ関連のシアター&ギャラリー
がありますが、売店に置いてある子供騙しみたいなグッズにしては恐ろしく値段が張るし、その他の
場所は有料なので勿体無くて入りませんでした。
一階と二階には夫々海鮮ビュッフェスタイルレストランがありましたが、安いランチは売り切れだし、
二階のレストランは何と7000¥等の高級コースばかりで気安くランチ出来る場所ではありません。
仕方なく一階のレストランでそこそこのお値段だった「ワタリ蟹のパスタ」を戴きましたが、確かに
ワタリガニ丸々一匹にイカやアサリ等シーフードに溢れたパスタを真っ青な海辺を眺めながら賞味する
気分は最高でした。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

佳人薄命(その4)!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 5日(金)06時18分29秒
返信・引用 編集済
  FBへの投稿画像ですが、こちらにも貼っておきます。
今回のお題である「佳人薄命」に対する4回目の投稿です。

今回は地元関西私鉄の懐かしネタの中から「阪神電鉄・西大阪特急」を紹介します。
'65年に運行開始した西大阪特急は通称 "N特" と呼ばれ、西九条を起点に国鉄大阪環状線を介して
南大阪と神戸を直結する目的で設けられた優等列車でした。西大阪線と本線の接続駅である尼崎にも
停車するので、西宮以東は急行並み、西宮以西は三宮までノンストップという変則的な停車駅で、
西宮での特急との発着順序も上りと下りとで異なるという変則ダイヤでした。
西宮から三宮に向かう直行客には便利でしたがそれ以外は利用客も少なく、こじんまりした2~3連で
運用されていましたが、西大阪線の西九条以東の延長計画が頓挫した'74年には残念ながら運転廃止と
なりました。
それが何と35年後の'09年には「阪神なんば線」として延伸開業し、近鉄との相互乗り入れ列車である
"快速急行" として復活したのは誠に喜ばしい出来事でした。
7861系が2連で活躍していた頃の記録を、以下3枚貼っておきます。
・7861系2連:'71/2/16 西灘
・7861系2連:'74/10/4 西宮
・7861系2連:'74/10/4 武庫川

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

RREさんへの返事です。

 投稿者:ともや  投稿日:2019年 7月 4日(木)10時59分34秒
返信・引用
  > No.15371[元記事へ]

動画でお気を悪くさせてしまい申し訳ありません。
動画もつまらないと、ストレートに意見ありがとうございます。
動画は始めたばかりで、手探りで、、、という感じです。
ここの掲示板は今後見ないので安心して下さい。
本当に申し訳ありません。

https://www.youtube.com/watch?v=8tppU8qOSXY

 
    (RRE) 中国現地で奉天とか新京の名前をだせば、皆、知っていても「知らない」と返事します。
弊方はどうでも良く、現地で人の気分を害する事の無い様、今後充分に留意下さい。
 

弊サイト マイナー修正-東武・優等列車!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 4日(木)06時22分42秒
返信・引用 編集済
  弊サイトの「東武・優等列車」を、画像サイズを拡大すると共に画像追加してマイナー修正しました。
折角の画像をこのまま眠らせておいてもH/Dの肥やしになるだけなので、今後も何らかの機会ある
毎に積極的に追加修正を加えて行きたいと思います。
玉ノ井駅はその後、東向島駅と名称変更され、上京出張時の時間潰しを兼ねて一度だけ東武博物館を
観に行った記憶がありますが、何も撮影しておらず残念です。
1720系「きぬ」、1800系「りょうもう」と、6000系「快速」を貼っておきます。
    http://rre.at-ninja.jp/prvrm/tbr2/tbr21.htm

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

佳人薄命(その2)!

 投稿者:モボ101  投稿日:2019年 7月 3日(水)22時46分33秒
返信・引用 編集済
  昔は三大都市といわれた、東京、大阪、名古屋の路面電車から。

1950年代半ば、大手私鉄が電車の駆動方式にカルダンやWN継手の試用を始めたころ、路面電車にも高性能車が出現しました。間接自動制御で電気ブレーキ併用、直角カルダンやWN駆動に弾性車輪の採用等による静かな走行は、騒音をまき散らしながら速度の出ない吊りかけ式の在来車とは雲泥の差。でも、路面電車廃止の流れの中で佳人薄命に終わり、1980年代の軽快電車やVVVF車の登場を待つことになります。

米国PCCのライセンスを買って1954年に登場した都電の5501号。前後して国産の技術で製造した和製PCCカーの5500型6両とともに、東京のメインストリートを行く1系統で活躍したものの、銀座通りの都電が廃止された1967に稼働期間わずか13年で廃車。その後半世紀以上を経て、荒川車庫前の都電おもいで広場に安住の地を得て今に至ります。

和製PCCカーを51両も製造したのは大阪市電。市内の各地でみられた3001型の滑るような走行は、同型の車体でも木造車を鋼体化した2600型とは天地の差。和製PCCカーを製造した他都市の多くがその高性能を持て余し、早期に廃車や吊りかけモーター直接制御に換装したなかで、大阪の3001型は万博開催前年の市電全廃まで活躍したとはいえ、こちらも稼働期間はわずか13年。

3001型から遡ること3年の1953年、3000型の試作車が1両登場しています。後の量産型との見た目の違いは、方向幕と車内のボックスシートとロングシートを組み合わせたセミクロスシート。こちらも稼働期間は13年で、写真は廃車後に保管されている姿。左の1644号は現在も保存されているそうですが、30001型の保存車はラストナンバーの3050号で、3000号はその後解体されたそうです。

名古屋市電の和製PCCカーは1900型と2000型。両方合わせると、大阪市電と同じ51両。一部は全廃の直前まで残ったので、和製PCCカーとしては東京や大阪より寿命が長く、18年間稼働した車両もあったそうです。2000型の写真は日進のレトロ電車館の保存車だけなので、和製PCCカーと同世代の800型をご紹介します。

究極の軽量化と低コスト化を追求した車両で、車体の中央にトロリーバス用のモータを吊るし、ユニバーサルジョイントを介して前後の台車の車端側の車輪のウオームギヤに伝達するという模型と同じ駆動方式で、乗り越しカルダンというそうです。

写真の812号は、1958年製ラストナンバー。廃車は和製PCCカーより一足早く、稼働期間はわずか11年。この中では一番の薄命だったようです。

その一方では、製造後60年を超えた今でも広島で活躍中の京都市電をはじめ、同世代の旧性能吊りかけモータ車は長寿命ですね。

2017/6  荒川車庫
1968/7  春日出車庫
1967/8 高辻

https://tabinoshasoukara.yu-nagi.com/

 
    (RRE) 残念ながらどれも撮るのはおろか、見た事もありません。
路面電車に対してはもう一つ興味も薄く、私鉄電車を優先して撮影に廻っている間に廃止となってしまいました。
都電は荒川線しか知らないし、大阪市電は地元なのに趣味誌で廃線を知り地団駄を踏んだものです。
名古屋市電は、金山橋で名鉄を撮ったついでにホンの1、2枚撮っただけでした。
 

新作拝見しました

 投稿者:パイナップル  投稿日:2019年 7月 3日(水)22時38分31秒
返信・引用 編集済
  はまかぜは、国鉄色時代、山陰本線餘部鉄橋で撮影しただけで、その他は東海道本線を走るJR西日本色でした。ユーロライナー、懐かしいですね。関東地方にはあまり遠征しなかったため、こちらもあまり撮影できませんでした。それ以上に、EF200は縁がありませんでした。ユーロライナーはカートレインとしても活躍しましたね。名古屋-東小倉間の運転での運転であった思います。東小倉で撮影した写真を添付します。
別件になりますが、貴掲示板で紹介されていた桜井線の105系、スカイブルーは京浜東北線でなじみ深い色。貴作品に触発されて、先日、大阪出〇を利用して、和歌山線・桜井線の撮影に行きました。日曜日であったせいか、227系に3回でくわし、残念な結果ではありましたが、駅撮り中心に枚数を稼ぐことができました。添付画像は王寺駅での撮影です。103系1000番台車の改造105系。まさに103系です。

http://homepage3.image.coocan.jp/index.htm

 
    (RRE) ご訪問ありがとうございます。
ユーロナイナーは乗車した時以外には出会った記憶が余り無いのですが、カートレインでも運用
されたのですか! カートレインそのものも運行された期間は短く、設備も撤去されたのでしょうね。
浜松町の外れ辺りで停まっていたのを見た事がある様に思います。
和歌山線にも行かれましたか! とうとう227系の置き換えも本格的に始まったのですね。
 

中国の鉄道の写真

 投稿者:ともや  投稿日:2019年 7月 3日(水)21時49分25秒
返信・引用
  中国の電車などです。
中国の新幹線の動画もあるので、
よかったら、URLの訪問お願いします。

https://www.youtube.com/watch?v=8tppU8qOSXY

 
    (RRE) 拝見しました。内容もつまらないし、説明に感心しません。
悲惨な過去を引きずり、いたずらに問題を引き起こす様な「奉天」という地名を何故使うのでしょうか?
「瀋陽」という地名に修正すべきです。
 

先先々週火曜のお昼ごはん-苦楽園口・うお慶!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 3日(水)19時40分47秒
返信・引用 編集済
  先先々週6/11火曜日は、西宮北口で関学鉄研OB会による鉄路写真展を見学した後、夙川まで戻り、
家族と待合せてランチ出来る店を探しました。
以前に一度入って「刺身定食」が旨かった地元苦楽園口の魚介料理専門店「うお慶」を再訪です。
毎日舞鶴港まで仕入れに行っているというネタは間違いの無い店ですが、ランチメニューは僅かし
か無く「香住がに丼」は恐ろしく高いので、無難な所で1,000円の「十種盛り海鮮丼」を戴きました。
300円足せば、何とこの通り「さざえ」と「あら汁」が追加されます ♪
酢飯というのが良いし、豪快な刺身をタップリと味わえ抜群の新鮮さで文句の付けようが無い店です!

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

佳人薄命! Ⅳ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月 3日(水)08時35分16秒
返信・引用
  佳人薄命の4回目です。薄命を探してみると少しずつ思いだしてくるものがありますね。地元近く走っていた阪和線の113系新快速ですが調べてみますとS47-53年の僅か6年しか走っていなかったようですね。天王寺ー和歌山間45分の韋駄天走りは快感でした(乗り心地は今市でした)しかし
ネガを探すとほとんど撮っていませんでした。序に調べてみたら関西線の赤い快速もS48年からS64年に221系に置き換えられるまで16年間だけでした。221系が30年も走っていることに今更ながら驚いてしまいました。そろそろ新車をと言いたくなりますが車体もリフォームされてきれいでまだまだ活躍してくれそうですね。S53.9阪和線鶴ケ丘の新快速・S50.8天王寺の関西線快速です。
 
    (RRE) 阪和線の新快速は、東海道・山陽線の新快速を真似た斬新な塗装色と、羽根の様なHMが格好良かった
ですね。撮った事はあるのですが、和歌山方面まで行く機会は少なく、乗ったかどうか記憶に怪しいです。
関西線の大和路快速も、大阪から環状線を経由で直通する運行ルートが当時としては画期的でした。
 

昨日の"撮れ撮れ"画像-東海道線・さくら夙川~芦屋!

 投稿者:RRE  投稿日:2019年 7月 3日(水)06時16分42秒
返信・引用 編集済
  この所、連日の雨天のため撮りに出掛けられず身体も鈍って来たので、雨も上がったばかりの超曇天でしたが、
昨日7/2火曜日はお馴染みの東海道線・さくら夙川~芦屋の線路端まで久々に車を走らせました。
朝一番に所用などあってグズグズしている内にEF66 27は撮り逃がしてしまったので、もうEF210しか来ません
が、それでもまあ暇潰しにはなって気が晴れました。
超マンネリカットばかりですが、901号機、117号機と148号機を貼っておきます。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~rre/index.htm

 

佳人薄命 !

 投稿者:新さん  投稿日:2019年 7月 2日(火)15時47分3秒
返信・引用
  こんにちは  梅雨空の中暇つぶしに古い写真見ていたらテーマにピッタリの物見つけました!
331系です!!  2007年に量産車として新形式もらい新製、運用開始して7年後の2014年に廃車に
なるまで7年、途中改良やら試運転等で運用離脱、最後の3年ほどは全くの運用外、営業運転に
入ったのは実質4年もなかったようです!
2010.7.17 市川塩浜 クハ331-1

http://shonandensha.web.fc2.com/

 
    (RRE) これまたレアと言うか渋いと言うか、今回のお題そのものの車両ですが、小生は出会った事がありません。
「ACトレイン」という試験車で試みた様々な技術を適用した量産先行車だったのですが、連接構造か、それとも
ダイレクトモータなのか、PMSMか、何れが問題だったのかは把握していませんが、殆ど稼働しなかったですね。
 

佳人薄命! Ⅲ

 投稿者:EF5861  投稿日:2019年 7月 2日(火)08時37分17秒
返信・引用
  佳人薄命の3回目です。現車はまだ現役ですが、関西本線最後の急行『かすが』の運用に付いたのが僅か7年間だったキハ75です。1999-2006年まで名古屋ー奈良間を約2時間でのんびり走っていました。最後に夕方伊賀上野迄乗りに行きました。キハ58より乗り心地は改善されていますが3扉の急行運用はいかがなものかと思います。2006.2.25奈良駅と初めて撮ったかすがはかの有名な大築堤でした(1972.4)  
    (RRE) 関西線の非電化区間は馴染みが薄く、キハ75も乗ったかどうか記憶にありません。
急行「かずが」は遥か昔、学生時代に近鉄・内部線に北勢線、それに三岐鉄道を訪問した際に
奈良から乗った程度と思います。
 

レンタル掲示板
/227