teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:里見八犬伝  投稿日:2014年 2月11日(火)06時28分1秒
返信・引用
  私も中学の時、合唱部に所属していました。その頃の顧問だった先生が、男性合唱団にいました。私も40代半ばになっているので、その先生は、定年になっていました。懐かしく思います。その時に高校の時の先生もいて、私は、二十歳ぐらいの時、友達に誘われて、市民文化会館で聴きに行ったことがあります。是非、機会があれば、また、聴きに行きたいです。  
 

音楽電子書籍VierWeg<楽典>無料体験版

 投稿者:jmc音楽研究所事務局  投稿日:2013年 4月10日(水)17時37分57秒
返信・引用
   25年前、4年間かけて開発されたjmc音楽教室の楽典のカリキュラム。今回はパソコンで学習できる電子書籍のシステムによる新たな改訂です。改編にあたり、説明を簡潔に理解しやすく、さらに演習課題に取り組むことで各章の理解が十分になされるように工夫されています。

 カリキュラムは、<入門><初級1><初級2><中級1><中級2><上級1>(未刊)<上級2>(未刊)の7巻。対象は小学校4年生以上の専門的に音楽を学ぼうとする生徒を始め、保育士・幼稚園教師・小中学校課程の音楽教師を志す人達にも十二分にお役に立てるものと思います。さらには、アマチュア音楽家の方で「音楽の仕組み」を根本から学習してみたい方々にも最適です。

 本編は、演奏者として「楽譜を読み深く理解する力を身に付ける」ことを第一の目標といたしました。ただただ多くの項目を網羅し、各章にその全てを押し込むような方式はとらず、音楽の根本的な原理を学び、幹を確認することから始めて、次のステップで枝分かれ細分化されるプロセスの中に楽典を組み込んで行く・・・このような趣旨で展開されます。

 恩師セルジュ・チェリビダッケから学んだこと、その後の研究であきらかになった事などを含み、「音楽の仕組みを学べる楽典」をコンセプトに編纂いたしました。
 本編が音楽学習者の読譜能力の向上に寄与し、音楽を理解することへの助けとなれば、これ以上の幸せはありません。
2007年10月1日  (楽典「入門」初版の<はしがき>より)
 株)ジェイエムシー音楽研究所 所長 大畑惠三

ご希望の方は、下記の各項目を記入なさってメールにてお申し込みください。

<件名>【楽典/無料体験版】希望
<アドレス>jmc_music2001jp@ybb.ne.jp
[記入項目]1)氏名 2)ふりがな 3)性別 4)年代 5)メールアドレス 6)住所 7)パソコンの機種(Windows又はMac.)

http://www.jmc-music.info/

 

ザルツブルク・メサイア世界合唱祭2013

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2012年12月19日(水)14時44分18秒
返信・引用
  突然の書き込みにて失礼いたします。


■2013年4月開催「ザルツブルク・メサイア世界合唱祭」参加者募集のご案内


私どもでは10年ほど前からドイツ・ハレで開催のヘンデル・メサイア世界合唱祭へ毎年日本からシンガーを送り続けておりますが、この度オーストリアのザルツブルクで同様に世界各国から400名のシンガーを招いて開催される「ザルツブルク・メサイア世界合唱祭」の主催者からも協力依頼を受けました。そこで参加者を募集いたします、美しい古都ザルツブルクで世界のメサイアファンと一緒に歌い素晴らしい時を共有してみませんか。

こちらのメサイア演奏会は
●2013年4月13日(土)
●指揮 Jan S. Bechtold
●管弦楽 Salzburg Festival Orchestra
●合唱 世界各地から参加の400名のシンガーにより実施されます。

参加される方々のために2013年4月10日(水)-17日(水)8日間のツアーを用意してあります。ザルツブルク4泊ウィーン2泊で旅費は25万円です。詳しくは電話にてお問合せあるいは資料をご請求下さい。


●ジョイントコンサート国際委員会事務局
垣沼佳則 稲井久美子
メールjointcon@vesta.ocn.ne.jp
Tel.03-5425-2326 Fax.03-3459-5805
 

コンサート2012

 投稿者:事務局  投稿日:2012年10月22日(月)12時17分51秒
返信・引用
  とりあえず、怪我なく終了
かすり傷は、勲章サ!

お疲れさまでした・・・・
 

ヘンデル・メサイア&モツレク海外演奏会のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2012年 9月12日(水)14時05分41秒
返信・引用
  突然の書き込みにて失礼いたします。


私どもジョイントコンサート国際委員会ではドイツとクロアチアで開催の次の2つの演奏会について主催者に協力し、日本から参加いただく合唱シンガーを募集いたします。

■ヘンデル・メサイア世界合唱祭 - ハレ(ドイツ)
2013年2月23日(土)ヘンデルの故郷ハレのヘンデルホールに世界各国から450名のシンガーを集めメサイア演奏会を開催。終了後、各国の参加者と交流会。

■モーツァルト・レクイエム - ザグレブ(クロアチア)
2013年3月5日(火)首都ザグレブの同国最大のリシンスキーホールにてクロアチア共和国大統領府後援のもと日本・クロアチア国交樹立20周年記念・東日本大震災追悼の演奏会を開催。両国のオーケストラ&合唱メンバーによるジョイントコンサート。

詳しくは資料をご請求ください。
あるいは私どものウエブサイトにてご覧ください。
(「ジョイントコンサート」で検索いただきますと、トップに出てまいります)
ご参加をお待ち申し上げます。


《問い合わせ・資料請求先》
ジョイントコンサート国際委員会
事務局 垣沼佳則 稲井久美子
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
Tel. 03-5425-2326

 

ホームページの開設のご連絡

 投稿者:混声合唱団コール・フロイデ  投稿日:2012年 9月 6日(木)18時36分12秒
返信・引用
  初めてメールをさせて頂きます。
混声合唱団コール・フロイデでBASSを歌っております緒方と申します。
この度、混声合唱団コール・フロイデのホームページを開設しましたので、ご連絡いたします。
   http://chor-freude-kushiro.jimdo.com/



貴合唱団でリンクのコーナーを作成される場合は、リンクをお願いいたします。



緒方博則

http://chor-freude-kushiro.jimdo.com/

 

“モツレクin ライプチヒ2012”合唱団員募集のご案内

 投稿者:ジョイントコンサート国際委員会  投稿日:2012年 6月 4日(月)12時08分56秒
返信・引用
  突然の書き込みにて失礼いたします。

さて、ライプチヒのニコライ教会Bachchorが、毎年11月に同教会で各国から参加のシンガーと一緒に開催するレクイエム・シリーズでは、これまでロ短調ミサ、ドイツレクイエム、ベルディのレクイエムを取り上げてまいりました。

本年はモーツァルトレクイエムで、すでに日本からは30名の方々に参加を申し込んでいただいております。
現在、日本人参加枠にまだ若干の空きがございますので最終のご案内を申し上げます。
由緒あるニコライ教会でドイツや世界のシンガーと共にモーツアルトのレクイエムをお歌いになりませんか。

東京と名古屋で青木洋也氏のレッスンも予定しています。詳細は参加要項をご請求下さい。

《計画概要》

渡航期間 2012年11月21日~26日または29日
コンサート 11月24日(土)
演目 モーツアルト/レクイエム(ベーレンライター版ラテン語)
バッハのカンタータ80番(ベーレンライター版ドイツ語)

〈行事HP・英語〉
http://www.bachchoir.de/

●問い合わせ・資料請求先:
ジョイントコンサート国際委員会 事務局 垣沼佳則
Eメール jointcon@vesta.ocn.ne.jp
 

演奏会のご案内

 投稿者:北海道農民管弦楽団メール  投稿日:2011年11月 7日(月)21時08分56秒
返信・引用
  書込み失礼致します。
当団では、2月に初の海外公演をデンマーク国内(シルケボー市、カロー農学校)にて無事終了し、今年度は道東・中標津での演奏会開催となりました。
地元中学生や合唱団との共演、メインにはブラームスの田園交響曲と言われる第2番に挑戦いたします。時節柄お忙しいと存じますが、ご来場または知人の方へ宣伝いただければと思います。又、興味のある団員の方がおりましたらご連絡いただければ幸いです。

◆北海道農民管弦楽団 第18回定期演奏会(中標津公演)

日時:2012年1月29日(日)開場13:00 開演13:30
会場:中標津町総合文化会館「しるべっと」大ホール
主催:北海道農民管弦楽団コンサート実行委員会
共催:中標津町教育委員会
後援:JA中標津、JA道東あさひ、JA計根別、JA中春別、JA標津、根室地区農業共済組合、北海道新聞中標津支局、釧路新聞、日本農業新聞北海道支所、月刊新根室、酪農学園大学、北の三大学地域拠点型エクステンションセンター
◆入場料 一般1000円 高校生以下500円
◆チケット取扱所 しるべっと、よしや楽器
◆問合せ先 しるべっと 0153-73-1131、土井上輝夫 0153-72-7872
◆指揮:牧野時夫
◆独奏(ピアノ):土井上智彦(中標津町立中標津中学校1年)
◆演奏:北海道農民管弦楽団、中標津農民合唱団
◆演奏曲目
シベリウス:交響詩「フィンランディア」(合唱付き)
賀川純基(牧野時夫・編)/酪農讃歌
佐藤眞:カンタータ「土の歌」より"大地讚頌"
グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調
ブラームス:交響曲第2番 二長調

http://www.phoenix-c.or.jp/~m-ecofar/

 

聖シュテファン大聖堂の合唱セミナー、ウィーン少年合唱団との競演をしてみませんか?

 投稿者:Kunst und Kultur ohne Grメール  投稿日:2011年10月14日(金)07時07分18秒
返信・引用
  聖シュテファン大聖堂の合唱セミナー、ウィーン少年合唱団との競演をしてみませんか?

突然の書き込み、お許しください。

お世話になっております。 ウィーン聖シュテファン大聖堂専属音楽事務所の清水と申します。
この度、日本の皆様のために史上最高の合唱セミナーと聖シュテファン大聖堂歴史初の演奏会を
企画させて頂きましたので、ご紹介させていただきます。

2012年10月2日~10月7日、ウィーン少年合唱団の芸術監督ゲラルド ヴィルス先生による合唱セミナーを
ウィーン少年合唱団の寄宿舎、アウガルテン宮殿にて10月4日一日合唱セミナーを受講していただき、
彼らの練習を見学し、一緒にプローべをしてウィーン少年合唱団と宮殿内で競演をして頂きます。
ゲラルド ヴィルス先生がどのように子供たちへ合唱指導されているのか、知る絶好のチャンスです。
次に、ゲラルドヴィルス先生による合唱セミナーをさらに一日、
聖シュテファン大聖堂に隣接するクアハウスにて受講していただきます。

2012年10月6日(土)20:30より、聖シュテファン大聖堂中央祭壇にてモーツァルトのレクイエムを
ゲラルド ヴィルス先生指揮による豪華キャストで慈善演奏をしていただきます。
合唱のスケットはもちろんエネルギッシュなウィーン少年合唱団OBコールスヴィエネンシスです。

モーツァルトは聖シュテファン大聖堂内でコンスタンツェと結婚式を挙げ、彼のお葬式も行われた場所であります。

1995年に聖シュテファン大聖堂にてウィーン少年合唱団単独演奏会がたった1度だけ過去に行われましたが、
今回は聖シュテファン大聖堂史上初、ウィーン少年合唱団数名が日本の皆様と特別に聖シュテファン大聖堂で共演してくださることになりました。
さらにサプライズとしてゲラルド ヴィルス先生が、日本の皆様のために今回特別に作曲をしてくださる一曲と
アヴェベルムコルプス合計2曲を、レクイエムの演奏前に一緒に演奏していただきます。
ゲラルド ヴィルス先生は、日頃限られた時間内で確実に結果を出してきた、究極のスペシャリストです。
短時間で皆様の声が明らかに変化をしますし、何よりも音楽に対す情熱がさらに増すことと思います。

オーストリアでは、子供を夜に労働させてはいけないという法律がございますが、今回条件付で特別に許可が下りました。
彼らは、次の日に早朝ミサで歌わなければなりませんので、2曲を歌い終わり次第、ご両親様と速やかに寄宿学校へ戻ります。
終演後の打ち上げパーティーには出席できないことを、予めご理解ください。

コンサート終演後、打ち上げパーティーをドームに隣接するクアハウスで行います。
ゲラルド ヴィルス先生と聖シュテファン大聖堂側からセミナー受講終了証書を参加者全員へお渡しさせていただきます。
寄付金とチケットの収益金の総額もこの時に発表させていただきます。
この企画の収益金のすべてを聖シュテファン大聖堂改装工事費用へ寄付させていただきます。
サプライズとして、参加者の皆様へコンサートのオリジナルポスターをプレゼントいたします。

聖シュテファン大聖堂で演奏をしていただくためには、従来ですと各団体でエントリーをして頂かなければなりませんでしたが、
日ごろ多くの方達からリクエストを承り、今回は個人参加できるようにいたしました。

私の専門は声楽でテノールです。ウィーン在住17年目で聖シュテファン大聖堂のコンサートを企画している経験を生かし、
全旅程はゆったりと自由時間を設定し、本番前のご予定を、歌手の方達が本番に集中できるように設定させていただいております。
歌手のための体調管理、水分の補給、食事の配慮、一生の想い出作りを懇切丁寧に
精一杯スペシャリストのチーム一丸となって皆様をサポートさせていただきます。

この史上最高の合唱セミナーと聖シュテファン大聖堂史上初の演奏会にご参加できる幸運な方は、
先着80名様までといたしますので、このチャンスを是非ともお見逃しなく!

楽譜はベーレンライター社のジュースマイヤー版を使用いたします。

日本でのお問い合わせ

一般社団法人 国際親善音楽交流協会

担当 丸尾 直史

東京都渋谷区渋谷2-8-7 青山宮野ビル2F
tel 03-3406-3355
E-mail:info@igmea.com


管理人様、不適切な書き込みでしたらお手数ですが削除してください。
貴重なスペースありがとうございました。

聖シュテファン大聖堂、ウィーン少年合唱団芸術監督ゲラルドヴィルス先生一同、
皆様とウィーンでお会いできます事楽しみにしております。

皆様の益々のご活躍とご多幸をウィーンよりお祈り申し上げます。

Das Herz adelt den Menschen.
1781,Wien W.A.Mozart

聖シュテファン大聖堂専属音楽事務所
Kunst und Kultur ohne Grenze
顧問 清水一弘

http://www.kunstkultur.com
E-mail:shimizu@kunstkultur.com










http://www.kunstkultur.com

 

見学希望

 投稿者:エイブラハム  投稿日:2011年 7月21日(木)14時50分30秒
返信・引用
  新津康さま

ご案内ありがとうございます。
平日は仕事で厳しいですが、
なんとか時間を作って来週or来来週あたりで
お邪魔しようかと思います。
 

レンタル掲示板
/2